ブログネタ
タイ料理、シンガポール料理など東南アジア料理パート4 に参加中!
タイ料理宴会の際に悩むのが、「皆さんにこれだ!と感じてもらえる辛くないスターターの前菜&ツマミ」である。鶏の炭火焼き「ガイヤーン」や春雨サラダ「ヤムウンセン」、タイ式さつま揚げ「トートマンプラー」などの名前がサッと思い浮かぶが、インパクトも含めおすすめしたいのが海老のすり身揚げトースト「カノムパンナークン」だ。

ナークン1

写真は「プーケットオリエンタル」のバゲットの切り身を使った「カノムパンナークン」で、どんな料理かといえば、食パン(もしくはフランスパン)に、エビしんじょうのような「エビのすり身」を塗り盛りし、サッと揚げたものだ。こちらではゴマをたっぷりトッピングしてあり、さらなる香味も含ませている。

ナークン2

お次はタイ現地の人気タイスキチェーン「MKレストラン」での日本の店での「カノムパンナークン」。さすがタイスキ専門店だけあって、海老のすり身のボリュームがたっぷりで、トーストもサクサクタイプ。一瞬、「デニッシュ生地なの?」ぐらいにサクサクで、見た目以上に美味だった。

ナークン3

パン生地を崩して「海老のすり身」部分を見えるようにしてみたのがこちらの写真。甘い系統のタレ「ナムチム」をつけるのも良しだし、私は「MK」オリジナルのタイスキのタレを使ってみたが、ナンプラー&ナムマンホーイベースながら、パクチーの後味がほのかに香るので、「カノムパンナークン」との相性も悪くはない。




ナークン4

お次は日本のタイ料理店でありがちな一般的なスタイルの「カノムパンナークン」の写真を。トーストした食パンに海老のすり身を盛り付け&塗って、サッと揚げる。この料理がタイビールやハイボールと合わないわけはない。「食パンやフランスパンを揚げた〜」という段階でチープっぽいイメージが先行してしまうのかもしれないが、見た目以上にオイリーではないし、食べ口も軽いので「日本にはない辛くないタイ料理でアルコールにピッタリなメニュー」ではないだろうか。

(※同系メニューで豚のペーストを塗った「カノムパンナームー」もタイ現地ではポピュラーだが、調理の際に油が飛び跳ねるケースが多く、作りたくない〜とする作り手泣かせなので、日本ではあまり置いている店を見かけない)