ブログネタ
タイ料理、シンガポール料理など東南アジア料理パート4 に参加中!
第2回「タイフェスティバル2019」が19年11月2、3日の2日間、天神中央公園で開催される。昨年が第1回でJR博多駅前広場で行われたが、台風の余波で1日だけの短縮開催だった。今年は天候は大丈夫そう。さらには前日の11月1日夕方からは「前夜祭」が行われるーとの告知を見て、ちょうど九州出張中でもあり夕方会場をのぞいてみた。

ソメイヨシノ51

すると、メインステージではタイからのゲストアーティストとして出演するアイドルグループ「ソメイヨシノ51」がリハーサルを行っている最中だった。写真でもなんとなくおわかりのように観客はゼロ。関係者のみのリハーサルが普通に演じられていた。チェンマイ出身の25人組とのことだが、ステージ上には8人しかいない〜。

タイフェス

そんなたわいもない話を料理ブースの出店準備中だった「ガムランディー」の進藤オーナーさんとしながら、「前夜祭なのに、料理ブースで営業中なのは『マンゴツリービストロ博多店』ぐらい」で、チャーンビール、シンハービールのブースも静かな感じ。

タイフェス福岡

会場には「ラーマ10世国王陛下戴冠式展示ブース」やタイ観光庁、タイ国際航空、ライオンエアーなどのブースも。先週来ニュースをにぎわせていたワチラロンコーン国王のお姿をここで拝見するとは〜。政府や行政機関などのブースが出展されるのは「タイフェス」らしい光景ともいえよう。


チャーン

この日の福岡は日中は最高気温が夏日の25度を記録したそうで、11月とは思えない陽気。明日も同じような天気らしく、日中は「タイフェス福岡」も大いに盛り上がりそうだ。タイ料理ブースには、私のブログでもおなじみの「ガムランディー」「ドゥワンディー」が隣同士で出店。2日の開幕にも出かけるので、そんな模様を明日お伝えしたい。

マンゴツリー博多

(※「マンゴツリービストロ博多店」の汁めん「クイティオ・ナーム」。自家製ビーフンのセンレックが美味だった)