ブログネタ
鰻・うなぎ にょろにょろ〜 うまいのよ に参加中!
今回も「カレーとタイ料理」ではなく(※出張が続き旬ネタ切れ)、百年食堂シリーズで明治2年(1869年)創業の鰻屋「近三」(きんさん)の訪問記を。東京メトロ小伝馬町駅から江戸通りを蔵前方面に徒歩3〜4分進むと「近三」の看板が目に入る。左折し石畳の小径の先に店がある。
近三2
職場から近いので、しょっちゅう通りがかるが、年に1回行くか行かないかぐらいの頻度で、今年は年の瀬に初訪問。1階はテーブル席、2回は畳の座敷で、個室などもある。1階から2階に上がるスペースに「サッカーの松木安太郎氏の写真やトロフィー」などが飾られている。現在は解説者として活躍されている同氏のご実家なのだそうだ。


近三1
注文したのは「うな重(竹)」(税込み5890円)。うなぎは「竹」で1・5尾。「梅」が1(同4300円)、「松」が2(同7430円)。ともに「きも吸い」「漬物」付。

九州産のうなぎを使用し、一度蒸しあげてから焼きをいれる「関東風」。創業時から継ぎ足しで使っているタレが自慢だそうで、明治2年創業となれば、まさに「文明開化の味」ともいえるだろう。ごはんは「あきたこまち」とのことで、以前の銘柄は存じないが、「あきたこまち」の誕生が1984年(昭和59年)なので、昭和末期からの採用なのだろうか。

ふっくらやわらかなうなぎを、抹茶色の山椒とともに楽しませてもらった。店は江戸風情が残る造りで、通りに出れば江戸通りの喧騒だが、座敷で楽しんでいると、昭和期に戻ったような、ゆったりとした空気感の中で「うな重」が味わえる。

※鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽)で「うな重 亀」 こちら

※急成長チェーン「鰻の成瀬 日本橋店」で「うな重 松」(ん?、あれっ?) こちら