ブログネタ
インド系カレー に参加中!
17年3月末にオープンした「ヴェヌス サウスインディアンダイニング御徒町店」にランチ訪問、これで3食めとなる。3度ともにレイトランチの時間帯の訪問なので、ホール&キッチンのスタッフさんとも話ができるので、さすがに顔も覚えてもらったようだ。今回は注文した瞬間に、「あなたの料理は全部ホットにします。楽しみにー」と返ってきた。

ヴェ1

今回も、チキン、マトン、フィッシュの3つのカレーが入る「Cセット」をオーダー。ブレッド類はナン、プーリ、チャパティからのチョイスのはずが、「ドーサでもOK!」とのことで、喜んで「プレーンドーサ」にしてもらった。カレーは「チキンとジャガイモ」「マトンと野菜」の日だったが、フィッシュは「揚げた魚」がなぜだかそのまま盛り付けられていた?が、まあ細かいことは気にせずにー。

ヴェ2

また、この日のベジ系は右から「ダイコンとカリフラワー」、下「カリフラワーとしめじ&グリンピース」だったが、しめじの下からはスターアニスが形ごと登場。そして全体的にグリーンチリが散りばめられていて、辛さ調整をそれぞれで施してくれた。「ラッサム」にもグリーンチリが浮遊しているのが見える。「ヴェヌス」の「ラッサム」はトマトベースながら、そこからの酸味とタマリンドからの酸味、そしてカレーリーフの香味、ブラックペッパーからの香味とそれぞれのバランスが絶妙。思わずライスにぶっかけ〜で「ラッサムライス」にさせてもらった。

ヴェ3

この「ラッサムライス」を見ていたホールの方からも、「私もラッサムライスが大好き、辛いのも好き」と話してきた。確かにここの「ラッサム」ならば、日本米でも充分においしく楽しめる。

「ヴェヌス御徒町店」も3回目だが、見ていると時間指定でテイクアウトをお願いする方も結構多いようで、私が滞在した30分ほどの間に4組そんなお客さんがいた。皆さん「ナン」を選んでいたのが日本人らしいところだが、ここの南インドスタイルならば、「プーリ」か「チャパティ」のチョイスだろう。店内でも「ナン」派が主流、まあ個人の嗜好なので好き好きだが、「郷に入れば〜で南インド式で選んでもらえればありがたい」とか、ついつい自分のを食べながら、気にせずにはいられなかった。


※》1食め《 17年4月4日(ランチセット) こちら

※》2食め《 17年4月8日(看板ができました&ドーサランチ) こちら