ブログネタ
タイ料理、シンガポール料理など東南アジア料理パート4 に参加中!
このところ訪問回数が増えているのが、新宿東口の老舗タイ料理「バンタイ」だ。というのも、老舗ならではの古き良き「チャイニーズ・タイ」のスタイルの料理が、ランチからでも(※ディナーメニューからアラカルトで注文できる)食べたい料理が選べるのである。写真の「豚肉のガパオライス」もまさに代表的なものといえるだろう。

バンタイ b

もしかすると、「豚肉が粗みじんのミンチ状でない」と思われるかもしれないが、タイ現地でも「中華鍋ひとつで何でも作ってくれる注文屋台(アハーンタームサング)」では、多くの店でこんなスタイルだし、レストランでも「ガパオ炒めごはん」ではなく、「ガパオ炒め」として一品料理やツマミで食べたいときには、ガッツリ味わえる写真のタイプで出してくれる店も多い。

バンタイぶた

全体的に赤みが勝っているのは、私が「辛口」でお願いしたためで、そんな「細かいリクエスト」にも柔軟かつ、しっかりと応えてくれている証でもある。そして、通常の「豚肉のガパオ炒め」には「目玉焼き」はつかない。これもタイ式で、「カイダーオ」をオプションとして追加するのだ(※ランチセット「鶏肉のガパオ炒めご飯」には、最初から「カイダーオ」がついてます)。これぞタイ式〜ってものだ。添えられたスープもソープーカオで色合いとうま味が加えられている。

バンタイ 外観

このように「バンタイ」には、古き良きオーセンティックな「チャイニーズ・タイ料理」が安心して食べられる貫禄がある。おしゃれな今風のタイ料理レストランではないかもしれないが、ある意味王道のタイ料理がここには根付いている。おしゃれなトレンド系に飽きた頃に、気まぐれで「バンタイ」に回帰しても、「いつもながらの想定できる味」で迎えてくれるのである。だから、ついつい寄ってしまう〜。