2017年01月

2017年01月31日

アメリカ海軍CG「ポート・ロイヤル」は南中国海に在り!!

アメリカ海軍のパールハーバー所属のCG73「ポート・ロイヤル」とDDG70「ホッパー」が出港したのは2016年8月25日であった。

この2隻の任務は第7艦隊海域と第5艦隊(中東)海域とのことであった。

アメリカ海軍艦船が、出港後、横須賀、韓国、さらにフィリピンやマレーシア、シンガポールなどの東アジア、東南アジアを訪問しないとなると、殆どが中東任務に重きをおいたものである。しかし、アフガニスタン戦争が終了してからは、中東派遣艦船数は少なくなっている。

DDG「ホッパー」は、9月にオーストラリアのダーウインに寄港し、カカドウ演習に参加した後、中東に向かった。

このカカドウ演習には、日本からは「ふゆづき」とP−3Cが2機派遣されている。

そして、「ホッパー」は中東に赴任し、10月10日にDDG55「スタウト」に交代した。10月25日には空母「アイゼンハワ」機動艦隊と演習を行った。さらに長期の中東任務を終え、1月19日にスリランカのコロンボ港に寄港し、さらに1月28日にはマラッカ海峡を南進している。

さて「ポート・ロイヤル」は「ホッパー」とは別行動で中東方面に向かい、10月16日に紅海に入った。

11月29日には空母「アイゼンハワー」、CG56「サン・ジャシント」の護衛航海も行った。

2017年1月には、DDG72「マハン」、イギリス海軍のヘリ空母L12「オーシャン」、フランス海軍の広域対空艦のD620「フォルバン」とアラビア海で写真演習を実施した。

その後、1月28日に「ホッパー」およびT−AKE「ワシントン・チェンバーズ」と同行してマラッカ海峡を南進し、さらに29日にシンガポール海峡を通過している。


ポートロイヤル 南中国海2017.2

















Photo/US Navy

アメリカ海軍HP2017年1月27日より。南中国海における「ポート・ロイヤル」と補給艦「ワシントン・チェンバーズ」とある。


 

「きりさめ」、パキスタン海軍と演習写真

第26次海賊対策艦隊から1隻派遣となったが、その「きりさめ」が1月26日にアデン湾でパキスタン海軍のFF「タリク」と共同訓練を行った。

海上自衛隊HPはその訓練状況をアップした。

16174732_1336789426382772_8635887660311828261_n 
















写真/海上自衛隊

ご存じのように、このイギリス海軍21型フリゲートは、パキスタン海軍に譲渡されてから、大幅に兵装や電子装備が改装されている。


アロー イギリス海軍21型 












Photo/Wikipedia

21型フリゲート時代の「アロー」である。細かい説明は省くが、民間造船所の設計とか何とか言われながらも、フォークランド戦争などで、大活躍した。


パキスタン海軍には、1990年代に譲渡されている。上の「アロー」はパキスタン海軍名では「ハイバル」であり、結構活発に運用されている。ちなみに「タリク」のイギリス海軍名は「アンバスケイド」である。1975年就役である。

16174426_1336789429716105_5872846325568499757_n








写真/海上自衛隊

 

2017年01月30日

海上自衛隊の福田達也海将補は3月上旬に次期CTF151艦隊司令官に!!

この次期CTF151艦隊司令官の発表は、海上幕僚監部では1月18日に行われている。その就任時期は3月上旬とのこと。 日本がCTF151艦隊司令官になるのは2回目で、伊藤弘海将補が2015年5月になって以来である。 その後、2015年8月にトルコ海軍、同年12月にパキスタン海軍、さらに2016年3月にシンガポール海軍、6月に韓国海軍、10月にパキスタン海軍が就任している。 小生の資料では、福田海将補の就任は32代目となる。福田海将補はパキスタンの司令官を引き継ぐこととなる。6月下旬まで赴任する。 これまで就任した国別司令官では、パキスタン海軍が8回、韓国海軍が4回、シンガポール海軍が4回、トルコ海軍が4回、ニュージーランド海軍が2回、タイ海軍が2回、デンマーク海軍が2回、イギリス海軍が1回、アメリカ海軍が3回(初代、2次、4次司令官)、そして日本は2回目である。 司令官就任国は、パキスタン、韓国、シンガポール、トルコの4カ国がレギュラー化していると言える。伊藤海将補が赴任した後に、CTF151艦隊司令官となっているのは、この4カ国であることはそれを示している。 パキスタン海軍が一番多いのは地理上の近さからくるものと思われる。 今回1月26日に「きりさめ」がアデン湾でパキスタン海軍のFF「タリク」と共同演習を行った。この「きりさめ」の赴任中に、福田海将補が就任すると思われるが、先の伊藤海将補も当時派遣中の護衛艦に搭乗して指揮を執っておらず、福田海将補が「きりさめ」の乗艦するかは分からない。まあ、ぜひ乗艦してもらいたいものである。

海賊対策派遣の「きりさめ」がCTF151艦隊所属のパキスタン海軍と演習

海上幕僚監部2017年1月27日発表。 1月26日にアデン湾で、海賊対策で派遣されているDD「きりさめ」はパキスタン海軍の「タリク」と演習を行った。 「タリク」はCTF151艦隊所属である。 情報概要は以上。この海上幕僚監部発表では記されていないが、日本の「きりさめ」もCTF151艦隊所属である。

パキスタン海軍主催のAMAN2017演習は2月10日に開始、演習に参加する中国艦船は!!??


ロシア海軍の大型対潜艦「セヴェロモルスク」が参加するAMAN2017演習には、当然中国海軍も演習に参加すると思われる。

現在、アラブ首長国連邦を訪問している第24次海賊対策DD「ハルビン」、FFG「邯鄲」、補給艦「東平湖」かと思われたが、この艦隊はこれからクウエートを訪問するよのこと。時間的に無理である!!??

この艦隊は、1月5日に第25次隊と交替し、サウジアラビアのジッダに1月9日に5日間訪問し、紅海、アデン湾ソマリア沖を通過し、アラビア海を北進し、ホルムズ海峡を西進し、カタールを1月21日に訪問し、5日間訪問を行った。さらに、1月26日午前にアラブ首長国連合(UAE)の首都、アブダビに寄港した。5日間訪問である。

そして、今後、クウエートを訪問するとのこと。

AMAN2107の公式HPを見ると、2017年2月10日より14日に開催されるとのこと。71カ国が参加し、この演習は2007年から開始されて6回目とのことである。

つまり、2007年、2009年、2011年、2013年、2015年に実施されている。 

第24次隊のパキスタン訪問は無理かと記したが、26日より5日間寄港、30日出港で、31日か1日にはクウエート着であり、5日頃出港なら、10日にパキスタン着は十分可能と言える。しかし、日程的にはかなりきついと言えよう。

それとも、25次隊のFFG「衡陽」、同「玉林」、補給艦「洪湖」の1隻が参加するのであろうか。