ブログネタ
タイ料理、シンガポール料理など東南アジア料理パート4 に参加中!
タイ料理飲み会に欠かせないアルコールと相性バツグンのツマミといえば、東北部イサーンの名物ソーセージ「サイクローク・イサーン」ではないだろうか。日本では「丸っこい小さな玉みたいなソーセージ」として出してくるタイ料理店が多いと思うが、失礼ながら「冷凍仕入品」であることが大半で、手作りにこだわってくれる店はほんのひと握りの少数派である。この手作りしてくれる店のものがそれぞれ特徴的で、食前に炙ってくれたりすると、さらに美味しさのプラスアルファとなる。

サイクローク2

写真は福岡・大名のタイ料理居酒屋「ガムランディー」のもので、毎度毎度この「サイクロークイサーン」を食べるのがひとつの楽しみでもある。「サイクロークイサーン」は、豚肉にカオニャオ(タイのもち米)を加えた腸詰めのこと。タイのソーセージは発酵度が特徴。この強弱が独特の酸味とうま味をかもし出す。個人的には適度な酸味が入ったタイプが好み。さらに前出のように、タイソーセージはさらに焼きを入れて食べるのも特徴(ゆでたりはしない)なので、食べ応えも充分なのだ。

サイクローク3

2枚めはつい先日の神奈川・武蔵小杉の「クルワプリックタイ」での「サイクロークイサーン」。ママさん手作りのこのソーセージを目当てに、予約テイクアウトのお客さんを数組見かけたが、味のベクトルこそ「ガムランディー」のものとは異なるが、仕込みや酸味加減で味変するので、初体験の味ではあったが、ニンニクの風味も効いており、リピートしてみたいと思わせてくれる味だった。

サイクローク4

最後は、タイ・バンコクの焼き物屋台での「サイクロークイサーン」。日本のタイ料理店で出てくるのがだいたいこの大きさ以下のタイプが多く、「冷凍仕入品」だとこんな感じ。わかっていても、カットし添えられたタイのキュウリ「テンクワー」、タイのショウガ「カー」とタイの最強青トウガラシ「プリッキーヌ」などとアルコールのお供としてぴったりなので、ついつい出かけた帰りに屋台購入してしまう。まあ「冷凍仕入品」でも充分に美味いのは間違いないが、わざわざ手作りするほどの店はそれぐらいのこだわりもあるわけで、タイ料理店のメニューで「サイクロークイサーン」を見つけたら、「手作り」などのフレーズが添えてあったならば、迷わずに「買い」である。