masaのペーパークラフト製作記

趣味のペーパークラフト製作をアップしていきます。

ELEFANT(11)

今年は静岡のホビーショーが開催されてました。
仕事で、今回は見に行けませんでした。

3年前に見に行った時はまじかで皆さんの作品を見れて感動しました。
ブログの写真では分からない細かい所まで観察できました。

さて、制作の方はサスペンションです。形も大分見えてきました。IMG_E0816
これで、左右全部です。
意外に少ないなぁと思っています。

IMG_0818IMG_0820
これで、1ユニットです。
IMG_0821
IMG_0822
組立てるとこうなります。
毎回の事ですが写真を撮り忘れてしまっていきなり完成しています。
IMG_0843
サスペンションの完成です。

次に転輪です。
戦車を作るときの修行の2つ目です。
丸く切り抜く作業が多いいです。
IMG_0847IMG_0875

上の2種類を貼り付けると
IMG_0876
もう一種類は
IMG_0874

IMG_0867
転輪の側面には内側と外側両方にスキンを貼り付けます。
IMG_0877
こんな感じで完成です。
IMG_0848
車軸の部品です。
これも組立てます。

そしてディテールアップのためにナットを切り抜きます。
IMG_0887
1mm位のナットがたくさん(数えていません)
IMG_0888
タッチアップをして
IMG_0898
IMG_0897
左がナットを貼り付ける前
右が貼り付けた後。

見た目が変わりますね。
半分自己満足ですね。

転輪とサスペンションを合体させます。
IMG_0947
IMG_0948
完成です。
後日、車体に接着したと思います。

次に、発電機上部のルーバーフィンを作ります。
IMG_0476
IMG_0477
四角い中に1枚づつフィンを接着していきます。
IMG_0478
全部着くとこのようになります。
そして、蓋上部は細い窓が開いています。
IMG_0791
細いので、ちぎれないように慎重に作業を進めていきます。

IMG_0792
IMG_0793
裏表共に切り抜き、タッチアップが完了です。
先ほどのフィンと合わせると
IMG_0952IMG_0954
裏から光が見えます。
車体に取り付けました。
IMG_0951
IMG_0950

次にスプロケットの横の謎の部品が出来ました。
用途は不明です。
IMG_0949

今回はここまでとなります。

次回は、足回りもできてきたので、車体に接着して履帯を付けてみようと思います。
型紙は残り少ないのですが、まだまだ完成までは時間がかかりそうです。
夏位を目途に頑張っていこうと思います。





ELEFANT(10)

暑かったり、急に寒くなったりと寒暖差についていけない管理人です。
コロナワクチンの3回目接種券が昨日届きました。

戦争の影響でロシアのペーパークラフトのショップも閉鎖です。
ポーランドは隣国なので影響でないか心配です。
早く戦争が終わるように祈っています。

ELEFANTの進行状況は、現在砲塔下部の制作中です。
IMG_0844
車体後方にスキンを貼りました。

中央部に砲身の土台となる部分を制作します。
IMG_0860IMG_0862
取っ手がありますが開きません。
左右にある四角い部分は砲弾の先端が収まるらしいです。

砲弾の先端部分の固定部品
IMG_0861
IMG_0863
接着します。

IMG_0864
全部接着しました。
砲弾も数が多そうです。

次に外周のフェンダーを制作します。
IMG_0868
デカいです。
カッティングマットいっぱいになっています。

裏にもスキンを貼り付けています。
IMG_0869

IMG_0870
左右揃いました。
並べるとデカい!

車体に接着します。
IMG_0871
IMG_0872
IMG_0873
フェンダーが付いたら迫力が増してきました。

次に足回りと転輪です。
車体はポルシェティーガーの流用だけあって全く同じですね。
サスペンションの制作です。
IMG_E0816
一通りの部品を揃えました。

今回はここまです。

次回は、サスペンションの続きと転輪です。
戦車の制作で履帯の次に転輪が大変ですね。





ELEFANT(9)

これから花粉症の季節がやってきました。毎日目が痒くなっています。

さてELEFANTの制作も内部が半分終わりました。
今回は操縦席上の天井とハッチです。
ペリスコープが付いているハッチですIMG_0493IMG_0492
IMG_0491
これは外側の部分(途中の写真を忘れました。)

次に反対側のハッチ
IMG_0494
IMG_0495

丁番を天井に付けます。
IMG_0823
IMG_0824IMG_0827
IMG_0828
ハッチを天井に付けた状態です。

そしてハッチ内側にはリンク機構のようなものを付けていきます。
IMG_E0833
IMG_0830
天井裏から見た状態です。

IMG_0834
車体に取り付けて開けた状態です。
開閉可能です。
少しは操縦席が見えています。

これが天井を取り付ける前
IMG_0835
ほとんど見えなくなってしまいました。

次に転輪などの足回りと思ったのですが
スキンを貼ったり後部を作ったりすると足回りを壊してしまいそうなので
外周のスキン内部の残りを作っていこうと思います。

まずは後部、そして側面、前面のスキンを貼りました。
IMG_0838
IMG_0837IMG_0840
スキンを貼ったら重厚感が増してきました。

今回はここまでです。

次は後方内部(砲塔の下部)を進めていきます







ELEFANT(8)

今回はスプロケットを制作します。
スプロケットの切り抜きです。
IMG_0782
前後とも同じ形です。
毎回の事ですがこの切り抜きは時間がかかります。

次にボルトを付けます。
IMG_0794IMG_0795
見栄えが変わりますね。
ボルトのタッチアップは少しだけ濃い目の茶色にしたことで立体感がでます

軸を付けます。
IMG_0796IMG_0797

前後でセンターのボルトの数が違うだけであとは一緒です。
IMG_0798IMG_E0788

内側のスプロケットの制作です。
IMG_0799
IMG_0801
瓶のふたの王冠のような形になりました。
これにスプロケット内側をつけると
IMG_0802
あとはボルトを付けて外側と合体すればIMG_0810
IMG_0811
履帯を付けて嚙み合いを確かめました。

スプロケット完成です。

車体天井の前に操縦席を完成させます。
IMG_0803
MG34機関銃を操縦席前方に取り付けます。

次に座席前方の制作です。
IMG_0483
何かの装置だと思うものが付きます。

IMG_0805
前方を取り付けて
IMG_0809
蓋をしたらほとんど見えなくなりました。

さらに、車体上部を仮置きすると
IMG_E0807
操縦席も発電機もほとんど見えません。
ちょっと残念です。
カットモデルのようにしないと見えませんね。

どんどん形になってくるので作るほうに集中して
写真を撮り忘れてしましそうです。

次回は操縦席ハッチと足回りの組立です。




ELEFANT(7)

2022年最初の更新です。今年もよろしくお願いします。
ラジエーター周りの制作です。
バルブ付きのパイプを付けました。
IMG_0442
次にファンを回す動力伝達部です。

IMG_E0453
IMG_0455
これを2個作ってつなげます。

ファンの方にもジョイントをつけて

IMG_E0454

左右のファンを接続します。

IMG_0464
IMG_0465
IMG_0463
前方にはベルト用のプーリーをつけて完成です。

車体に設置します。

IMG_0466
IMG_0469
ベルトを取り付けるのにかなり苦労しました。
ピンセットでの作業は狭い場所なので上手くできなく
下の方はベルトがたるんでいます。

これで、操縦席と発電機、ラジエーターは完成です。

次に、正面のMG34機関銃の制作です。
このモデルは機関銃が内部と外部で別々の作りになっている面白いモデルです。

まずは、正面部分です。
IMG_0482
右側にMG34機関銃が付きます。
IMG_0484
IMG_0490
ボルトとハンドル?を付けました。

次にMG34機関銃の制作です。
IMG_0486
これが部品です。
で、説明書では
IMG_0487
これを見ながら、作ると
IMG_0488
こんな感じで完成です。
半分しかありません。
残りは外側の装甲についています。

今回はここまでです。
もうすぐ、操縦席も見えなくなってしまいます。

次回は操縦席の天井なのど制作です。

黄色いスイフトに乗ってます。 趣味で主にミリタリーのペーパークラフトを製作中です。
プロフィール

masa