ブログネタ
タイ料理、シンガポール料理など東南アジア料理パート4 に参加中!
少し前になるが、福岡・大名のタイ料理居酒屋「ガムランディー」で「ホーモッククロックはじめました」と聞いて、ニヤッとしたことがあったが、日本にありそうで〜似ている味のものがないーぐらいの例えになるのがこの「ホーモッククロック」だ。

ホーモッククロック3

レッドカレーをベースにした魚のすり身(具も魚)が、この土製蒸し器で供される不思議なタイ料理である。魚の種類はサバだったり、白身だったりいろいろだが、共通するのが「レッドカレー味」であること。フタを開けるとタイハーブとともに、レッドカレーの風味が広がっていく。

ホーモック1

そしてココナッツミルクの独特の香りも広がっていく〜。スプーンやレンゲでちょうど収まるひと口サイズなので食べやすく、意外と熱くないのも特徴かもしれない。この「ホーモッククロック」は見た目も食欲をそそるし、味も日本人にもなじみやすいので、「日本でも流行るかも?」と前々から何度か紹介してきたが、今現在も知る人ぞ知る〜ぐらいなマイナーな存在のままだ。



ホーモッククロック2

ただ、東京・田端の「ポム タイ料理」では、イチ推しメニューになっているし、店の人気メニューのひとつでもある。ポムさんがタイ大使館の調理担当をしていた時にも日本人のお客さんには好評だったと話していた。特に人数が集まる宴席などでは、「ひとり・ひとつ」ぐらいの前菜にはもってこい〜だと思う。タイ料理店のメニューで見かけたら、ぜひぜひ試してもらいたい「タイカレー味の不思議な蒸し物」である。