ブログネタ
♪♪♪ 500円以下のB級グルメ食べ歩き ♪♪♪ に参加中!
前回は出張帰りの夜の時間帯に偶然の発見で衝動的に入店してみた池袋西口の牛丼新チェーン1号店「牛若丸」だったが(18年3月2日 こちら)、今回は平日のランチで出かけることができた。時間は正午前、「果たして店はどうなんだろう?」と思いながら店前についてみれば、あらあら行列ではないですか〜。しっかりと認知が上がっているのが垣間見れた。

うし1

今回も厚揚げトッピングの「きつね牛丼」を食べる気満々のはずが、直前の仕事でお腹に多少入ってしまった関係で、変則で「牛皿+きつね(厚揚げ)+生玉子+味噌汁」で頼んでみた。さらに「牛皿」と「きつね(厚揚げ)」が別々だと食べにくいので、丼に盛り付けしてもらった。

うし2

これって「ライスなしのきつね牛丼」になるのだが、生玉子を溶きつつ、本来の「牛皿」部分を食してみれば、「牛肉はやや甘めながら、大ぶりの玉ねぎ、しらたきもいい感じに絡んで、普通に旨い」。さらに「きつね(厚揚げ)」にも絡ませてみれば、「ライスなしでも結構イケる」だった。思えば前回は夜8時前ぐらいだったし、正午前とは「牛肉の煮込まれ感に差がある」のかもしれない(※気のせい?かもしれないが、今回の方がしょっぱさが抑えめに感じられた。ライスなしでこう感じたわけで〜)。


うし3

なお、「牛若丸」のカウンター席には「紅しょうが」「唐辛子」「箸」「楊枝」などは置かれていない。ワンオペなので、「牛丼受け渡し口」に隣接して、このようなコーナーが設けられている。今回も激辛ホットソース「マリーシャープス」の姿が確認できた。意外にも結構減っており、「では私もかけちゃおう〜」ということで、もちろんシャープにサクッと使わせてもらった。

「100店舗達成時には『牛若丸改め、義経に』店舗名を変更する」と大きな目標を掲げている「牛丼 牛若丸」。個人的には「弁慶は何処に〜」とか一応店内を見渡してみたが、当然ながら見あたらなかった。そんなきょろきょろしていたタイミングでご年配のひとり客が「クーポン券持参」で来店。裏口のパチスロ店からそのまま入店してきたようで、そちらにサービス券があるのだろうか?。ちょっと〜気になる〜。