ブログネタ
インド系カレー に参加中!
浅草は伝法院通りのインドカレー専門店「夢屋」にランチ訪問してきた。先月は「マトンマサラ」(こちら)で楽しませてもらったが、同じマトンカレーならばやっぱりシークカバブ付きの「カバブセット」がついつい恋しくなり、食べに来たものだ。やっぱり食べ慣れたいつもの「カバブセット」の満足度はひと味違う。

カバブ1

写真が「カバブセット」。カレーのみ大盛り、辛さは「極辛」。「夢屋」のクローブ、スターアニスなど入りのスパイスライスとマトンカレーの相性はまさに芸術〜。何気ない違いかもしれないが、「かれーだけじゃなく、ライス
すでにこの味も初体験から30年ほどが経過しているが、カレーへの感動は今も変わらない(※ただし私自身はその分加齢を経ていますー?!)。

カバブ2

ご参考まで、1年ほど前の「カバブセット」がこちらの写真。ランチサービスの違いがあり、今回は「手羽のタンドリーチキン」、昨年は「餃子型のサモサ」。同じなのが「キャベツのサブジ」などの副菜だ。それにしても、注文が入ってから焼き上げてくれる「カバブ」もいつもながらにクサミなく旨仕上げで、温かい状態で供してくれる。

カバブ3

なんだか前回「マトンマサラ」を食べた後に、なんとなく「もうちょっと欲しい」気がしたのは、この「ケバブセット」の幻影によるものだろう。やはり「マトンカレーはシークカバブあってのセット」として、刷り込まれてしまったからだろう。そういう意味では大満足〜。やはり私の中での「夢屋」は、「スパイスライスとカバブセット」推しなのである。