ブログネタ
インド系カレー に参加中!
北インドはガルワール地方料理をメインとしたインド料理「チャミヤラキッチン」(日暮里、住所は荒川区東尾久、最寄は舎人ライナー「赤土小学校前」で徒歩2〜3分)が今週末の19年6月30日で閉店することになった。理由は「建物の老朽化による立ち退きのため」で、開店6周年(オープンは13年7月7日、こちら)を前に現在はラストカウントダウンとなっている。

チャミヤラ サブジ1

私も自分が行けるタイミングでの「ラストランチ」を味わってきたが、「チャミヤラキッチン」のランチといえば、日替わりの「サブジ」(野菜のスパイス含め炒め煮)とバスマティライス、選べるチャパティーのベジ系羨望の組み合わせがインド料理ファンの琴線をぐぐっと刺激し続けてくれた。そして、中央の「ベジタブルカレー」もインドチーズ「パニール」入りがうれしい。

チャミヤラ サブジ2

そしてこの日の「サブジ」は、カブとジャガイモ。カブの茎や葉部分も使われており、根の部分も中まで火が通り、スパイスとの相性もなかなか。アフガニスタンあたりが原産とされるカブなので、合わないわけはない〜か。ジャガイモはいうまでもなくで、バスマティ米とともに楽しませてもらった。



チャミヤラ1

「チャミヤラキッチン」は、オーナーのアヌさんの故郷である北インド・ガルワール地方料理がディナー時に楽しめるのも大きな特徴で、たぶん日本では「チャミヤラ」だけでしか楽しめないダール系統のメニューも多い(こちら)。私もその味を最後に楽しみたく、最終日にでも訪問してみようと考えている。

(※姉妹店は秋葉原の「インド料理アールティ」。「チャミヤラキッチン」に変わる2号店の構想はあるそうだが、「チャミヤラ」とは別業態となりそうで、こちらは19年6月末でラストとなる)