ブログネタ
タイ料理、シンガポール料理など東南アジア料理パート4 に参加中!
JR赤羽駅西口のショッピングモール「ビビオ」1階にオープンしたタイ料理の新店「PAPAYA(パパヤ)」にディナー訪問してみた。ロケーション柄ランチタイムは結構なにぎわいを見かけるが、平日夜となるとひとり客が多い感じで、「まだまだこれから〜」という感じか。ただ、タイ人コック氏の腕はなかなかのもので、今回軽く飲んだ2軒目として出かけたが、注文した「ホーイマレンプー・オップ・モーディン」(タイの緑イ貝の香草蒸し)は、日本で食べてきた中ではベスト3に入る味わいだった。

パパヤ ホーイマレンプー

日本のタイ料理店での同じ料理では主役の貝(ホーイマレンプー)が小ぶりであることが普通だが、「パパヤ」の
はタイ現地サイズ。注文すると、コック氏が盛んに「貝が大きいからウチの店のは味が違う!」ぐらいの感じで熱く語っていたが、運ばれてきた皿を見て仰天した。「話半分で聞いちゃってゴメンネ〜」と厨房に向けて親指を立てて合図しておいた。

さらにレモングラス(タクライ)とガパオ(タイのホーリーバジル)をふんだんに使った「タイハーブ(香草)蒸し」なので、香りが心地良く、蒸し汁を「ホーイマレンプー」にかけたり、そのまま味わっても絶品だった。

ホーイマレンプー 現地

参考まで、タイ現地での同じメニューの写真がこちら。貝の大きさは変わらないことが一目瞭然だ。そして、タクライ&ガパオもしっかりと鍋中にたっぷりと使われている。そう、写真だけでならば「パパヤ」の方がおいしく見えてしまうのは私だけではないだろう。




パパヤ 外観

初訪問時の「鶏肉のガパオライス」も、味付けが濃すぎず、うす過ぎずでなかなかの味わいだったが(こちら)、まだまだ引き出しも多そうで、次回は別料理で試してみたくなった。また厨房にはタイ人女性のコックの姿も見られ「パッタイ」のフライパンをあおっていた。もしかしたら「ホールもタイ人スタッフになるかも〜」ぐらいの期待も膨らんできた(※現在はネパールの方で、タイ料理をあまり知らないようだった)。