ブログネタ
タイ料理、シンガポール料理など東南アジア料理パート4 に参加中!
東京・沼袋(中野区)のタイ料理「ロムタイ」でランチのタイ式チキンライス「カオマンガイ」を試してきた。チキンのカットが全体的に大ぶりで食べ応えも充分。これぐらいのチキン片だと「カオマンガイ喰った!」ぐらいの満足度になる。

ロムタイ カオ2

それでいてチキンもジューシーな仕上げ。そしてチキンスープで炊いたタイのジャスミンライス「カオホムマリ」も味わいもやさしく、とても食べやすい仕上げだった。タレのナムチムもタイの液状みそ「タオチオ」ベースのオーソドックスなスタイル。女性客が多いこともあるのか、ニンニクは全体的にひかえめ〜。

ロムタイ カオ1

ランチセットの全容はこんな感じ。チキンスープ、生春巻付き。この生春巻と比べても、「カオマンガイ」のチキン片を含めた全体の大きさがおわかりいただけるだろう。
「カオマンガイ」だと、おいしくても小さくまとまった感の店が多く、男性の胃袋だとちょっともの足りないぐらいで、「大盛りにすればよかった」なんてことも多々あるが、さすがにそんなことはない。

ロムタイ外観

「ロムタイ」は前回は都内でも珍しい部類のミャンマー風カレー「ゲーンハンレー」編(こちら)で紹介したが、オープン1周年を機に、北部タイ料理に力を入れる店になった。「カオマンガイ」はタイ全土料理なので、あえて北部というわけではないが、「ナムプリックオーン」「サイウア」など北っぽい味わいを楽しみにまた出かけてみたい。