ブログネタ
カレーを食べに行こう! に参加中!

リトルスプーン 札幌エスタ店▼最寄駅:札幌▼カレーライス

09年6月リトルスプーン入口

仕事で日曜日から北海道・札幌に滞在中。「北海道でおいしいもの食べてきなよ〜海の幸、山の幸」と出かけるのが普通の感覚。

そこは寝ても覚めても『カレー君』。私が気になったのが、関東からは完全撤退してしまったカレーチェーン「リトルスプーン」だった。

 

24時間営業の狸小路店にしようかとも思ったが、交通アクセスが良い札幌駅直結の「札幌エスタ店」に出かけてみた。「リトルスプーン」も経営母体が変わってしまったが、外観はオレンジとホワイトの以前と変わらぬ「リトルスプーン」。久しぶりに見るお店の雄姿になんとなく気分が高揚する。

09年6月リトルスプーンカレー1メニューにも大きな変化がないようで、とりあえずひと安心。ここは赤羽店や新宿小滝橋通り店で飽きずに食べていた「キャベツカレーのキャベツトッピング」をライス「M」サイズで注文。「おおっ、安い。60円」とトッピングで気になったソーセージものせてみた。

辛さは6段階で一番上の「フェイヤードラゴ」。お店の方に正直に、「東京でリトルスプーンが好きでよく食べに出かけたんですが、ファイヤードラゴは同じ辛さですか?」と聞いてみると、「経営が変わったので、味も変わりました。辛さも変わったと思いますが、大丈夫ですか?」と返答が。この「大丈夫ですか?」がいろいろな意味にとれるなぁ〜と実感したのは食後のこと。

09年6月リトルスプーン2見た感じの色合いや、アルマイトのトレー、キャベツのトッピングの仕方など、その外観は「リトルスプーン」そのもの。

さっそくカレーをひと口、ふた口とクチに運んでみる。

辛さが一番上の「ファイヤードラゴ」は、通常ならば食べてしばらくすると、ノドと舌にに突き刺さるような辛さが広がるはずなのに、パンチがまったくといっていいほど感じられない。

全体的なコク味にも欠けるし、「これはリトルスプーンのカレーじゃない!」。確かに全体的な味の方向性は「リトルスプーン」と言われれば近いかもしれないが、味のふくらみが別物なのである。そして、ファイヤードラゴならば、どことなく汗ばんでくるような高揚感や、スプーンを休めて水をぐいっと飲みたくなるはずなのに、辛さが弱いせいか一気に完食してしまった。

09年6月リトルスプーン座席精算時にレジの方に、「東京で食べていたリトルスプーンが懐かしくなり寄ってみたんですが、辛さが『ファイヤードラゴ』なのに、以前の2つ下の『サーベル』の辛さよりも弱いような気がしましたが」と振ってみたところ、「辛さが変わったというお客さんのお話はよく伺います。ただ、今の『ファイヤードラゴ』も充分辛いと思いますが〜」と答えが返ってきた。

なつかしさにひかれて出かけた札幌の「リトルスプーン」。経営母体の変化は、「新しいカレーソース」として形になっているが、「辛いカレーが食べられるカレーチェーン」の面影は残念ながらなかった。カレーは、人それぞれ好きな系統の味というものがあるはずだが、私の中での「リトルスプーン」はすでに二度と食べれない味になってしまったようだ。

【リトルスプーン 札幌エスタ店の店舗情報】

最寄り駅 札幌(JR) / さっぽろ(札幌市営) / 北12条
住所 〒060-0005  北海道札幌市中央区北5条西2 札幌エスタ10F [地図]
電話 011-210-9992
お店HP http://www.little-spoon.co.jp/
定休日
年中無休
営業時間
  • [平日]11:00 - 22:00
  • [土曜日]11:00 - 22:00
  • [日曜・祝日]11:00 - 22:00