ブログネタ
タイ料理、シンガポール料理など東南アジア料理パート4 に参加中!
「カオマンガイ」狙いで出かけた「タイごはん泉州屋台」で、タイ料理好きの琴線にビビッと触れたのは、この日の日替わりタイ惣菜の酔っ払い麺「パッキーマオ」だった。写真でも伝わる通り、見るからにワイルドな出来栄え。さらに、日本ではめったに出合えない生胡椒「プリックタイオーン」がたっぷり使われていたこと。いやいや、久々だなぁ〜。ついつい小皿で追加しちゃったが、味もタイ式のワイルド&スパイシー。これぞ「センレック・パッキーマオ」である。

センレック パッキー

写真の「熟したやまぶどう」のような小さな粒々の集まりが、生胡椒「プリックタイオーン」。そうそう、「パッキーマオにプリックタイオーン」が入っていると、それだけでテンションが上がる。だから日本ではあまり「パッキーマオ」に恋しくなることはないのだが、今回ばかりは別である。

タイオーン

タイ現地での「パッキーマオ&プリックタイオーン」だとこんな感じになる。隣のカナー(カイラン菜)も美味だったが、やはりタイらしい実りの「プリックタイオーン」のちょっぴり青臭いペッパー感のスパイシーさは、「酔っ払いも酔い醒めしちゃうぐらいに辛いからタイ語で『パッキーマオ』と名付けられた」ことに頷いてしまう鮮烈さである。辛いというよりも、スパイシーさでヒーハー来るのだ。



センミー パッキー

今回は「泉州屋台」のオーナーであるジョージさんに「パッキーマオへの想いやこだわり」を伺うタイミングはなかったが、日本ではタイ式の店でも、こちらの写真のスタイルの「プリックタイオーンなし」が圧倒的に多い。もちろん、この「パッキーマオ」も上々だったのだが、タイ現地では基本入る「プリックタイオーンあり」にはかなわない。そんな「タイ式パッキーマオ」をサラッと使ってくれちゃってる「泉州屋台」もタダモノではないこだわりである。次回「パッキーマオ」に当たった際は、もちろんこれメインでいきたいと思う。