ブログネタ
タイ料理、シンガポール料理など東南アジア料理 パート3 に参加中!
日本でのタイ料理「ガパオ炒めごはん」(ガパオライス)の定番といえば、もっともポピュラーなのが「鶏肉」。ランチではほぼ8割方「鶏肉のガパオライス」という感じ。続くのが「豚肉」の「ガパオムー」で、最近はメニューに置いてくれる店が増えてきた。少数派が「牛肉」で、あとは「シーフード」もたまに見かける。

シーフード1

個人的にはシーフードの「ガパオタレー」が好きなので、写真のようなぜいたくなスタイルで日本でも楽しめれば〜とは思うが(※写真はバンコク郊外の生鮮市場マハーチャイでのもの)、ランチではあまり見かけることがない。あっても冷凍食品の「シーフードミックス」がおざなりに使われていたり、ショボイ感じの「エビ&イカ」だけだったりで、満足感に乏しいことが多々ある。

シーフード3

もちろんディナーメニューでも構わないのだが、タイと同様にシーフードには恵まれている日本なので、エビ&イカだけじゃない組み合わせだったりするとテンションも上がる。貝類などとの相性も良いし、意外にメニューに置いている店って少ないように思う。工夫やアレンジもシーフード系ならば容易なはずだし、タイ現地同様に魚のすり身団子ルークチンと合わせるなどの店も少ない。

シーフード2

写真のように「ハマグリ」や最近増えている「ホンビノス貝」でも充分にイケる。ガパオの香りとシーフードの組み合わせは最強ではないだろうか。どうも「鶏肉であたりまえ(それもひき肉)」の風潮が強すぎるのが「日本のガパオライス」の現状。さらに「おいしいタイ料理メニュー」としてひとつ上のステージに登りたいのであれば、シーフードとの組み合わせ「ガパオタレー」などを積極的に使って欲しいと願う。