2019年02月

2019年02月28日

護衛艦「しらぬい」が就役、大湊に配備

護衛艦しらぬい就役 三菱長崎造船所で引き渡し式
長崎新聞2019/2/28 00:00

 三菱重工業長崎造船所で建造された護衛艦しらぬい(5100トン)が27日、防衛省に引き渡され就役した。ガスタービンとモーターによるハイブリッド推進方式を採用した、あさひ型の2番艦。海上自衛隊で初めて潜望鏡探知レーダーを導入した。

 海自によると、しらぬいは全長151メートル、幅18メートル。最大速力30ノット。新型レーダーは潜水艦が海面に短時間しか露出しない潜望鏡を探知でき、対潜能力が向上した。低速時にモーターだけで推進し、高速時にガスタービンと併用することで燃料消費を抑えた。哨戒ヘリを2機搭載可能。建造費743億円。

 高須賀政信艦長ら約220人(うち女性約20人)が乗り組み、青森県の大湊基地に配備される。あさひは佐世保基地配備。

 長崎市飽の浦町の同造船所本工場であった引き渡し式には約700人が出席した。乗艦した乗組員は国歌の演奏に合わせて、授与された自衛艦旗を艦尾に掲げた。村川豊海上幕僚長は「島国の日本の平和は自分たちが守るという自覚を持ってほしい」と訓示した。

 海自によると現在、建造中の護衛艦はない。防衛省は2021年度までに、掃海機能を備えた3900トン型を8隻連続発注する方針。このうち2隻を昨年11月、三菱重工業が受注し、長崎で1隻建造する。2隻目は下請けの三井E&S造船(東京)が岡山県で造る。

*****************
情報は以上。長崎新聞では現在建造中の護衛艦は無いと報道しているが、間違い。イージス艦2隻が建造中である。1隻目のイージス艦は進水しており、「摩耶まや」と命名されている。
 



ma2221 at 06:45|この記事のURLComments(0)

パキスタン軍 インド軍戦闘機を撃墜と発表 軍事的緊張高まる/NHK

パキスタン軍 インド軍戦闘機を撃墜と発表 軍事的緊張高まる
NHK2019年2月27日 19時19分

インドとパキスタンが領有権を争うカシミール地方をめぐり両国の軍事的緊張が高まっています。パキスタン軍がインド軍の戦闘機を撃墜したと発表したほか、両軍が砲撃によって交戦するなど軍事行動のエスカレートが懸念されています。

パキスタン軍の報道官は27日、インドと領有権を争うカシミール地方でインド軍の戦闘機が境界線を越えたため、パキスタン軍が撃墜したと発表しました。

撃墜したのは2機で、1機はパキスタン側に、もう1機はインド側に墜落したということで、乗っていたインド軍のパイロット2人を拘束したことも明らかにしました。

これに対し、インド外務省は記者会見でインド空軍の戦闘機1機が墜落したことを認めたうえで、パキスタン軍の戦闘機1機を撃墜したと発表しました。

一方、インド国防省によりますと、26日夜から27日朝にかけて、カシミール地方の境界線付近に駐留するインド軍が迫撃砲やミサイルでパキスタン軍と交戦し、これまでにインド軍の兵士5人がけがをしました。

インド政府は26日、カシミール地方のパキスタン側に戦闘機を越境させて、今月14日にインドの治安部隊40人が死亡する自爆攻撃を実行したイスラム過激派組織の拠点を空爆し、組織の幹部ら大勢を殺害したと発表しました。

これに対しパキスタン軍は、けが人や被害はなかったとしたうえで、インドによる空爆を非難して反撃を示唆していました。

核兵器を保有する両国の間で軍事的な緊張が一段と高まる中、アメリカのポンペイオ国務長官は、両国の外相に個別に電話し、軍事行動をエスカレートさせないよう自制を促しました。

◎パキスタン首相 インド首相に対話呼びかけ
パキスタンのカーン首相は、日本時間の27日夜、緊急のテレビ演説を行いました。

この中で、カーン首相は、今月14日、カシミール地方のインド側で起きた自爆攻撃によって死亡したインド治安部隊の隊員らの遺族に哀悼の意を示しました。

そして、27日朝のパキスタン軍によるインド軍戦闘機の撃墜について、「いかなる主権国家も領土内で外国が軍事行動を起こすのを許すわけにはいかない」と述べ、自衛のためのやむをえない対応だったと強調しました。

そのうえで、カーン首相は、これ以上、事態がエスカレートしないようインド側に自制を求めるとともに、「ともに席について、対話によって問題を解決しよう」と述べ、インドのモディ首相に対話を呼びかけました。

◎インド パキスタン対立の歴史
インドとパキスタンは1947年のイギリスからの分離独立以来、カシミール地方の領有権問題などをめぐって3度にわたって戦争するなど激しい対立が続いてきました。

1998年にはインドが核実験に踏み切るとパキスタンも直ちに対抗して核実験を強行し、核保有国どうしの対立は、国際情勢の不安定要素の1つとなっています。

2001年にはインドの首都ニューデリーの議会が武装グループに襲撃されたほか、2008年に西部ムンバイで160人以上が犠牲となる同時テロ事件が起き、インド政府はいずれもパキスタンの過激派組織による犯行と断定しました。そして、パキスタン政府が過激派組織を支援しているとして非難を続けてきました。

その後両国は緊張の緩和を目指し、対話を行うなど関係改善を模索しましたが、3年前にパキスタンの過激派組織がインド軍の施設を襲撃し、兵士ら19人が死亡する事件が起き、再び関係が悪化していました。

◎カシミール地方とは
カシミール地方は、インド北部とパキスタン北東部に広がる山岳地帯で長年、両国が領有権を争ってきました。

1947年にヒンドゥー教徒を主体とするインドとイスラム教徒を主体とするパキスタンがイギリスから分離独立した際、ヒンドゥー教徒のカシミール地方の指導者がインドへの帰属を表明しました。しかし、住民のほとんどがイスラム教徒だったため、パキスタンがカシミール地方の領有権を主張しインドとの間で戦争となりました。

1949年に停戦ラインを挟んでカシミール地方は分断され、以来、70年にわたって両国が相手地域を含めての領有権を主張し、それぞれが実効支配を続けています。

インド側の地域ではパキスタンの過激派組織やインドの実効支配に反対する地元のグループなどによるインド軍や治安部隊をねらった襲撃事件が相次いでいて、不安定な治安情勢が続いています。


ma2221 at 06:24|この記事のURLComments(0)

2019年02月27日

「しらぬい」が2月27日の本日、就役した!!

護衛艦「しらぬい」が2019年2月27日、三菱重工業長崎造船所で就役した。

艦長は高須賀政信2佐である。

この就役で、護衛艦数は以下のとおりとなった。

ヘリ空母4隻

イージス艦6隻

DDG2隻

あさひ級2隻

あきづき級4隻

たかなみ級5隻

むらさめ級9隻

あさぎり級8隻

はつゆき級2隻(練習艦を除く)

あぶくま級6隻 

計48隻 

ma2221 at 16:07|この記事のURLComments(0)

朝鮮日報が中国軍機が日本海入りする際、日本海に中国艦船が滞在を初めて報道

韓国の主要メディアが中国軍機が対馬海峡を北進し日本海入りする際、それ以前に中国艦船が日本海入りしていることを報道したのは初のことである。であるから、この朝鮮日報記事は画期的と言える。

ただし、中国軍機が日本海入りしているのは昨年だけで、8回あり、その際、常時中国艦船が日本海入りし、日本海で待機していたことは小生は何回も記しているが、どうも韓国のメディアか韓国国防部はそのことをしっかりと把握していないようであることは、今回の報道で了解されよう。

*******************

中国艦3隻が大韓海峡通過、韓日関係悪化が影響か
朝鮮日報日本語版2019/02/27 11:02

★副見出し                                         
中国艦3隻が大韓海峡通過、韓日関係悪化が影響か
今月23日に軍用機が防空識別圏へ侵入した際、最新鋭の駆逐艦が大韓海峡を通過
昨年だけでも軍用機などが東海で計8回侵入

(本文)
 中国の軍用機と軍艦が大韓海峡(対馬海峡)を通過し、東海(日本海)へ入る作戦活動を繰り返していることが判明した。この過程で、中国の軍用機が韓国側の抗議を無視して東海上の韓国の防空識別圏(KADIZ)に無断侵入する事件も頻繁に起きている。

 中国海軍の旅洋(ルーヤン)III型(052D型)ミサイル駆逐艦1隻および江凱(ジャンカイ)II型フリゲート艦2隻が、今月23日午後9時ごろ大韓海峡を南下していったという。フジテレビが防衛省の発表を引用し、25日に報じた。中でも最新鋭の旅洋III型駆逐艦「烏魯木斉(ウルムチ)」の東海侵入はほとんど前例がなく、注目を集めている。中国海軍の北海艦隊に所属する駆逐艦「烏魯木斉」は、満載排水量がおよそ7000トンあり、YJ18超音速対艦・対地ミサイル(最大射程540キロ)などを計64セルの垂直発射システム(VLS)に搭載している。防衛省の統合幕僚監部(統幕)は「海上自衛隊第14護衛隊所属『せんだい』(舞鶴)が、上対馬の東北東約110kmの海域を南西進するルーヤンIII級ミサイル駆逐艦1隻及びジャンカイII級フリゲート2隻を確認した」と発表した。フジテレビによると、この3隻は2月16日に大韓海峡を北上し、東海へ入ったという。

 中国の軍艦が大韓海峡を通過して東海に入るのは、今回が初めてではない。2017年1月には、H6K戦略爆撃機6機を含むおよそ10機の航空機が大韓海峡に沿って東海まで飛行し、その翌日に中国海軍のフリゲート艦など3隻からなる艦隊が東海から大韓海峡を南下していった。昨年12月にも、ミサイル駆逐艦を含む中国の軍艦が数回にわたって大韓海峡を通過し、東海に入った事実を防衛省が公開している。(編注:原文ママ)。

 中国軍機によるKADIZ無断侵入にも、中国軍が東海へと活動領域を拡大している様相が表れている。昨年発生した8件の東海KADIZ侵入は、主に毎月末ごろ発生していた。韓国軍はこれは「定例訓練」の一つだと意識している。北京のある軍事専門家は「遠洋地域を意識した中国の海軍力誇示が、ますます攻勢的なものに変わっている。特に、大韓海峡と東海で繰り返されている訓練は、この地域における作戦の常時化、日常化を狙ったもの」と語った。韓日が、当初は強く反発しても何度も繰り返されると惰性に流される−という状況を狙ったものだと説明した。

 このところ韓日関係が悪化し、両国間の軍事協力体制にほころびが生じていることも影響したと分析されている。韓日の協調が崩れている状況に乗じて東海を中国の勢力圏に組み込むことで、有事の際に米国が韓半島(朝鮮半島)にアプローチするのを封じ込められる、海洋統制圏の拡大を狙っているのだ。

 さらに、北海艦隊など中国の艦隊による東海進出は北極航路を意識したもの、という分析もある。中国は早い段階から北極圏の経済的価値などを狙い、2012年以降ほとんど毎年のように砕氷船「雪竜」を北極航路に投入している。15年9月には、中国海軍の軍艦5隻が北極海の入り口に当たる米国アラスカのベーリング海を初めて航行した。さらに中国は一歩進んで、米海軍の影響圏内にある西太平洋地域への影響力拡大を狙っている。このため、25年までに計6隻の空母保有を目標にしている。

 一方米国は、台湾海峡や南シナ海での作戦を増やし、中国に対する圧迫を強化している。今月25日に米海軍の駆逐艦ステザムと補給艦セザール・チャベスが台湾海峡を通過したのも、こうした観点からの行動と解釈されている。米インド太平洋艦隊は「米艦隊の台湾海峡通過はインド・太平洋における自由航行と開放を支持する米国の立場を立証するもの」とコメントした。

ユ・ヨンウォン記者 , 北京=李吉星(イ・ギルソン)特派員

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 

ma2221 at 12:40|この記事のURLComments(0)

「さみだれ」スペイン海軍と共同演習写真/知り合いの参加隊員が写っているかも!!

統合幕僚監部は2019年2月4日に次のように発表していた。

2月2日にアデン湾で「さみだれ」はスペイン海軍の航洋哨戒艦「レランパゴ」と海賊対処共同訓練を行った。 

情報概要は以上。当然、この共同訓練は、EU NAVFOR艦隊のHPでも紹介していた。

現在、アデン湾ソマリア沖で海賊対策に従事しているのは、日本、中国海軍、EU NAVFOR艦隊、インド海軍、韓国海軍(?)である。そして、時々ロシア海軍。

EU NAVFOR艦隊は、この冬の時期は、スペイン海軍の航洋哨戒艦1隻のみであり、司令官は不在である。この司令官不在は2017年から開始されている。

さて、EU  NAVFOR艦隊HP共同演習(訓練)写真を紹介しよう。その写真は8枚が掲載されていた。うち6枚を紹介する。


レランパゴいなづまと演習2019.2




















Photo/EU NAVFOR

海上自衛隊が撮影した写真が統合幕僚監部のニュースにも掲載されているが、違っており、これら一連の航空写真は航洋哨戒艦「レランパゴ」の搭載ヘリが撮影したものであろう。


レランパゴさみだれと演習その2




















Photo/EU NAVFOR

興味ある角度からの撮影である。


レランパゴさみだれと演習その3




















Photo/EU NAVFOR

「さみだれ」と手前にホバーリングしているのは、スペイン海軍のNH−90ヘリと思われる。こちらは「レランパゴ」の艦上から撮影したものか。


レランパゴさみだれと演習その5




















Photo/EU NAVFOR

この写真は、海上共同演習以前の会合時のものであろう。EU NAVFORの報道によると、ジブチで会合したとある。

一番右にいるのが「レランパゴ」艦長であり、右から4人目、前方にいる方が第4護衛隊司令の西山高広1佐。西山1佐の右側にいる方が「さみだれ」艦長の川合元2佐であろう。



レランパゴさみだれと演習その6




















Photo/EU NAVFOR

西山1佐と「レランパゴ」艦長の記念品贈呈。記念品はEUのものである。「レランパゴ」艦長の肩章は少佐を示している。



レランパゴさみだれと演習その4




















Photo/EU NAVFOR

演習終了時の帽フレ。



















 

ma2221 at 07:35|この記事のURLComments(0)