ブログネタ
タイ料理、シンガポール料理など東南アジア料理パート4 に参加中!
GWのスタートにタイ料理のグリーンカレー麺「カノムチーン・ゲーンキョワーン」の日本スタイルである「素麺」での代替を紹介したが(こちら)、さっそく自宅で試す機会に恵まれた。というのも、偶然ながら近所のスーパーで「揖保乃糸素麺弁当」を見かけ、割引になっていたこともあり衝動買いしてしまった。もちろん「グリーンカレー麺」が浮かんだからだ。

さっそくこれを麺に使い、ヤマモリのタイ現地産レトルト「こだわりハーブのグリーンカレー」をベースに、お手軽「グリーンカレー素麺」を実食してみた。
カノム1
なんのことはない。「素麺弁当とレトルトグリーンカレー」を合わせただけなのだが、写真でおわかりの通り、「グリーンカレーにはタイハーブがたっぷり」「素麺も揖保乃糸」なので、自宅で手軽に楽しめる組み合わせとしては、結構な再現度で楽しめる。
カノム3
実際に「こだわりハーブのグリーンカレー」と「揖保乃糸素麺」を合わせてみたのがこちら。具のタイハーブとタイ野菜は、日本では集めるのも難しい「タイ現地産」ならではの恵み。写真左の大きな葉っぱは「バイマックルー(こぶみかんの葉)」(日本で手に入るのはドライタイプが一般的)、中央に見えるグリンピースのような粒はタイの苦みがうま味の小茄子「マクアプワン」(スズメナスビ)。さらにはもちろん丸茄子「マクアプロ」も使われている。

グリーンカレーには必須であるタイバジル「ホーラパー」も香りと彩りを添えてくれているほか、レモングラス「タクライ」、パクチーの根っこ(※これ大事!)、なんきょう「ガランガル」にココナッツミルクなどなど。
カノム2
そんなハイスペックなレトルト「グリーンカレー」と「揖保乃糸」なので、充分に「カノムチーン・ゲーンキョワーン」風の「グリーンカレー素麺」として楽しむことができた。「揖保乃糸」のノド越しとグリーンカレーの相性も予想通り。

もちろんタイ現地では極細ライスヌードル「カノムチーン」を使うので、「揖保乃糸」とは「コメ(タイ米)と小麦」の麵原料違いではあるのだが、すべてのタイ食材が手軽に、気軽に輸入できるわけではないので、日本で、自宅で楽しむ「グリーンカレー素麺」としては充分にアリだろう。

※ヤマモリ「こだわりハーブのグリーンカレー」新発売 21年 こちら

※タイ北部系トマトつけ麺「カノムチーン・ナムギョウ」 こちら