2019年09月

2019年09月30日

アデン湾で手を握った韓日…清海部隊、海上自衛隊と合同訓練

アデン湾で手を握った韓日…清海部隊、海上自衛隊と合同訓練
中央日報日本語版2019年09月30日07時00分 

 韓国海軍の駆逐艦「姜邯賛」(DDH−979・前面)と日本の海上自衛隊の護衛艦「さざなみ」(DD−113)が並んで航海している。韓日関係が最悪に達している中、両国の軍隊がせっかく合同訓練を行った。それもお互いに最も仲の悪い韓国海軍と日本の海上自衛隊が主導した。 

  29日軍当局によると、23〜26日アフリカ・ソマリア近隣のアデン湾で韓国・日本・イタリア3カ国の合同訓練が開かれた。韓国では海外派兵部隊である清海(チョンヘ)部隊の駆逐艦「姜邯賛(カン・ガムチャン)」(DDH−979)が、日本は護衛艦「さざなみ」(DD−113)がそれぞれ参加した。清海部隊第30陣は8月13日、釜山(プサン)港から出港した。イタリア海軍の「アントニオ・マルセグリア」(F597)も結集した。 

  韓日両国は特に共同で海上船舶臨検(VBSS)訓練を行った。兵力が海賊船と疑われる船舶に乗って調査した後、海賊船と確認されれば船舶を差し押さえる手続きを練習する訓練だ。韓国海軍の特殊船団検問検索台と日本海上自衛隊の立入検査隊の隊員が作戦を協議した後、高速短艇に乗って出動した。訓練が終わった後、両国の隊員は記念写真を撮影した。 

  第151合同任務部隊司令官であるユ・ビョンジュ提督は日本側の指揮官から記念品を受けた。ユ提督は6月からソマリアの海賊を掃討するために構成された多国籍連合海軍部隊である第151合同任務部隊(CTF−151)を指揮している。 




  軍関係者は「アデン湾で韓日合同訓練は数回行われ、海上船舶の臨検訓練も今回が初めてではない」と強調した。しかし、韓国と日本の対立局面で最も仲の悪い韓国海軍と日本海上自衛隊が今回の合同訓練をきっかけに関係改善の糸口を見つけるか関心が集まっている。 

  韓国海軍と日本海上自衛隊は昨年から悪縁を続けてきた。済州(チェジュ)国際観艦式に日本海上自衛隊艦艇の旭日旗をめぐる論議が浮上すると、日本側が参加を取り消した。また、昨年末日本海上自衛隊の海上哨戒機が低空飛行して韓国の駆逐艦を脅かした。日本は翌月、自国で開かれる観艦式に韓国を招待しなかった。


ma2221 at 15:21|この記事のURLComments(0)

中国海軍の遠洋航海練習艦「威継光」はブルネイを訪問した

中国国防部2019年9月27日より。

遠航実習および出訪任務を行っている中国海軍の訓練艦「威継光」は27日午前、第1回目の寄港地、ブルネイの到着した。3日間訪問である。

訪問中、学員らはブルネイの巡察艦(航洋哨戒艦)を参観する。

情報概要は以上。 

ma2221 at 07:01|この記事のURLComments(0)

中国海軍初の強襲揚陸艦、米専門家が建造ペースに驚嘆/中国網日本語版

中国海軍初の強襲揚陸艦、米専門家が建造ペースに驚嘆
中国網日本語版(チャイナネット)2019-09-29 

 中国海軍初の強襲揚陸艦が25日、上海の造船所で進水した。これは中国の「075型」強襲揚陸艦の1番艦で、今回の進水は中国海軍艦隊の実力のさらなる強化を示したと分析されている。CNNが伝えた。

 強襲揚陸艦はヘリ空母、あるいは小型空母と呼ぶことができる。一般的に、強襲揚陸艦は数十機(075型の場合はヘリ)、それから地上物体の兵士、車両、設備を搭載できる。強襲揚陸艦は通常船内にドックを持ち、貨物を揚陸艇もしくはエアクッション艇で岸まで運ぶ。

 ハワイ・パシフィック大学のカール・シュスター教授(元米海軍高官)は「075型は海軍の突撃能力を大幅に強化し、かつ海軍陸戦隊に垂直突撃能力、空中機動投入能力を提供した」と述べた。米軍事専門家のJoseph Trevithick氏とTyler Rogoway氏は軍事サイトに寄せた記事の中で、「075型はキール設置の写真が公開されてからわずか5カ月後に進水した。中国人の建造ペースと同鑑のサイズは同じく印象的だ」と話した。

 米国防総省は5月に発表した議会年間報告書の中で、中国が世界最大の造船国になったと指摘した。中国は先進的な駆逐艦と潜水艦の生産を続けている。中国には海上試験航行状態の国産空母が1隻、それから建造中の空母が1隻ある。米国の報告書はまた、中国が上陸作戦能力の強化と改善に取り組み、海軍陸戦隊を拡充していると指摘した。

  「中国網日本語版(チャイナネット)」 2019年9月29日


ma2221 at 06:36|この記事のURLComments(0)

米海軍・海兵隊がアラスカで訓練実施…「韓米軍事演習中断のため」/中央日報

米海軍・海兵隊がアラスカで訓練実施…「韓米軍事演習中断のため」
中央日報日本語版2019年09月27日09時55分 

  韓半島(朝鮮半島)で軍事演習ができなくなった米軍がアラスカを新しい演習場所にしている。大規模な韓米合同軍事演習が次々と調整・縮小されているからだ。 

  26日の米軍事専門ミリタリードットコムによると、米海軍と海兵隊の約3000人は今月、アラスカで極地遠征力量演習(AECE)を実施した。アラスカの寒い気候の中で合同上陸、燃料調達、水中ロボットの機雷除去訓練などを行った。サンディエゴでも演習の一部が進行された。 

  米軍当局は今回のアラスカ演習について最近の韓米合同軍事演習中止のためだと説明した。トランプ大統領は北朝鮮との対話局面、費用問題などを理由に挙げながら、韓米合同軍事演習に否定的な立場を表してきた。これを受け、キー・リゾルブ演習と共に進行される野戦実機動訓練(FTX)トクスリ演習は、韓米が大隊級以下の訓練だけをすることになり今年から廃止された。トクスリ演習期間に行われていた両国海兵隊の上陸訓練「双竜訓練」も今年は韓国軍の単独で進行された。 

  ミリタリードットコムによると、セドリック・プリングル米海軍少将は「朝鮮半島での軍事演習の中断がアラスカ訓練の実質的な理由」とし「代わりの訓練場所としてアラスカは完ぺきな環境を備えている」と述べた。また「米海軍と海兵隊は世界的な軍隊としてどのような環境でも任務を遂行しなければならない。それで訓練の場所や方式も多様化する必要がある」と明らかにした。 

  米軍は昨年から韓米合同軍事演習を縮小・中断した後、新しい場所探しを続けてきた。 
  昨年10月、当時のネラー米海兵隊司令官は「韓国で実施される演習は海兵隊の準備態勢のために必要不可欠」とし、韓米合同軍事演習の中止に公開的に懸念を表明していた。ネラー司令官は「朝鮮半島は夏には暑く冬には寒い気候であるうえ、険しい地形など大隊レベルでの訓練条件が整っているところ」とし「韓国で訓練する機会を逃せば我々はどこへ行くべきなのか」とも語った。 

  アラスカを新しい訓練場所に選んだが、場所の問題が完全に解消されたわけではない。プリングル少将は「アラスカの訓練環境は韓国の海上と似ているが、気候問題のため装備や戦術を再テストする手続きを踏まなければならなかった」と述べた。アラスカの気温が今よりさらに落ちれば訓練に支障が生じることもあるからだ。プリングル少将は「AECEがアラスカでどれほどさらに実施されるか、朝鮮半島で中止になった演習をアラスカで今後もずっと続けるかはまだ分からない」と話した。

*******************
この話し、ホントかいなである。アラスカでの演習は知っていたが、それを実施しているのは、アメリカ海軍第3艦隊であり、第7艦隊所属の艦船ではない。また、海兵隊も東アジアに展開している海兵隊がアラスカに行ったわけではない。

しかし、中央日報の取材によると、《セドリック・プリングル米海軍少将は「朝鮮半島での軍事演習の中断がアラスカ訓練の実質的な理由」とし「代わりの訓練場所としてアラスカは完ぺきな環境を備えている」と述べた。》と報道しているので、ああ、そうですかとしておく。

実質的には、ロシアの北極海軍事行動の増加に対処し、2018年あたりからから、アメリカ軍はアラスカにおける訓練を増強させている。その一環と思われるが、いかがであろうか。

中央日報の後半の報道は、朝鮮半島における軍事演習は朝鮮半島でしなめればとの論潮である。さもありないというところであろうか。 


ma2221 at 06:25|この記事のURLComments(0)

2019年09月29日

日本海自の観艦式 中国が招待状を受け取る=中国国防部

日本海自の観艦式 中国が招待状を受け取る=国防部
中国網日本語版(チャイナネット)2019-09-27 

 国防部は26日午後、定例記者会見を開いた。国防部新聞局副局長、国防部報道官の任国強氏が記者からの質問に回答した。
 
 記者:日本は10月に海上自衛隊の観艦式を行う。日本メディアの報道によると、日本はすでに中国を含む各国に招待状を出しており、中国は今回初参加になるという。中国は軍艦を派遣するか。
 
 任氏:この質問について現在確認できるのは、中国側が日本側からの招待状を受け取っているということだ。中国側が日本側の観艦式に参加するかについては、双方の防衛部門が調整中だ。
 
「中国網日本語版(チャイナネット)」 2019年9月27日


ma2221 at 14:14|この記事のURLComments(0)