ブログネタ
カレーを食べに行こう! に参加中!
平日の午後1時過ぎにJR上野駅近くの「台東区役所食堂チカショクさくら」に出かけてきた。というのも、ナンプラーの香りが隠し味に使われている大人テイストの「アメ横カレー」が食べたくなったから〜。「区役所食堂のカレー」と聞くと、「ザ・昭和の黄色っぽいカレー」のイメージがなんとなくするが、「アメ横カレー」はひと味も、ふた味も違う「大人テイストの赤茶褐色カレー」である。

あめよこ1

また、具だくさんなのもうれしく、豚バラ肉に大ぶりカットのカレーの定番であるジャガイモ、ニンジン、タマネギがたっぷり。カレーが多いように見えるのは、「カレーのみ大盛り」(100円増し)にしたから。それでもレギュラー440円+100円の540円なのだからリーズナブル。

あめよこ2

ここに「ミニサラダ」と「日替わり小鉢(数種から選べる)のキュウリとわかめ+しらすの酢のもの」をつけてみたが、見た目からでも満足度が高いランチなのがおわかりいただけるだろう。「アメ横カレー」は、エリアの名所でもある「アメヤ横丁」のセンタービル地下の「アジア食材市場」をイメージしたのか、「ナンプラーが香る東南アジアテイストがある、唯一無二のカレー」でもある。個人的には、「ヘタなおしゃれ系のカフェカレー」なんかよりも相当に本格テイストだし、それでいて万人好みでもあるので、コスパは超がついちゃう優等生だろう。

あめよこ3

「チカショクさくら」といえば、「ごまペーストでパンダの顔をあしらったパンダカレー」(こちら)が、子供向けじゃない「大人のパンダカレー」として知られているが、「アメ横カレー」もオリジナルの名物メニューだと思う。カレーとしての完成度も高く、これからも「ガッツリと食べたくなる」機会が増えそうだ。