2010年03月

2010年03月31日

韓国艦船の沈没、なぜDSRV出動が遅れたか?


今回は韓国の方には失礼だが辛口なことを言わせていただく。大変失礼なことは十分承知である。なぜ下記のこの聯合ニュースに出てくるフネ、潜水艦救難艦「清海鎮(チョンヘジン)」を早くから出動させなかったのか小生は以前から思っていた。
その理由は、この聯合ニュースを読んでから記す。

**********************************************
【ソウル31日聯合ニュース】海軍哨戒艦「天安」沈没事故の行方不明者救助作業を進めている軍は31日、艦艇の後尾と艦首側に船内進入のための出入り口(ドア)を1つずつ確保しており、本格的な船内捜索作業をスタートする計画だと明らかにした。

 合同参謀本部情報作戦処長のイ・ギシク海軍准将は同日の会見でこのように述べた後、「艦艇の後尾ドアを開けたからといってそのまま入れるわけではなく、ゆっくり進みながら通路を開拓せざるを得ない」と話した。

 気象状況を考慮し、艦艇の後尾側では内部進入のためのガイドロープ連結および行方不明者捜索作業を進め、艦首側では追加の出入り口開拓と隔室内部への進入に努める。イ准将によると、救助活動地域の気象条件は非常に悪く、この日探索・救助作業が可能な時間は、潮の流れが止まる午後3時と同9時しかない。

 イ准将は、船体進入方式については、船体に穴を開けることは非常に危険なため、ドアを利用すると伝えた。



 一方、海軍は現在整備中の深海救難艇(DSRV)を搭載した救助艦「清海鎮」を、来月6日に事故現場に投入する計画だ。

*****************************

潜水艦救難艦は、DSRVを有し、沈没した、または故障した潜水艦から乗員をその救出口から救出するというフネである。

日本は2隻有している。韓国はこの1隻である。韓国の搭載するDSRVは最大457mまで潜水が可能である。当然、この荒れる海での行動能力もあるであろう。海上は荒れていても、海中はこのDSRVなら行動できる。少なくとも艦船事故にはもっとも向いているフネである。

今回の沈没事件では早くから捜索に出港すべきであった。しかし、記事などから見ると、揚陸艦、掃海艦は出ていたが、この潜水艦救難艦は見当たらなかった。記事でも6日に加わるという遅さである。

この潜水艦救難艦、2002年、2004年の西太平洋潜水艦救難訓練「パシフィック・リーチ」で2回とも潜水艦の救助訓練を失敗している。

02年にはDSRVを降ろすことができなかったし、04年には、降ろすことはできたが、日本の救助訓練対象の潜水艦「さちしお」を探すことができなかった。つまり、このDSRVはかなり使いづらい商品であった。02年には日本の潜水艦救難艦がDSRVを降ろし、韓国の潜水艦「チョムスン」とドッキングし乗員を救助する訓練を実施している。

そこでイギリスのDSRVを買う予定とかなり、この事件が発生した。買ったかどうかの確報はない。

多分、潜水艦救難艦の出動が遅れたのは、しっかりしたDSRV訓練がなされていなかったか、DSRVが使いづらいままであったかである。

いずれの理由にしろ、艦船沈没事故に一番適したこのフネの出動の遅さは大変残念と言える。



北朝鮮が初めて反応「なぜ我々につなげるのか?」


中央日報によると、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が今回の韓国艦船の沈没に関して初めて反応した。これで最悪の戦争は避けられたと言うべきである。

******************************

北朝鮮の対南経済協力公式窓口の民族経済協力連合会(民経連)が、海軍哨戒艦「天安(チョンアン)」の沈没と北朝鮮との関連性が取り上げられていることに関し、‘あきれる’という反応を見せたと、聯合ニュースが31日報じた。 これは、北朝鮮の公式機関が「天安」沈没事故後に初めて韓国メディアとの接触を通して立場を明らかにしたもので注目される。

  聯合ニュースによると、民経連丹東代表部の関係者はこの日、聯合ニュースの記者と会い、「西海岸の哨戒艦沈没事故については中国現地の人の話などを通して知っている。なぜ南側がこれをわれわれと関連づけるのか」とし、このような立場を伝えた。

  この関係者は「西海岸で発生したものなら中国もあり、日本もあるが、なぜわれわれと関連づけようとするのか」と述べ、沈没事故が北朝鮮と無関係であることを強調した。
******************************

民主党政権になって、1年半待とう、年度末にそう思う

昨年9月に民主党政権となった。明治維新で言えば、今は明治元年の6月頃である。明治天皇は未だ京都にいた。東京に来たのは10月である。

版籍奉還、廃藩置県はまだまだ先である。藩も武士もりつ然として存在していた。彰義隊が上野で戦争を始めた頃が今頃。函館の戦争は来年、会津藩攻撃もこれからである。明治と改元するのは、今年の9月である。今頃は慶応4年であった。

明治時代となって、天皇さまが政権をとられる、しかし、天皇さまっていったい何が今頃の世間相場である。

つまり新政府は海のものとも山もものともわからない現況であったのだ。

民主党のどたばたが騒がれているが、あと1年半は待ちたい。

民主党も国民新党も社民党も、政権をとろうでは一致していたが、いざ政権をとって、さて、その中味では、とても一致結束とはいかない。まして民主党自体、中味はばらばらである。中味のまとめはこれからである。

民主党が比較的まとまっているのは、弱者救済、福祉重視など市民目線の生活である。これだけで画期的ではないか!! 軍事、外交、長期的経済戦略、平和問題などは、個人の顔が違うごとく、まさに百花繚乱状態である。

平和もばらばら?と思う方もいるが、平和って大切だよねは誰もが思うことで、ではその平和はどのようにすれば構築できるかは、外交であれ軍事であれ知悉していなければできないことである。だから、こちらもばらばらである。

しかし、自然と収斂していくだろう。政権とはそういうものである。1年半は待てないというかたもいるだろうが、しかし、ホントの予算づくりは、来年度予算ではなく、さ来年度予算である。それが始まるのは2011年6月頃であり、固まるのは2011年9月頃である。あと1年半くらいである。今年はこども手当、高校無償化程度で納得してもらうしかない。

まあ民主党政権成立まで、これまでずいぶん時間がかかったのだから、あとしばらくは我慢しよう。年度末にそう思う。

2010年03月30日

中国 ソマリア沖アデン湾海賊対策艦 潜水艦に遭遇

新浪軍事によると、3月29日当地時間午前9時30分、第5次派遣艦の「巣湖」(艦番号568)は、国籍不明の浮上中潜水艦に遭遇、その写真も撮影した。

ただし、潜水艦は、公海上では浮上中であっても、国旗を掲揚する義務はない。ただし、津軽海峡のような狭い海域では、国際海域であるため掲揚の義務はないものの、浮上通航の場合は、通常、国旗を掲揚しているようである。

潜水艦、水上艦とも、領海に入った場合は国旗を掲揚すると、軍艦は治外法権であるので、通航できる。ただし、事前にその領海国家に通報しておいた方が良いとされているが、先に示したように国旗を掲揚されていれば、国際的にはそれで良しとされている。間違っていたらご指摘ください。

この場合は、浮上して国旗を掲揚しなくとも良いのであり、別に怪しいフネに遭遇したわけではない。

なお、ご存じのように、水上艦は航行中には常時、国旗、軍艦旗を掲揚することになっている。

第5次はDDG「広州」と補給艦「微山湖」と3隻で護衛任務がなされている。

朝鮮戦争時の機雷で沈没!?

毎日新聞の本日付け(毎日は聯合ニュースによるとしている)、聯合ニュースの昨日夜8時発によると、「北朝鮮の機雷が流れて来ることもありうる」と金泰栄(キム・テヨン)国防相は国会委員会(聯合ニュースは、国防委員会全体会議としている)で答弁した。

「北朝鮮は、朝鮮戦争当時、約3000発を黄海や日本海に設置した。多くを除去したが100%はできない」とし、それが流れてくることもありうると答弁したわけである。

北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)も韓国も、政府筋はこの降って湧いた沈没事故の収拾にやきもきしていることであろう。あらぬ噂が飛び交っている。南北の朝鮮半島は今、戦争への恐怖が襲っている。

いち早く、平和への志向をすることが、両政府の役目であろう。

聯合ニュースでは他にも沈没の原因をあげているが、艦船を引き上げて調べてもいつの機雷かわからないであろう。朝鮮戦争時であるなら、多少は北への批判は出ようが、いつかはおさまる。

そして、行方不明者の家族には大変お気の毒であるが、もし万が一、死亡されていたら、戦死扱いとなる。

北朝鮮もこれに関しては、沈黙である。外からの爆発か内部からの爆発かが焦点と小生は述べた。だが戦争への恐怖が半島を覆っているなら、平和への志向をして欲しいと祈るだけである。原因究明はその後で良い。幸い、北朝鮮もその点では同一のようである。