ブログネタ
タイ料理、シンガポール料理など東南アジア料理パート4 に参加中!
先日の福岡・大名の「タイ料理居酒屋 ガムランディー」で久々に味わったのが「トムヤムクン・ナムサイ」。そう、写真の通りクリアスープの「トムヤムクン」で、実はタイ人でもこの「ナムサイ」を好む人が多かったりする。というのも、レモングラス(タクライ)をはじめ、タイハーブの香りとタイライム「マナオ」の果汁が入るなど、「ほど良い酸味と心地よい香りにエビの旨みが加わる」のがこの「ナムサイ」だからだ。

トムヤムクン ナムサイ

食前のスタータースープとしてもおすすめだし、辛さやオイリーさが抑えられていることで、スプーンが進むこと、進むこと。辛い料理があたりまえの「タイ料理」の中でも、スープでは「トムカーガイ」とともに、日本人でも遠慮なく楽しめると思う。ココナッツミルクも入らないので、好き嫌いを選ばない「トムヤムクン」でもある。

ナムサイ

また、都内でのタイ人グループとの会食の際にみんなでシェアしたのが写真の「ナムサイ」。「辛くなくって飲みやすいよ。これ飲むと食欲が出てくるから〜」とご年配に勧められ、改めて「トムヤムクン・ナムサイ」のおいしさに目覚めたのはこの時だ。というのも、どうしてもベタすぎてあまり日本のタイ料理店では「トムヤムクン」を頼む機会が減っていたが、この「ナムサイならばアリだなぁ〜」と10年ほど前の写真ではあるが、今となってはありがたい想い出である。



トムヤムクン

もちろん真っ赤なチリインオイル「ナムプリックパオ」入りの「トムヤムクン」の辛旨も捨てがたく、個人的には「夜宴会ならば、すっきりとしたクリアスープのナムサイ」、「ランチやタイ現地の有名店ではココナッツミルクと真っ赤なスープのトムヤムクン・ナムコン」と使い分けるのも「トムヤムクン」の楽しみではないだろうか。