2017年04月30日

ソ連崩壊後に新設計されたロシア海軍最新フリゲート3隻が動き出す!!

1991年のソ連崩壊後に新設計されたフリゲート以上の艦船は、「アドミラル・グリゴロヴィッチ」級が最初であった。

この「グリゴロヴィッチ」級は、インドに輸出したタルワー級3隻(2003年〜2004年)、改タルワー級3隻(2012年〜2013年)をグレードアップしたもので、ロシア海軍にとっては待望の新鋭艦である。

これまでも運用実績があることからも、1番艦「アドミラル・グリゴロヴィッチ」、2番艦「アドミラル・エッセン」、3番艦「アドミラル・マカロフ」の活躍が期待されている。3隻とも黒海艦隊所属である。

さて、日本語ブログ「ロシア海軍情報管理局」によると、この3隻の動きが目立ってきた。

1番艦の「グリゴロヴィッチ」は2016年3月11日に就役、6月9日にセヴァストポリに到着している。2017年に入り、トルコ海軍と黒海で演習をした後、4月7日にボスポラス海峡を南下し、ロシア海軍地中海常設艦隊に加わった。その後、4月26日にキプロスのリマソル港に入港し、28日に補給を終え、出港した。地中海常設艦隊任務を続ける。

2番艦の「アドミラル・エッセン」は4月28日配信でバルト海から黒海への移動を開始した。「エッセン」は2016年6月7日に就役。

3番艦の「アドミラル・マカロフ」は国家試験実施中で、4月28日配信で仮想敵の空中攻撃を撃退している。

 

ma2221 at 07:21│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔