ブログネタ
タイ料理、シンガポール料理など東南アジア料理パート4 に参加中!
この厳しい環境下でも日本で流行って欲しい(流行りそう〜)なのびシロたっぷりなタイ料理がある。それが今日紹介する「カオクルックガピ」。センターに蝦醤調味料のガピを使ったチャーハン(タイ米カオスワイ使用、オイリーさは少ない)。これを色とりどりのフルーツや玉子焼き、刻み野菜などの副菜おかず類とともに混ぜ合わせて好きなように食す。
ガピ1
写真はタイ・バンコクでのものだが、ソムオー(ポメロ)の果実さのう、刻んだホムデーン(アカワケギ)、マナオ(タイのライム)、すっぱいマンゴーの短冊切り、カイジャーオ(玉子焼き)、プリック(刻んだ生のトウガラシ)、ムーヨン(豚肉でんぶ)刻んだテンクワー(タイのキュウリ)、パクチーなどが添えられている。
それこそタイ料理の醍醐味である甘辛折衷に酸味やしょっぱさなどがこのひと皿で楽しめるほか、好みで好きな副菜だけ混ぜて食べることも、もちろんアリだ。
ガピ2
こちらの写真もバンコクのフードコートでのものだが、コメが赤米を使っているのが目をひく。単にガピチャーハンを食すだけではなく、玉子焼きと混ぜながら、すっぱいマンゴー片を加え、ここにタイライム「マナオ」の果汁をひと搾り〜なんて食べ方や、刻みプリックに刻みササゲを加え、ここにマナオを果汁とか、思い思いに好きなように食べるのが楽しい。
ガピ4
日本のタイレストランではまだまだ」メニューに置いてくれる店は少ないが、ある程度の副菜は再現可能なので、すっぱいマンゴーをパイナップルやたくあん系の漬物に置き換えたり、豚肉でんぶは「豚肉の甘辛炒め」など工夫次第での代用もできる。
蝦醤の「ガピチャーハン」さえ作ることができるならば、弁当やテイクアウトにも向いているような気もしないではない。
(※写真は上野駅前「シヤートムヤムクンポーチャナー」で、リクエストに応えてくれたもの。タイレストランなら、これぐらいのアレンジはできる店が多い)

急に「カオクルックガピ」を紹介したくなったのは、一番は「食べたいから」。二番は「タイで食べたい(行きたい)から」、三番が「日本でも、もっと流行っても不思議じゃない〜」なのだが、やはり「自由に行き来できる日が戻ること」が一番だと。1枚め、2枚めの写真のような「カオクルックガピが食べたい〜」。