管理会計論

2009年08月27日

戦略的意思決定 プロジェクトの評価方法


1.正味現在価値法

未来の現金流出入額を資本コストで割り引き、その合計から投資額を控除して正味現在価値を算定し、算定した正味現在価値がより大きなプロジェクトを有利とする評価法である


正味現在価値=未来の現金流出入額の現在価値 - 投資額



2.現在価値指数法(収益性指数法)

未来の現金流出入額を資本コストで割り引き、その合計を投資額で除して、投資の収益性を算定し、その指数が最も高いプロジェクトを有利とする評価法である


現在価値指数=未来の現金流出入額の現在価値 ÷ 投資額



3.内部利益率法

未来の現金流出入額を資本コストで割り引いた額が、投資額と等しくなる独自の利益率(割引率)を求め、その利益率が最も高いプロジェクトを有利とする評価法である

投資額=未来の現金流出入額の現在価値


4.回収期間法

投資額を未来の現金流出入額で回収するに要する期間を計算し、その回収期間が最も短いプロジェクトを有利をする評価法である

回収期間=投資額 ÷ 未来の現金流出入額 (※現在価値ではない)


5.投資利益率法(会計的利益率法)

財務会計上の年平均利益額を、平均投資額で除して投資利益率を求め、その投資利益率の高いプロジェクトを有利をする評価法である

投資利益率=年平均利益率 ÷ 平均投資額 (※総投資額でもOK)

ma_hiro0508 at 01:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月24日

戦略的意思決定 基礎



意義

企業環境の動態的変化に対応して経営資源を配分し、起業の持続的競争優位性を確保するために採るべき基本方針ないし方策について決定すること。


戦略的意思決定のうち、設備投資意思決定

基礎概念
  • 会計単位 = 個々のプロジェクト
  • プロジェクトの予想貢献年数 = 経済命数(経済的耐用年数)
  • 現金流入額(キャッシュフロー)
  • 時間価値 ⇒一般に現在における現金流入額は将来における現金流入額より、高い価値を持っている。

・時間価値に関連する係数

_1)利殖係数 = (1+利子率)年数乗

1_2)現価係数 = 1÷(1+利子率)年数乗

_3)年金現価係数 = 1)-1÷利子率(1+利子率)年数乗

_4)資本回収係数 = 利子率(1+利子率)年数乗÷(1+利子率)年数乗-1


資本コスト

資本コストの種類
  • 調達源泉別資本コスト
  • (加重)平均資本コスト
_投資決定に用いる資本コスト ⇒ (加重)平均資本コスト

(加重)平均資本コスト
=他人資本の資本コスト×(1-税率)×他人資本比率+自己資本の資本コスト×自己資本比率

ma_hiro0508 at 18:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

業務的意思決定 経済的発注量分析


経済的発注量分析(EOQ:economic order quantity)


定量発注方式を採用する場合、在庫関連費用の合計が最小となる、1回当たり発注量分析


1.発注コスト

発注コスト=1回当たりの発注コスト × 年間需要量 ÷ 1回当たり発注量(Q)


2.保管コスト

保管コスト=1単位当たりの年間保管コスト × 1回当たり発注量(Q) ÷ 2


3.経済的発注量(EOQ)算定

1.=2.

1回当たりの発注コスト × 年間需要量 ÷ Q=1単位当たりの年間保管コスト × Q ÷ 2




経済的発注点分析(EOQ:economic order point)

在庫量がその水準に達したときに発注するべきである在庫水準の分析

経済的発注点(EPO)=見積消費量 × 補充期間 + 安全在庫量


ma_hiro0508 at 17:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月20日

CVP分析 図表


損益分析図表

CVP 損益分岐図表_gif



限界利益図表

CVP 限界利益図表_gif



多品種限界利益図表

CVP 多品種限界利益図表_gif



利益計画図表


CVP 利益計画図表_gif



ma_hiro0508 at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

管理会計論



論点(大分類)
  1. 費目別計算
  2. 部門別計算
  3. 個別原価計算
  4. 総合原価計算
  5. 標準原価計算
  6. 直接原価計算
  7. CVP分析
  8. 意思決定
  9. 分権組織の管理会計(事業部制会計)
  10. ハイテク会計
  11. 財務情報分析


論点(中分類)



1.費目別計算

(1)材料費計算
(2)労務費計算
(3)経費計算
(4)製造間接費計算


2.部門別計算


(1)実際配賦
(2)予定配賦
(3)補助部門費の配賦基準と配賦金額
(4)その他


3.個別原価計算


(1)個別原価計算


4.総合原価計算


(1)単純総合原価計算
(2)工程別総合原価計算
(3)追加原材料
(4)組別総合原価計算
(5)等級別総合原価計算
(6)連産品


5.標準原価計算


(1)製品原価計算
(2)原価差異
(3)仕損・減損
(4)工程別標準原価計算


6.直接原価計算


(1)直接原価計算
(2)予算管理


7.CVP分析


(1)CVP分析


8.意思決定


(1)業務的意思決定
(2)戦略的意思決定
(3)リスク考慮意思決定


9.分権組織の管理会計(事業部制会計)


(1)分権組織の管理会計


10.ハイテク会計


(1)原価企画
(2)活動基準原価計算、管理、予算
(3)品質管理会計(品質原価管理)
(4)ライフサイクル・コスティング
(5)生産、在庫 管理会計
(6)起業価値評価
(7)バランススコアカード
(8)資金管理
(9)その他


11.財務情報分析


(1)財務情報分析
(2)収益性分析)
(3)安全性分析
(4)生産性分析
(5)成長性分析

ma_hiro0508 at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

CVP分析 指標 まとめ


製品単位当たり変動製造原価  380円/個

製品単位当たり変動販売費      160円/個

固定製造原価               1,915,000円   

固定費及び一般管理費          920,000円   

年間予想販売量                13,125個


――――1個当たり     通常計算      損益分岐点        目 標   
売上高      900     11,812,500     7,087,500     14,175,000   
変動費      540       7,087,500           
限界利益     360      4,725,000     2,835,000       5,670,000   
固定費                      2,835,000     2,835,000      2,835,000   
営業利益              1,890,000                 0        2,835,000   20%
――――――――――――――――――――――――(目標営業利益率)

限界利益 = 限界利益 ÷ 売上高                   

                40%   

損益分岐点売上高 = 固定費 ÷ 限界利益                   

                7,087,500    円

損益分岐点販売量 = 固定費 ÷ 単位当たり限界利益                   

                7,875    個

目標営業利益額達成売上高 = (固定費+目標営業利益) ÷ 限界利益率                   

                14,175,000    円

目標営業利益率達成売上高 = 固定費 ÷ (限界利益率 - 目標営業利益率)                   

                14,175,000   

安全余裕額 = 売上高 - 損益分岐点売上高                   

                4,725,000   

安全余裕率 = 売上高 - 損益分岐点売上高 ÷ 売上高 × 100%                   

                40%   

安全余裕率 = 安全余裕額 ÷ 売上高               

                40%

損益分岐点比率 = 100% - 安全余裕率               

                60%

損益分岐点比率 = 損益分岐点売上高 ÷ 売上高 × 100%               

                60%

経営レバレッジ係数 = 限界利益 ÷ 営業利益               

                2.5

経営レバレッジ係数 = (固定費 + 営業利益) ÷ 営業利益               

                2.5


ma_hiro0508 at 20:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

CVP分析 指標



損益分岐点


損益分岐点売上高 = 固定費 ÷ 限界利益

損益分岐点販売量 = 固定費 ÷ 単位当たり限界利益



目標利益達成売上高


目標営業利益額達成売上高 = (固定費+目標営業利益) ÷ 限界利益率

売上高          ?
変動費 
−−−−−−−−−−−
限界利益     4,000  限界利益率 40%
固定費      3,000
−−−−−−−−−−−
営業利益     1,000


目標営業利益率達成売上高 = 固定費 ÷ (限界利益率 - 目標営業利益率)


売上高          ?
変動費
−−−−−−−−−−−
限界利益            限界利益率 40%
固定費      3,000
−−−−−−−−−−−
営業利益        ?   目標営業利益率 10%



安全余裕率


安全余裕率は、売上高が損益分岐点売上高からどのくらい離れているかを示すもので、企業活動の安全性を示す指標である。


安全余裕額 = 売上高 - 損益分岐点売上高

安全余裕率 = 売上高 - 損益分岐点売上高 ÷ 売上高 × 100%

又は

安全余裕率 = 安全余裕額 ÷ 売上高


(参考)

売上高利益率(売上営業利益率) = 安全余裕率 × 限界利益率



損益分岐点比率


売上高に対する損益分岐点売上高の割合


損益分岐点比率 = 100% - 安全余裕率

又は

損益分岐点比率 = 損益分岐点売上高 ÷ 売上高 × 100%



経営レバレッジ係数

企業経営における固定費の利用を測定する尺度であり、安全余裕率と逆数の関係にある。

経営レバレッジ係数 = 限界利益 ÷ 営業利益

又は

経営レバレッジ係数 = (固定費 + 営業利益) ÷ 営業利益

ma_hiro0508 at 19:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月19日

CVP分析 限界利益


限界利益とは、売上高から変動費を控除した額であり、
「固定費を回収し、利益の発生に貢献する額」を意味する。


限界利益=売上高−変動費  又は 固定費+営業利益

限界利益率=限界利益÷売上高


売上高     10,000
変動費      6,000 
−−−−−−−−−−−
限界利益     4,000   限界利益率 40%
固定費      3,000
−−−−−−−−−−−
営業利益     1,000

ma_hiro0508 at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

CVP分析 原価分解(固変分解)



最小自乗法(回帰分析法)


連立方程式

ベース y=bx+a (下図参照)

CVP genkabunkai_gif

ベースを元に 全てに ∑(一部 n )をかける
  • 1式 ∑y=b∑x+na  ∑=データ全てを足す  n=データのサンプル数

1式を元に 全てに x をかける
  • 2式 ∑xy=b∑x2(2乗)+a∑x

方程式を解く



ma_hiro0508 at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

CVP分析

意義

営業量(Volume)が変化したときに、原価(Cost)や利益(Profit)を含め
分析することを言う。

CVP分析の中で、
固定費とは「操業度の増減で変化しない原価要素をいい
変動費とは「操業度の増減で比例的に増減する原価要素をいう



目的

短期利益計画において有用となる。

短期利益計画は以下の2点から成る
  • 大綱的利益計画
  • 予算編成 (予算統制)



論点

  • 原価分解(固変分解)
  • 限界利益
  • 指標
  • 図表
  • CVPC分析


ma_hiro0508 at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)