ブログネタ
タイ料理、シンガポール料理など東南アジア料理パート4 に参加中!
関西出張のタイミングで19年11月16日に開業する大阪駅前「LINKS UMEDA」の内覧会に出かけてきた。ヨドバシカメラが手がける新商業施設で、地下1階の「イート&ウォーク」には、京都でタイキッチンパクチー(「三条パクチー」「四条パクチー」こちらなど)の新業態「タイ&ベトナム レモングラス」も出店している。

レモングラス 外観

店を覗いていると、菊岡オーナーご夫婦と初めてご挨拶することができた。以前連絡させていただいた機会があり、「ガパオで書いている方ですね」と覚えていただいてホッとひと安心。「三条パクチー」などを展開している中で、あえて「レモングラス」の名前でこちらに出店(※京都タワーにもタイ・ベトナム料理業態で出店している)したことについて、「三条、四条などの『パクチー』を出店した当時はこの店名で良かったんですが、パクチーブームが起こったことで、『パクチー専門店』と勘違いされてしまうケースが多々あり、ベトナム料理にも注目していたので、店名『レモングラス』にしましたー」とのことだった。

レモン ガパオライス

「レモングラス」でも、タイ料理盛りだくさんのランチプレート「バンコクランチ」などもウリにしていくそうで(※「四条パクチー」の「ビジネスランチ」こちら)、これも楽しみ。今回はお約束〜ではないが、「ガパオライス」をライス軽めでお願いした。「ウチの店はガパオ炒めが看板メニューのひとつです」と話していたが、写真の通りの出来栄えで、辛さはやや抑えめではあるものの、レッドパプリカ、ピーマンとともに、主役のガパオの葉(タイのホーリーバジル)もしっかりと。目玉焼き「カイダーオ」のリクエストを厨房のタイ人コック氏にひと声かけてみれば、こちらもタイ式揚げ焼きの出来栄えだ。味付も濃からず、薄からずなので食べやすく、ドライタイプの好みのタイプであった。

レモン クルワンプルーン

同じ「LINKS UMEDA」内の上層階には関西初出店の「東京ガパオ」の名前もあったが、京都の人気店のオペレーションが「レモングラス」でも発揮されるわけで、個人的にはとても楽しみ。また近隣には評判店の「チェディルアン」(こちら)や「スワンナプームタイ大阪店」(こちら)、グランフロント・うめきた広場の「マンゴツリーキッチン カオマンガイ」(こちら)など、2ケタ超のタイ料理店がひしめく激戦地でもある。評価が高い店が競い合うことで必然的に大阪駅・梅田周辺のタイ料理のさらなるレベルアップも期待できそうだ。

(※写真は調味料セット「クルワンプルーン」のトリセツ。テーブル常備なのはありがたいし、わかりやすい)