ブログネタ
カレーを食べに行こう! に参加中!
池袋西口の「アジア型YAMITUKIカリー 西池袋店」に出かけてきた。ここ西池袋店はベトナム人スタッフで営まれている関係でカリーのほかに「バインミー」のメニューも充実しているのが大きな特徴だ。とりあえず今回はカリー推しで、「ゴーヤとベ−コンEGGのにがうまカリー」を注文し、焼きチーズといんげんをトッピングで加えた。

ヤミ1

センターにパクチーが散らされているが、見た目は「グラタンカレー」のように見えるが、あくまでも「アジア型」の看板を掲げているので、「アジアっぽい日式カレー」に仕上がっている。辛さの指定も無料でできるので、今回も激辛でお願いしたが、そこまでのホット感はないので、激辛でも「やんわりスパイシーでそれなりにホット感のある辛さ」ぐらいである。

ヤミ2

「焼きチーズ」トッピングでカリーの全容がわからないので、ライスに全量をぶっかけたのがこちらの写真。「ベーコンエッグだし、野菜と炒めた感じも、もしかして〜」で「ボルツ」や「チャオカリー」「夢民」っぽい見た目とメニューのネーミングも似ているような。なので食べやすいし、なんで今まで気づかなかったんだろう〜ぐらいの、食べ口も含めてDNAに近いものを感じた次第だ。

ヤミ3

そうなれば「ボルツ」「チャオカリー」好きには親近感しかわいてこない。次回は同じ「ゴーヤとベ−コンEGG」にキャベツとオクラでも加えて、より近い味わいに仕立てて味わってみたくなった。それにしても、ベトナム人スタッフさん達の手際の良さも光るなぁ。まかないも店内メニューからのようだし、どんな具の組み合わせが好きなのかも気になるところだ。