ブログネタ
タイ料理、シンガポール料理など東南アジア料理パート4 に参加中!
今年も年初から新年のあいさつ回りで、名古屋、京都、大阪と新幹線に沿って出かけている。賀詞交換会や飲みの新年会などで「カレーとタイ料理」とはいかないが、JR新大阪駅で寄ってみたのがタイ料理弁当&惣菜の「チャンロイ」。ブログ紹介は15年末のオープン直後だった3年前の16年1月(こちら)以来だ。

チャン3

この写真も以前のものだが、今もこんな感じで「タイ料理惣菜」が並んでいる。この中から3品選べる惣菜セットが税別で約600円ぐらいだったので購入してみた。「豚の炙り焼き「ムーヤーン」、「鶏肉のガパオ炒め」、「揚げ春巻き」(ポーピアトード)、「ウンセンパッシーユ」(春雨のタイ醤油炒め)などからのチョイスする。

チャン1

「ウンセンパッシーユ」も見た目ほどにオイリーではなく、春雨なのでサクッと食べやすい。タイ醤油「シーユーカオ」とほんのりシーズニングソース「ソープーカオ」の香りも感じられる。「鶏肉のガパオ炒め」も、主役のガパオの葉がもう少し入るとなお良いが、店の業態としての特徴が生かされているようで、「冷めても美味いガパオ炒め」の仕上げだったのが印象に残った。

チャン2

また、「揚げ春巻き」も結構なボリュームで、ライスペーパーで巻いてあり、中も春雨ほか具だくさんで、見た目以上にコスパ優等生の「タイ惣菜3点盛り」だった。「チャンロイ」も関東圏でも店舗展開しており、松屋浅草店などで見かける機会もあるのだが、もっぱら新大阪駅&大阪駅のそれぞれの「駅マルシェ」内の店舗の利用が多い(※在来線の新大阪駅内にある)。やはり買い込んで「新幹線車内でタイ料理」が楽しめるのが魅力だ。タイ料理好きでも楽しめる品ぞろえだし、今年もきっと何回かはお世話になることだろう。