気功と整体で自律神経失調症を改善させる方法

大阪市城東区の整体・気功院院長が教える、薬に頼らないで自律神経失調症、パニック障害、うつ病の原因を解明し、改善させる方法です。

2018年の初日の出

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

2018hatuhinode


うちの近所で撮影した今年の初日の出です。
寒かったですが、気落ちの良い朝でしたよ。^^

今年もお世話になりました。^^

今年最後のブログです。
今年も1年ご愛読いただき誠にありがとうございました。

29朝日


来年もためになるネタを仕入れていますので、ご期待くださいね。^^

今試しているのが、電磁波障害防止についてです。

見えないだけに厄介ですが、その影響はどんどん増え続けているのが現状です。

良くないからと言って、電磁を出しているものを使わないわけにはいきません。

そこで、電磁波を軽くすると言われているものを購入し、実験してその効果のほどを試しているところです。

良い結果が出たらお知らせしますので、お楽しみに!

最後に年末年始のお休みですが、12月30日から1月3日までとさせていただきます。

1月4日から施術はじめとなりますが、もうすでにかなり予約枠が埋まっていますので、施術ご希望の方はお早めにご連絡くださいね。

では、よいお年を!^^

腹筋運動が腰痛の元かも?

腹筋運動が腰痛を引き起こす原因になっていることを知ってますか?
当院は自律神経専門院ですが、時々腰痛の方も来られます。

そこで、腰痛の切っ掛けを尋ねると、負荷をかけて腹筋をしてからという返事をする方が時々おられました。

実は私自身も以前ウェイトトレーニングにハマっている時に、腹筋運動で腰に違和感を感じた時があったので、その感覚がよく分かります。

最近、腹筋運動と腰痛に関係する興味深い記事を読みました。
そこには、これから腹筋運動がトレーニングとして禁止されるかもしれないことを示唆された内容が書いてあります。

以下抜粋して紹介します。

2017年12月14日付け
朝日新聞デジタルより

腹筋を鍛える運動としてよく知られる「上体起こし」。一般的に「腹筋運動」と呼ばれるこの動作を何度も繰り返すことが、腰痛の原因になるとして、やめさせる動きが、バスケットボール界などで広がってきている。

hukkinn


 日本バスケットボール協会では昨年から、指導者養成の場で上体起こしを「推奨できないトレーニング方法」として周知を進めている。全国を9地域に分けて選抜した小学生や指導者を集めた研修会や、年代別の日本代表の強化などで、専門のコーチが伝えている。

 協会が参考にしたのが、カナダ・ウォータールー大のスチュアート・マックギル名誉教授の研究だ。ひざを曲げた状態か、伸ばした状態かに関わらず、上体起こしで脊椎(せきつい)が圧迫される力は、米国立労働安全衛生研究所が定めた腰痛につながる基準値と同等だとする研究結果を発表した。何度も繰り返すことで、背骨の間の椎間板(ついかんばん)を痛めるという。

 一流選手に腰痛対策を指導してきた経験からも、「背骨の形状などによって個人差はあるが、力がかかった状態で腰を曲げ伸ばしするとヘルニアなどの障害が起きる。できるだけ背骨を摩耗しない方法で腹筋を鍛える方が腰痛のリスクは少ない」と話す。代わりに、腰は動かさずに腹筋を収縮させて胸部を曲げる「カールアップ」などを推奨している。

以上

昔は練習中に水を禁止されたり、うさぎ跳びをして膝を痛めたりしていました。
トレーニングの常識が時代によって変わってきますね。^^;



┏━━━┓ ☆536-0021 大阪市城東区諏訪4-15-16 マルシンビル104
┃\ /==== ☆ 06-6969-5620
┃ ▼ === ☆ E-Mail: m_ue24@kit.hi-ho.ne.jp
┗━━━=☆ホームページ http://www.kit.hi-ho.ne.jp/joto-chiro/
       ☆自律神経専門HP http://oska-joto-chiro.jp/
       ☆携帯用HP兼自律神経調整法を掲載したブログ http://joto-chiro.jp/
☆私の恐妻ブログ http://blog.livedoor.jp/m_ue24/
自律神経の乱れから腰痛、肩こりまで        
大阪城東メンタルヘルス気功整体院
院長  上西 誠 

自律神経の乱れの原因であるストレスについて、本当にご存知ですか?

自律神経の乱れの原因について動画で説明しています。
https://www.youtube.com/watch?v=4zeYNBF5yjU

PC


自律神経の乱れの原因は、ストレスだという事は多くの方がご存知ですが、そのストレスについて誤解されている方が沢山おられます。

ストレスとは、苦痛を感じさせることだと定義されています。
ですが、一般的に使われるのは、嫌な出来事=ストレスと理解されていることが多いように思います。

もちろん嫌なこともストレスですが、ストレスの中の一つに過ぎません。
ストレスは、精神的な事だけでなく、肉体的な痛みもストレスですし、電磁波障害により感じるストレス、食べ物からくるストレス、温度の変化に対応できずに感じるストレスなど多種多彩です。

以下の動画で、ストレスと自律神経の関係について解説していますので、自分の今の環境を思い出しながらご覧くださいね。^^
https://www.youtube.com/watch?v=4zeYNBF5yjU


┏━━━┓ ☆536-0021 大阪市城東区諏訪4-15-16 マルシンビル104
┃\ /==== ☆ 06-6969-5620
┃ ▼ === ☆ E-Mail: m_ue24@kit.hi-ho.ne.jp
┗━━━=☆ホームページ http://www.kit.hi-ho.ne.jp/joto-chiro/
       ☆自律神経専門HP http://oska-joto-chiro.jp/
       ☆携帯用HP兼自律神経調整法を掲載したブログ http://joto-chiro.jp/
☆私の恐妻ブログ http://blog.livedoor.jp/m_ue24/
自律神経の乱れから腰痛、肩こりまで        
大阪城東メンタルヘルス気功整体院
院長  上西 誠  


大きな音が苦手なら、大きな音を鳴らすことで克服できます。

うつや自律神経失調症の方の中に、
「大きな声や音が嫌い」という方がおります。

例えば、親や上司に怒鳴られたり、
事故などで大きな音が聞こえた時などです。

baiku


このような時に、
異常に怖く感じたり、体が固まってしまったり、
頭が真っ白になってしまう方がおります。

怒鳴られたりすれば
誰でもストレスに感じるものですが、
異常なほど敏感にストレスを感じてしまうと、
そのことで症状が悪化したり、
日常生活が送れなくなってしまいます。

結論からお話ししますと、
このような方はストレス耐性が低くなっていますので
ストレス耐性を高める必要があります。

ではどうやってストレス耐性を高めるかというと、
実は自分で大きな声や音を出すことなのです。

実は、大きな声や音が嫌いな方は、
自分で大きな声や音を出せない方が多いのです。
ですから、大きな声や音が嫌いな方は、
自分で大きな声や音を出すことにトライしてみてください。

初めから大きな声は出ないでしょうから、徐々にでも構いません。
楽器などで大きな音を出したり、
わざとお皿を割ったりするのもいいでしょう。
(けがをしないように、紙袋の中に入れて割るなど工夫してください)

ふいに大きな声や音を聞くのではなく、
自分から大きな声や音を出せば、
体に、大きな声や音に耐えられる力が付いてきます。

実は大きな声や音は交感神経の力であり、
交感神経の働きが低下している方は、
大きな声や音が苦手になります。

自分から大きな声や音を出すことは、
実は交感神経のトレーニングになるのですね。

大きな声を出しながら
大きな音を出すなどは
とても良い交感神経のトレーニングになります。
交感神経の働きが高まれば、
体に、大きな声や音に耐えられる力が付くので、
大きな声や音が
今よりもストレスに感じにくくなるでしょう。

是非お試しくださいね。^^

┏━━━┓ ☆536-0021 大阪市城東区諏訪4-15-16 マルシンビル104
┃\ /==== ☆ 06-6969-5620
┃ ▼ === ☆ E-Mail: m_ue24@kit.hi-ho.ne.jp
┗━━━=☆ホームページ http://www.kit.hi-ho.ne.jp/joto-chiro/
       ☆自律神経専門HP http://oska-joto-chiro.jp/
       ☆携帯用HP兼自律神経調整法を掲載したブログ http://joto-chiro.jp/
☆私の恐妻ブログ http://blog.livedoor.jp/m_ue24/
自律神経の乱れから腰痛、肩こりまで        
大阪城東メンタルヘルス気功整体院
院長  上西 誠 



喉の詰まりが激しくて食事がとられなかった患者さんの感想

患者さんから感想を頂きましたので、紹介させて頂きます。
30代男性 
症状…のどの詰りが激しくて、食事がとれない。
不安も大きく、常にイライラしている状態。

家族イメージ写真Fotolia_17713726_XS


感想文
ここの来させてもらうまでは物が飲み込みにくく、食事を取るのも憂鬱でしたが、先生に施術してもらってから、一切なくなりました!!
胸のつかえやとても心配性な所も改善され、食事をするのは勿論、人生が豊かになりました。
先生には感謝してます。 ありがとうございます!!


院長より
楽になって良かったですね。^^
初めてお越しになった時と比べて別人のようになりましたね。
良くなってきましたが、可愛いお子さんの為にも、もう少し安定させるようにしましょうね。

┏━━━┓ ☆536-0021 大阪市城東区諏訪4-15-16 マルシンビル104
┃\ /==== ☆ 06-6969-5620
┃ ▼ === ☆ E-Mail: m_ue24@kit.hi-ho.ne.jp
┗━━━=☆ホームページ http://www.kit.hi-ho.ne.jp/joto-chiro/
       ☆自律神経専門HP http://oska-joto-chiro.jp/
       ☆携帯用HP兼自律神経調整法を掲載したブログ http://joto-chiro.jp/
☆私の恐妻ブログ http://blog.livedoor.jp/m_ue24/
自律神経の乱れから腰痛、肩こりまで        
大阪城東メンタルヘルス気功整体院
院長  上西 誠 


もしあなたが人を信用できないなら、緊張神経が出過ぎているのかも_?

今日から12月に突入しましたね!
今年最後の月もよろしくお願いします。

ある調査によると、人の悩みの70%以上が人間関係が絡んでいるという調査結果が出たそうです。

私にも心当たりがありますが、皆さんも頷ける部分もあるのでは無いでしょうか?^^;

ところであなたは、人間関係を築くのに自律神経の働きが深く関係することをご存知ですか?

Fotolia_6257973_XS


例えばリラックスさせる神経である副交感神経の働きには「人を信用する」という働きがあります。

そのため、副交感神経の働きが弱いと無意識に人のことを信用できないのです。

逆に緊張させる神経である交感神経が強いと、なかなか他人に心を開けず、信頼関係が結びにくくなります。

もちろん社会で生きていくためには、最低限は人を信用していますが、知らず知らずに体の中に「人を信用しない」という筋肉の動きが身に付いています。

会社や学校、あるいは家庭といった場所で人との関係がどうもうまくいかない方は副交感神経の働きが弱いことが考えられます。

だからといって、これは全てにおいて悪いというわけではありません。
人を信用できないと思っている場合、自分自身の力をつけて生きていく方が多いです。

そのため、ある領域においては優秀な能力が身に付いていることが多いともいえます。

自分はどちらを望んでいるのか、見極めてみるのも良いでしょうね。^^

┏━━━┓ ☆536-0021 大阪市城東区諏訪4-15-16 マルシンビル104
┃\ /==== ☆ 06-6969-5620
┃ ▼ === ☆ E-Mail: m_ue24@kit.hi-ho.ne.jp
┗━━━=☆ホームページ http://www.kit.hi-ho.ne.jp/joto-chiro/
       ☆自律神経専門HP http://oska-joto-chiro.jp/
       ☆携帯用HP兼自律神経調整法を掲載したブログ http://joto-chiro.jp/
☆私の恐妻ブログ http://blog.livedoor.jp/m_ue24/
自律神経の乱れから腰痛、肩こりまで        
大阪城東メンタルヘルス気功整体院
院長  上西 誠 

脳の性質を使って子供を教育する方法です。

人は、一日に六万回思考すると言われていますが、体調が悪い時は特にネガティブな事を考え易くなります。

ネガティブな思考がクセになっているとついつい「しんどいなぁ」「大変だぁ」などの言葉が無意識の内に出てきてしまいます。

これが口グセになってくると、脳はしんどい理由、大変な理由を次々に考えてくれます。
『言葉が先で理屈は後』になってしまうのですね。

この「脳の性質」を知らないといつの間にか脳の「ネガティブチャンネル」ばかり合わせてしまうということになってしまいます。

また、こんな面白い「性質」もあります。
『脳は否定語をイメージできない』ということです。

dlpfcimg_570428_62670521_1


ちょっと試しにやってみましょう。
次のものを読んでも「その人の顔や姿を思い浮かべてはいけません。」

・サングラスのタモリさんの顔を思い浮かべないでください。

・明石家さんまも、ダメです。

・笑福亭鶴瓶は、もっとダメです。

いかがだったでしょう。

次から次へと浮かんできてしまうと思います。
それで正常。
問題無しなんです。

脳は否定語をイメージできないのです。
「〜してはいけない」といくら思っても、それを絶対にイメージしてしまう性質なのです。

小学校の廊下に、「廊下・階段を走らない!」と書いてある学校では、間違いなく走る子が多いそうです。

脳は否定語がイメージできないので、走るという結果に繋がってしまいます。
「廊下・階段は歩きましょう」なら、歩くイメージができるので、走る子は少なくなります。

子どもに注意するときには、「○○しちゃダメ!」よりも、「△△しようね」が良いということです。^^

┏━━━┓ ☆536-0021 大阪市城東区諏訪4-15-16 マルシンビル104
┃\ /==== ☆ 06-6969-5620
┃ ▼ === ☆ E-Mail: m_ue24@kit.hi-ho.ne.jp
┗━━━=☆ホームページ http://www.kit.hi-ho.ne.jp/joto-chiro/
       ☆自律神経専門HP http://oska-joto-chiro.jp/
       ☆携帯用HP兼自律神経調整法を掲載したブログ http://joto-chiro.jp/
☆私の恐妻ブログ http://blog.livedoor.jp/m_ue24/
自律神経の乱れから腰痛、肩こりまで        
大阪城東メンタルヘルス気功整体院
院長  上西 誠 


心のブレーキを外して健康になる方法

人は、どこかで色々なブレーキをかけています。
〜をしないようにしているというようなことです。

例えば、言いたい事を我慢して言わない。
食べたいと思っているのに、ダイエットの為に食べない。
やりたくないことを我慢してやる。
嫌いな人と、笑顔で話さなければならない。
怒りを押し殺して、黙々と仕事に取り組む。
足が痛いので、歩く時に必要のない力が体に入ってしまう。

11 nakanosima


ブレーキと言っても色々あります。
精神的なことでは、言わない・やらない・感情を出さない・我慢などなど。

肉体的なことは、痛みやストレスなどから筋肉に力が入るなど。
どちらでもブレーキをかけている時には、必ず体に反応が起こります。

例えば、精神的なストレスで、イライラや怒りがある時に、脳では交感神経が働

きます。

交感神経の時には、筋肉は緊張状態になります。
これが長く続くと、筋肉の緊張が中々緩みにくくなってしまいます。

体がリラックスしづらくなってしまう訳です。

このように、何かにブレーキをかけている事が多くなってしまうと、筋肉は緊張

が続き、自然にしていても力が抜けない状態になってしまいます。

この時には、筋肉へのアプローチは重要になります。

しかし、精神的なブレーキの逆。
アクセルを使ってみましょうということ。
アクセル→やりたい事をやる。
ということに置き換えてみます。

今、やりたい事は何ですか?
仮に、10個ぐらい思いついたとします。

その中で、5つぐらいに絞って、今すぐに出来る順番から行動に移してみましょ

う。

例えば、カラオケに行きたい・映画を観たい・旅行に行きたい・アイスクリーム

が食べたい・洋服を買いたい。と出たとしましょう。

一番早く出来ることから、やってみましょう。
アイスクリームを食べることが早く出来ることなら、今すぐにコンビニに買いに

行きましょう。

次が、洋服を買うことなら、仕事帰りなどその日に出来たら買いに行きましょう



他3つも、同じように早く出来ることからやってみましょう。
自分でやりたいことを実行してみましょう。

いつも、何かでブレーキをかけていて、やりたいこととは行動が伴わないことも

多くあるでしょう。

それを、半ば強引でもいいので、やってみるということも行ってみて下さい。
いつもと違う、筋肉の反応も起こるかもしれません。

思っていることと、行動が同じになるのは、とても重要なことです。

仕事やプライベート等、我慢が多いなど、仕方のない場面もあります。
時には、やりたいことをわざとやってみて下さい。

┏━━━┓ ☆536-0021 大阪市城東区諏訪4-15-16 マルシンビル104
┃\ /==== ☆ 06-6969-5620
┃ ▼ === ☆ E-Mail: m_ue24@kit.hi-ho.ne.jp
┗━━━=☆ホームページ http://www.kit.hi-ho.ne.jp/joto-chiro/
自律神経の乱れから腰痛、肩こりまで大阪城東メンタルヘルス気功整体院
院長  上西 誠  


電磁波障害についての質問を頂きました。

メールで質問を受けることがあります。
許可を頂いたうえで紹介させて頂きます。^^
今回は電磁波障害についてです。

PC


Q、27歳のOLです。私はスマートフォンやPCをよく使っており、食事中、仕事中、睡眠中を除いて、ほとんどスマホやPCを弄っていると言っても過言ではありません。お風呂に入っている時もスマホをジップロックに入れてネットサーフィンなどをしています。

しかし、この一ヶ月ほど、スマホ・PCの操作中に手の痺れが起きています。ボタンを押したり、画面に触れたりすると手にビリッと電気が走ったように痺れる感じです。大体、長時間スマホを操作していると痺れが起き、そのまま操作を続けると痺れが手から足へと伝わっていきます。

スマホ・PCからは常に電磁波が発せられているとのことで、ひょっとしたらそれが原因で体に不調が起きているのではないかと考えているところです。実際のところ、私のようにスマホの使い過ぎで手足の痺れを訴える方は多いのでしょうか?なにか、対処法などがあれば教えていただきたいです。



A.
文面から見ると、かなりスマホとPCをお使いのようですね。
お考えのように、スマホやPCから発せられる電磁波が体に影響を与えることもあります。

ですが、それよりもスマホの長時間使用が原因のように思います。
知らず知らずの内に姿勢と目の疲れがストレスとなり、神経を緊張させて手や足の痺れを生じさせているのではないかと考えられます。

しばらく、スマホやPCの使用を中断してみるか、使用時間を短縮してみてはいかがでしょうか?

┏━━━┓ ☆536-0021 大阪市城東区諏訪4-15-16 マルシンビル104
┃\ /==== ☆ 06-6969-5620
┃ ▼ === ☆ E-Mail: m_ue24@kit.hi-ho.ne.jp
┗━━━=☆ホームページ http://www.kit.hi-ho.ne.jp/joto-chiro/
       ☆自律神経専門HP http://oska-joto-chiro.jp/
       ☆携帯用HP兼自律神経調整法を掲載したブログ http://joto-chiro.jp/
☆私の恐妻ブログ http://blog.livedoor.jp/m_ue24/
自律神経の乱れから腰痛、肩こりまで        
大阪城東メンタルヘルス気功整体院
院長  上西 誠  
livedoor プロフィール
お薦めサイト

腰痛、肩コリから自律神経の乱れまで
大阪城東カイロプラクティック(整体・気功)

自律神経の乱れ改善法ブログ
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ