ブログネタ
タイ料理、シンガポール料理など東南アジア料理パート4 に参加中!
タイ南部料理の激辛ひき肉炒め「クワクリン」。何度も食べていながらも辛さやタイハーブの香りで気づかなかったが、「クワクリンってキーマカレーに似てないかー」である。もちろん「クワクリン」はタイ料理の中でも辛さはかなりの上位だし、「キーマカレー」とは味わいはとても似つかないが、なんとなく食べていてハッとしたものだ。

クワクリン ポム

写真は東京・田端のタイ南部料理も楽しめる店「ポム タイ料理」での「クワクリン・ムー」。トウガラシの赤い色合いと、タイ料理ではあまり使わないターメリックのイエロー、そして刻んだバイマックルー(こぶみかんの葉)のグリーンが融合したカラーリングも南部特有のもの。タイ米カオスワイとの相性もピッタリで、ごはんが進むこと、進むこと。
ポムさんが作ると、タイ南部はスラータニ出身の地元の味だし、辛さ耐性も相当なものなので、私自身も「インド料理の激辛キーマよりも、ポムさんの激辛クワクリンの方がはるかに辛い」と感じたほど。それでもポムさんは、「もっと辛くできますー」と結構なドヤ顔推しだったので、この時はこれぐらいでご勘弁いただいた。

クワクリン弁当

もしかしたら、この「クワクリン」も日本でこれからのノビシロがありそうなタイ料理の候補に挙がらないかなぁ〜と淡い期待を寄せたくなるが、残念ながら食べれる店はそんなに多くない。ベーシックなひき肉のみならず、タイ茄子が入ったり、タマネギもありだったりで、元がレッドカレーベースなので食べやすいのも魅力だ。

それこそ写真のような「クワクリン弁当」があればぜひぜひ食べてみたい〜。ご参考まで、バンコクのデパ地下ではこんな「クワクリン弁当」が普通に売られている。タイ南部料理ながら広がりを見せているのも、もしかしらた「クワクリン」のポテンシャルなのかもしれないし、日本でもそろそろスポットが当たりそうな気がする。