ブログネタ
タイ料理、シンガポール料理など東南アジア料理パート4 に参加中!
ランチで人気のタイ料理「バイケーオ」(板橋、東武東上線下赤塚駅前)に出かけてきた。評判店でもあり、女性グループで結構にぎわっている。うちひと組は近所での「タイ料理教室」の後なのだろう、「今日のグリーンカレーペーストの味はどうだったー」みたいな会話が聞こえてきた(※にぎやかしかったので聞いてしまった)。そのグループからの「グリーンカレーが美味しい」との声も入ってきたが、私が注文したのは「海老のガパオチャーハン」(※店のメニュー表記は「カオクッガパオ」になっている)。

カオクッガパオ1

「バイケーオ」の中でも「大辛メニュー」らしいが、あえて「辛口」、さらにオプションで「タイ式揚げ焼きカイダーオ(目玉焼き)」を追加した。色の濃さが目に入るが、これは「シーユーダム」によるもので、炒飯部分をほじくってみると、しっかりとタイのホーリーバジル「ガパオ」が数片登場した。あと具で目立つのがタケノコ片で、ベーシックなタイプのチャイニーズ・タイスタイルの味付けが特徴だ。

カオクッガパオ2

ランチでも大ぶりの海老を2尾使ってくれているのがうれしいが、タイの調味料「シーユーダム」の香りと味のベクトルが独特で、日本ではなじみのうすい味の系統でもあり、好き嫌いが分かれる味だと思う。私の中では「普通のガパオライスにすれば〜」とやや後悔した。これはメニュー写真が「ツユダクのガパオライス」に見えたもので、なんとなく避けてしまったのかもしれない(※ドライタイプの炒めが深いガパオ炒めの方が好み)。



バイケーオ 外観

とはいえ、全体的な印象も仕事っぷりがていねいだし、セットに添えられた澄ましスープ「トムジュー」も具だくさんで片手間味ではないし、ミニサラダにも気配りが感じられ、「人気店・バイケーオ」の片りんは伺えた。この手の店ならばチキンライス「カオマンガイ」も期待できそうで、次回はそんな注文をしてみたい。