2019年08月31日

2018年中国ASEAN共同演習に参加した艦船、2019年米ASEANはいかに

ASEANは11カ国で構成されている。つまり、フィリピン、ブルネイ、マレーシア、インドネシア、ベトナム、タイ、カンボジア、ラオス、インドネシア、シンガポール、東チモールである。うち海軍を有しない国は内陸国のラオスのみで、10カ国が海軍を有している。

2018年10月22日〜28日に行われた中国ASEAN共同演習(中国では「中国・東盟海上連演2018」と称している)には、シンガポール海軍はFF「ストルワート」、ベトナム海軍はコルベット015「チャンフンダオ」、フィリピン海軍は揚陸艦「ダグパンシティ」、タイ海軍はFF「タクシン」、ブルネイ海軍は航洋哨戒艦「ダルタックワ」の5カ国である。

マレーシア海軍が参加していないのではであるが、同時期の10月20日〜29日まで、マレーシアにおいて、「和平友誼2018」中国・マレーシア・タイ共同演習を開催している。

 「中国・東盟海上連演2018」は中国の湛江港で開催された。中国の参加艦はDDG「広州」、FFG「黄山」、補給艦「軍山湖」であった。

「和平友誼2018」中国・マレーシア・タイ共同演習に参加した中国艦船はDDG「武漢」、FFG「運城」であった。



2019年のアメリカASEAN共同演習は9月2日から6日までの5日間であり、ベトナムのカマウ岬沖(タイ湾)で実施する。各国の艦艇は8隻以上が参加する。集結地はタイのサタヒップ海軍基地。

フィリピン海軍はFF「ラーモン・アルカラズ」を参加させる。8月29日(木)にマニラを出港している。


 

ma2221 at 09:48│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔