2017年04月29日

NHKが報道、アメリカ空母は長崎沖を航行!!

米空母が長崎沖を航行 北朝鮮へのけん制強まる
NHK2017年4月29日より 

海上自衛隊と共同訓練を続けながら北上していたアメリカ軍の空母が29日朝、長崎県の沖合を航行しているのが確認されました。空母は今後、朝鮮半島周辺の日本海で韓国軍と共同訓練を行う見通しで、北朝鮮へのけん制が強まることになります。 

29日午前6時すぎ、アメリカ軍の空母カールビンソンが長崎県の沖合を航行しているのを、ヘリコプターで上空から撮影しているNHKの取材班が確認しました。

アメリカ軍の空母は今月8日にシンガポールを出港したあと、朝鮮半島の周辺に向けてゆっくりと北上し、今月23日にはフィリピン沖の太平洋で海上自衛隊の護衛艦と合流して共同訓練を開始しました。その後、28日までは沖縄の東の太平洋にとどまり、空母の艦載機と航空自衛隊の戦闘機との共同訓練も行っていました。防衛省関係者によりますと、空母は28日午後、沖縄周辺の海域から移動を始め、東シナ海を経由して北上してきたということです。

この空母について、韓国海軍は今月末ごろに日本海で共同訓練を行うことを明らかにしていて、それを前に海上自衛隊は空母から離れてこれまで続けてきた訓練を終えると見られます。

空母の朝鮮半島周辺への展開によって、北朝鮮が挑発的な行動をとらないよう、けん制が強まることになります。




ma2221 at 09:35│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔