2019年09月13日

ロシア海軍太平洋艦隊が夏の大演習終了か、タランタル級ミサイル艇が宗谷海峡西進

統合幕僚監部2019年9月12日より。

9月11日午後1時頃、掃海艇「いずしま」(函館)が宗谷岬の北北東約40キロの海域を西進するタランタル卦薀潺汽ぅ觚遽匸ゲ艇2隻を確認した。

その後、これらの艦艇が宗谷海峡を西進し、日本海に向かった。

情報概要は以上。この2隻の艦番号は954と971であった。この2隻は、8月24日から25日にかけて宗谷海峡を東進し、オホーツク海に向かった大型対潜艦548「アドミラル・パンテレーエフ」、ステレグシチー級フリゲート333「ソヴェルシェンヌイ」、同335「グロームキー」と共に東進していたタランタル級ミサイル艇の924、937、995と異なる艦船である。

ちなみに、924,937,995は他の艦船と共に、2018年8月29日から30日にかけて、他のロシア海軍の水上艦10隻と共に宗谷海峡を東進している。この時はタランタル級は6隻が東進している。このオホーツク海入り艦隊は9月2日に日本海入りを行っているが、この際では、タランタル級7隻が日本海入りしているが、写真は公表されておらず、艦番号は確認されていない。

954と971は、2018年6月3日に宗谷海峡を東進し、6月29日に宗谷海峡を西進し、日本海入りを行っていた。 

ma2221 at 18:02│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔