2012年01月

2012年01月31日

ロシア太平洋艦隊のフィリピン寄港は96年ぶり!!??

ロシア海軍太平洋艦隊の「アドミラル・パンテレーエフ」のマニラ寄港は、RUSNAVYによると、96年ぶりの寄港とのこと。ホントカイナと、頼りの「ロシア・ソ連海軍報道情報管理部第6課」を見ると、やはり同じことが記してある。

2010年、黒海艦隊の旗艦「モスクワ」はマニラを訪問している。しかし、「モスクワ」は黒海艦隊である。

となると、ホントに96年ぶり。計算では1916年(大正5年)である。

海賊対策に行く途中とか帰港への途次に、どこの国もあちこちに寄港している。とりあえず小生はまとめてはいるが、かなり適当にまとめているので、間違いあるかも知れないが記すと次のようになる。

第2次「アドミラル・ヴィノグラドフ」インドネシア、中国
第3次「アドミラル・パンテレーエフ」ベトナム
第4次「アドミラル・トリブツ」マレーシア
第6次「マーシャル・シャポシニコフ」
第8次「アドミラル・ヴィノグラドフ」ベトナム
第9次「アドミラル・パンテレーエフ」インドネシア、フィリピン

やはり行っていないか。間違いありましたら、ご指摘ください。

アメリカ艦船とロシア艦船がマニラに同時停泊!!

アメリカ海軍の空母「ジョンC・ステニス」艦隊の1隻、「ウエインE・メイヤー」は2012年1月29日マニラ港に寄港した。乗員の一部は、フィリピンが故郷であるところに帰るということであり、そこに住む家族に会いにいくとしているので、数日は停泊するのであろう。「ステニス」艦隊も寄港する予定であったが、台風の通過でダメとなったとしている。

艦長の父君は、アメリカへ出て、アメリカ海軍で活躍し、引退後にフィリピンに住んでいるとのことで、その父を訪ねるようである。

アメリカ海軍HPによる。

また、海賊対策で活躍したロシア海軍の「アドミラル・パンテレーエフ」は30日15時(現地時間)にマニラに寄港した。こちらは4日間寄港である。2月3日に出港する。



「モントローズ」は2012年2月12日マルタに寄港

こちらも寄港情報はブログ「Port Visits」による。

イギリス海軍FF「ウエストミンスター」は2012年1月30日、ジブラルタルに寄港した。同艦は、1月23日母港を出港した。7カ月の中東任務である。

ジブラルタルには、同じ中東任務のDDG「デアリング」が1月19日にイギリス海軍流に言えばデビューしたばかりである。

また、フランス海軍のDD「ジャン・ド・ヴィエンヌ」が2月4日、マルタ島のヴァレッタ港に寄港する。その任務内容は分からない。「ジャン・ド・ヴィエンヌ」は、ジョルジュ・レイグ級の4番艦であり、1984年5月就役である。

ヴァレッタ港には、2月12日、イギリス海軍のFF「モントローズ」が寄港する。こちらは中東任務からの帰還途中である。上記の「ウエストミンスター」と交替する。

NATO SNMG1艦隊の地中海巡航、これって観光旅行!!

NATOのSNMG1艦隊は1月に司令官がイタリアからオランダに交替した。

それに伴い、新編成のSNMG1艦隊の地中海巡航寄港地が決まったようである。ブログ「PortVisit」2012年1月30日による。

艦隊は、オランダのFFG「デ・ルイテル」とドイツのFF「ラインラント・プファルツ」の2隻編制で、寄港日時は決まっていない。

まず最初はイタリアのシシリー島のカタニア、続いてナポリ、さらにマルタのヴァレッタ、ポルトガルのリスボン、イギリスのグラスゴウ、スコットランドのレイス、オランダのデン・ヘルダー、トルコのアクサズの順に記されている。

記されてはいるが寄港順は明らかに異なっていると思われる。トルコは地中海巡航の途中に寄港するものと思われる。

いずれにしろ、欧州艦隊の寄港先は、結構地理には強い小生でも知らない観光地が多い。この巡航先で、
こんな素晴らしい観光地があるのだと知る。寄港先は、結構地理の勉強になる。





2012年01月30日

新鋭艦「あきづき」は、第1護衛隊群第5護衛隊に!?

いよいよ最新鋭護衛艦「あきづき」の就役が3月に迫ってきた。

汎用護衛艦の就役は、「すずなみ」の2006年2月以来であるから、6年ぶりである。

その間、DDG「あたご」(2007年)、DDG「あしがら」(2008年)、ヘリ空母「ひゅうが」(2009年)、ヘリ空母「いせ」(2011年)の就役であった。

現在、第1護衛隊群の第5護衛隊は、DDG「こんごう」、DD「あけぼの」、DD「さわぎり」の編制である。つまり1隻がアキである。いずれも佐世保所属。

であるから、「あきづき」は、この第5護衛隊に所属するものと思われるが、いかがであろうか。

かつては最新鋭艦はいつも横須賀に配置されていた。しかし、5鎮守府(管区)に比較的平等に配置されるようになってきた。