ブログネタ
お店紹介 に参加中!
18年最初のお店紹介は、東京・十条の台湾かき氷の店「蜜思館」(アイスカン)。自宅から歩いて10分圏にあるのだが、実は店内に入るのは初めて。以前夏場に店前を通ったらほぼ満席で、さらに東京家政大そばのロケーションで、学生さんで混んでいたのもあり、なんとなく入店できなかったのだった。

アイス1

さすがに年末のタイミングの平日午後なので「台湾かき氷」のお客さんはいなかった。私も冬場なので台湾茶と屋台料理&飲茶の「台湾飲茶セット」を注文してみた。店のママさんは台湾の方で、「土林夜市の近くがご実家〜」なんてお話を伺いながら、待つこと10分ほどでワンプレートが運ばれてきた。

アイス2

右下から時計回りで「台湾おこわのゆば巻揚げ」、「葱油餅(ネギパイ)」、「鶏排(チーパイ、台湾の鶏のから揚げ)」、センターが「大根餅」。「ゆば巻き揚げ」、「葱油餅」もオイリーさがひかえめで食べやすく、「大根餅」も醤油味がほんのりきいていて美味だった。そして好物の「鶏排」は、ママさんが「台湾夜市のより自信アリ!」と話してくれたが、コトバ通りに食べやすく、「土林夜市のよりも美味!(ブログ紹介はこちら)」なのは間違いないところ。

アイス3

写真のように「点心」と台湾茶付きで990円。店では「台湾の素材にこだわり」このセットを作っているという。圧倒的に「台湾かき氷」のお客さんが多いそうだが、台湾ビール(マンゴービール、ライチビールにレギュラーの台湾ビールなど)の台湾アルコール類もそろっており、「水餃子」などの他の料理メニューなども数種類。意外な穴場「台湾デザート&料理店」である。