ブログネタ
タイ料理、シンガポール料理など東南アジア料理 パート3 に参加中!
週初めから九州・中国地方出張に来ている。この日は午後から福岡入りし、予定終了後は大名のタイ料理居酒屋「ガムランディー」に出かけた。厨房からチャーンさんご夫婦が出迎えてくれた。チャーンさんの「いらっしゃいませ〜サワディーカップ」の声も来店客のたびに大きく店内に響く〜。これがいつもと変わらない「ガムランディー」である。

ガムランディー

偶然とはいえ、昨日も写真で紹介した「カオクルックガピ」を裏メニューとして準備してくれていたのがとてもうれしかった。奥さまのユピンさん作で、蝦醤のガピを使った「カオパットガピ」がベースになるが、この炒め加減と味付けのバランスがいい。副菜を好みで混ぜ合わせながら食すのだが、レモンを搾って、パイナップルにふりかけつつ、プリック(トウガラシ)片にも同じように〜。これでパインの甘さを抑えつつ、トウガラシのストレートな辛さにもひと工夫。素揚げしてあるエビも同様。そして全体を混ぜ合わせると、ガピのうまみとともに、甘辛折衷の不思議な「混ぜごはん」へと変身する。
ガムランディー2

一方でご主人のチャーンさん作は、森のカレー「ゲーンパー」。メニュー名の響きはやさしいが、実は「ココナッツミルクを使わない」という意でもあり、東北部イサーンはムクダハーン出身のチャーンさん渾身の「ゲーンパー」は、ホーラパー(タイバジル)やバイマックルー(こぶみかんの葉)などの香味と、トウガラシの辛味+ブラックパッパーのストレートなスパイシーさがビシッと感じられる本格イサーン味で、寒さもぶっ飛んじゃうようなワイルドさ。思わず目がシャキッとしてしまいそうな味わいで、アルコールにもぴったりハマった。