ブログネタ
カレーを食べに行こう! に参加中!

仕事帰りに西日暮里のカウンターのみのインド料理「シルクロード」へ。目印は巨大な「カレーは別腹」の黄色い看板だ。時間は午後8時半あたりで、店内はカップル客で埋まっていた。その間の1席に着席したが、すでに目当ての「ビリヤニ(この日はシーフード)」が完売、両隣のカップル客の分で終了だった〜(※残して帰るなら2食頼むのはやめて欲しかった〜)。

べつばら外観

気を取り直して、「ダブルカレーライス」なる新しいメニューを頼んでみた。「キーマ」「バターチキン」「シーフード」「パラクパニール(ほうれん草とインドチーズ)」から2つをチョイス(※選んだのは「キーマ」と「パラクパニール」)。辛さ調節ができないのが残念だが、コックのマロウジさんのスパイス使いのマジックは変わらずー。

べつばら2

シンプル・イズ・ベストとはよく言ったもので、スパイシーながらも独特の酸味がクセになる「パラクパニール」と王道の「キーマ」といった感じ。ターメリックライスとの相性も良く、ご常連なのかこの「ダブルカレー」をサクッと食べて帰る女性のお一人さん客もいた。ロケーション柄、お客さんのほとんどはご近所さんのようで、私の後には「今週で3回目のテイクアウト」(マロウジさん)というご夫婦も。



べつばら1

確かにカウンター6席〜7席ぐらいのキャパの店なので、ディナー時は持ち帰りのお客さんと店内客でまんべんないにぎわい。「シルクロード」も「ビリヤニ」だけではない客層もしっかりとつかんでいる。
(※写真は「サラダ」。赤はパプリカなので辛くない)

なお、19年8月13日から店長のマロウジさんは年に1度のインド帰省だそうで、約1ヵ月ほど店は休みとなる。早ければ「9月初旬には日本に戻る〜」と話していた。営業時は基本休みなしの体制なので、帰省時ぐらいはゆっくりして欲しいものだー。