mama

思いつくまま気の向くまま
コメなしTB大歓迎。アダルト系TBはお断り。
いただいたTBは必ずお返ししています。時々反映されないことがあるようですがご容赦ください。

映画レビューはひたすらmamaの個人的感想です。基本的にネタバレ含みますのでご注意ください。

忠臣蔵 その義その愛

忠臣蔵その義その愛
2012年:テレビ東京(新春ワイド時代劇)
原作はなく、堀部安兵衛の視点から描いた作品。

堀部安兵衛   内野聖陽
大石内蔵助   舘ひろし
ほり      常盤貴子
浅野内匠頭   市川染五郎
奥田孫太夫   榎木孝明
高田郡兵衛   山田純大
片岡源五右衛門 金子昇
大石主税    有岡大貴
吉田忠左衛門  若林豪
堀部弥兵衛   橋爪功
吉良上野介   柄本明
吉川山右衛門  村田雄浩
色部又四郎   内藤剛志
りく      萬田久子
あぐり(瑤泉院)田中美里
続きを読む

ゴースト〜天国からのささやき シーズン4

ゴーストS4
GHOST WHISPERER Season4
2008年:アメリカ
原作:ジョン・グレイ
出演:ジェニファー・ラブ・ヒューイット、デヴィッド・コンラッド、カムリン・マンハイム 、ジェイミー・ケネディ、クリストフ・サンダーズ

第1話「あらたな霊能者」。ロックランド大学で起きた火災でジムは心理学の教授であるイーライを救出し、イーライは奇跡的に一命を取り留める。病院で、火事で亡くなったはずの生徒に話しかける彼の姿を見て、メリンダとジムは驚きを隠せない。眼帯をしており自分が霊と話していることに気が付いていない様子のイーライに、2人は真実を告げるが、火事の後遺症によるトラウマだとして信じようとしない。
第2話「10年目の再会」。メリンダは、高校時代のクラスメイトが不可解な死を遂げたことにより同級生と再会する。同級生の顔と名前をほとんど一致できない中、イアン、ルーカス、ヘイリー、グレースの4人だけ思い出すが、後にルーカスまでが謎の死によりこの世を去る。真実を暴くため、高校時代に変人視されていたメリンダの特殊能力を今こそ信じたいとグレースが尋ねてくる。メリンダはイーライとともに、ルーカスの霊を探し出し彼がどのように死んだのかを聞き出す。
第3話「アバター霊」。ネッドにオンラインゲームを見せてもらった際、メリンダは霊がゲームに参加していることに気付く。その霊はフェニックスというアバターを使い、アリーゼという若い女性に執着していた。メリンダはイーライとともに、ネッドのオンラインゲーム上で彼女を困らせている霊の正体を暴く。
第4話「海に消えた愛」。メリンダとジムは廃船を控えたSSクラリドンの最終クルーズに参加し休暇を取ろうとする。航海に出るや否や、メリンダは隣の個室にいる新婚のカップルに危険な霊が襲い掛かっていることに気付く。メリンダはどうにかして霊を新婚カップルから遠のかせようとする。
第5話「愛と友情の狭間で」。転校生であるオリビアとテニスをしているとき、ネッドはクラスメイトのダイアナが倒れるのを目撃する。ネッドとオリビアが付き添いダイアナは病院に搬送されるが、そのまま帰らぬ人となってしまう。次の瞬間、メリンダはダイアナの精霊が身内ではなくオリビアの家族と去っていくのを見て驚く。オリビアはネッドにダイアナととても親しい仲であったことを告げる。
第6話「決して君を忘れない」。ジムとメリンダの友人トリシアの結婚式直前に少年の霊オーエンが現れて、トリシアの娘を通してトリシアにゲームをするよう強要する。仕方なくゲームを続けていくうちに、オーエンはトリシアが子どもの頃に仲良くなった少年で、彼女を不幸な結婚から守るために結婚相手ハンターの秘密を教えようとしていたことがわかる。そして秘密がばれて結婚解消になり捨て鉢になったハンターがジムに銃を向け、もみ合ううちにジムが銃弾に倒れる。
第7話「愛の決断」。メリンダは悲しみで霊が見えなくなり、ジムの霊が話しかけてもわからずにいた。そしてやっとジムの霊が見えるようになった時、断腸の思いでジムを光の中に送ろうとするが、ジムはメリンダを愛するあまり留まろうとする。そんな時、少女の霊が現れてジムの死は自分のせいだと告白する。霊を助けたためにジムが命を落とす羽目になったと自分を責めて霊にかかわるのを嫌がっていたメリンダだが、その告白を聞いて霊の正体を調べ始める。
第8話「愛の奇跡」。ジムの霊がサムの体に入ったことを確信するメリンダ。だがサムは記憶喪失で自分の記憶もジムの記憶もない状態だった。サムの中にいるジムが自分を認識するのを待つメリンダだが、サムの家族が現れてミシガンへ連れて帰ろうとする。そしてデリアはメリンダの言動を深い悲しみのせいだと解釈する。八方塞がりの中で、ジムが見せた捨て身の愛に応えようとするメリンダ。そんな時、サムにジムの記憶があることがわかる。
第9話「井戸にかけた願い」。願いごとを叶えてくれるという井戸から少女の霊が現れて井戸に願いごとをしたサムに警告するのを見たメリンダ。その霊は12年前から行方不明になっている少女で、その言動から少女の死が井戸に願いごとをしたことと関係があることがわかる。そして井戸から少女の骨が発見されると、少女は兄のせいで死んだと兄を責め始める。そんな時、撃たれたジムの記憶がサムによみがえり、サムが事故前に誰かに贈ろうとしていた指輪が見つかる。
第10話「愛の囚人」。夫や子どもの世話にこだわる霊タミーが現れる。だが彼女は死んだ自覚がなく何があったか思い出せずにいた。メリンダがタミーを家に送ると、夫には新しい妻がいてタミーは2年前に失踪したと告げられる。タミーの微かな記憶をたどるうちに彼女の遺体が見つかり、同時に6年前に失踪したサラという女性と同一人物だとわかる。家族を捨てて駆け落ちし、次の夫も捨てて失踪して死んだと思われたが、背景には恐ろしい事実が隠されていた。
第11話「魂のSOS」。デリアが売却委託された家から救急車要請の通報が入り、少年の霊が現れる。その後も何度もかけられるその通報は2年前にその家の少年が芝刈り機に巻き込まれて死んだ時の通報だった。父親の過失で少年が事故死して、それをきっかけに家族が離散したことを知ったメリンダは霊の心残りが家族を元に戻すことにあると考える。そんな時、少年の兄がその家で自殺を図る。そしてその場に居合わせたサムにジムの救命士の記憶がよみがえる。
第12話「過去との対峙」。メリンダは恋人に会いに行くサムに同行して、ジムであることを気づかせるためにジムとの思い出をたどろうとするが、行く先々で霊に助けを求められる。一方、デリアは高校の旧友たちと自宅で再会するが、高校時代に死んだ友人アンジーの霊も来てしまう。そんな折、ネッドの部屋でマリファナの吸い殻が見つかる。厳しく諭そうとするデリアだが、アンジーのせいで高校時代にマリファナを吸ってたことをネッドに知られてしまう。
第13話「湖底の霊たち」。湖から多くの霊が現れて、彼らの遺体が湖底で発見される。 メリンダとイーライが霊たちの遺体が湖底で発見された理由を調べていくと、火葬を請け負った葬儀場がからんでいることがわかる。霊たちを救う努力をする一方で、メリンダはサムの恋人ニコルの出現に不安を感じながらも、サムの中にいるジムの記憶が戻ってくれることをひたすら信じて待つしかできずにいた。そんな時、子どもを望んでいたジムの記憶がサムによみがえる。
第14話「語れない秘密」。サムとの初デート中に女性の霊が現れる。自分の娘から男子大学生ティムを遠ざけるようにメリンダに要求するが、理由は決して語ろうとしない。サムとの恋愛を進行させたいメリンダは霊の心残りを早急に解決するために、霊が決して語ろうとしない真実をイーライと探っていく。一方、メリンダの事情を知らないサムは、恋愛に集中しないメリンダに対し、夫を亡くしたばかりだからデートをためらっているのだと誤解する。
第15話「真夜中の儀式」。布袋を頭にかぶったスリップ姿の女子学生の霊が現れる。状況から女子友愛会「ソロリティ・シスターズ」の入会者だと思われた。時を同じくして入会者が入会の儀式の途中で行方不明になる。その霊が行方不明の学生だと考えたメリンダがイーライと真相を探っていくと、長年続いている入会の儀式で悲劇が起きていたことがわかる。一方、メリンダの能力を知らないサムはメリンダがとっさについたウソに気づき、不信感を抱き始める。
第16話「ゴースト・バスター」。町に霊現象を調べる青年ライナスが現れる。少しでも良い状況でサムに霊能力のことを打ち明けたいメリンダはライナスと霊のことをイーライに任せようとするが、霊現象が起きていた家で白骨体が発見され、その遺体と霊が違う人物であることがわかり、一緒に調べざるを得なくなる。一方、サムは霊を信じることに拒絶反応を示していた。そんなサムをなだめるうち、メリンダは思わぬタイミングで霊能者であることを告白することに…。
第17話「歪められた記憶」。霊能力によるメリンダの使命に興味を示したサムは、一緒に行動して霊のことを学ぼうとする。そんな時、幼稚園で子どもたちに歌を教える霊を見たメリンダは子どもたちのことを心配して霊の正体や望みを探ることにする。イーライの協力のもと、メリンダはサムに霊のことを教えながら霊の望みを調べるが、理解の限界を超えたサムは途中で投げ出してしまう。そんな彼を説得しようとして、遂にメリンダは彼の魂がジムであることを告げる。
第18話「奇跡を信じて」。サムと同じように、霊が体に入って生き返った男ベンがメリンダの前に現れる。その背景にはバード医師の霊が関わっていて、彼はメリンダに対してベンを救うことができれば、ジムの魂も救うことができると告げる。誰の霊がベンの体に入ったのかを突き止めたメリンダは何とかベンの力になろうとするが、その過程で命の危機にさらされる。一方、メリンダのガレージを出たサムはメリンダも知り得ないジムの記憶が自分にあることを知る。
第19話「ブラック・ウィドー」。イーライの隣人モーガンが霊現象に脅えてイーライに助けを求めてくる。しかし霊の正体に心当たりがないと言い張るモーガンにメリンダは腑に落ちないものを感じていた。幻視などから霊の正体と、モーガンと霊がガン患者の集まりで出会っていたことがわかるが、そこから予想もしなかったモーガンの過去と霊の男性の死の真相を知る。一方、記憶を取り戻したジムはサムとして新たな人生を歩き始めることを決意する。
第20話「哀しみの愛憎劇」。メリンダたちの町に人気ドラマの撮影隊がやってくる。しかしそれを機に、10年前に大学の舞台劇中に事故死したマイルズの霊が現れ、ドラマのクリエイターで脚本家のカリーや、主演のグラント、彼らの芝居仲間だったブルックの周辺に怪現象が起き始める。イーライは霊の死がブルックたちによる謀殺で、その復讐をしようとしてると考えるが、メリンダはそう思えずにいた。そんな時、ドラマの筋にヒントが隠されていることがわかり…。
第21話「呪われたドールハウス」。女の子の人形を求めて、少女ドルーとその従妹のエマがメリンダの店にやってくる。ドールハウスの人形たちが話しかけてくるというドルーの話と幻視によって、メリンダは霊が何かを伝えようとしてることを直感する。そのドールハウスは実はエマとその家族が住んでいた家の模型で、ドルーの母親でエマの叔母であるルーシーによって、エマの死んだ家族の霊たちが、そこに封じ込められていたのだ。
第22話「ヴァンパイアの誘惑」。ネッドの同級生セリーナの身辺でヴァンパイアの仕業と思われるような怪現象が次々と起こる。霊の仕業だと見抜いたメリンダが霊の正体と目的を探るためにセリーナに事情を聞こうとするが、セリーナはヴァンパイアの仕業だと固く信じ、彼女の話に耳を貸そうとしない。霊の仕業だとわかった後も、両親の不和などから愛に失望し、霊の危険な誘惑に惹かれていく。
第23話「新たな脅威」。結婚式に向けて準備を進めているメリンダのもとに、顔のない少女や監視人のカールが現れて、謎めいた警告をする。生まれてくる子どもに関わることだと察したメリンダが不安を募らせている時、大学で売りに出されていたコレクションの1冊が盗まれて、その本を研究していたゾーイの身に悲劇が起きる。盗まれた本の行方を探っていくうちに、その本を追う新たな脅威がいることがわかり、本に驚くべき秘密が隠されていることがわかる。
続きを読む

グレイズ・アナトミー シーズン6

グレアナS6
GREY'S ANATOMY Season6
2009年〜2010年:アメリカ
出演:エレン・ポンピオ、パトリック・デンプシー、サンドラ・オー、キャサリン・ハイグル、ジャスティン・チェンバース、カイラー・リー、チャンドラ・ウィルソン、サラ・ラミレス、エリック・デイン、ジェームズ・ピケンズ・ジュニア、ケヴィン・マクキッド、ジェシカ・キャプショー、ジェシー・ウィリアムズ、キム・レイヴァー、サラ・ドリュー

第1話「去りゆく大切なひと」。以前から脳腫瘍を患っていたイジーは、心停止に陥り危篤状態に。ジョージは見ず知らずの女性を助けようとしてバスにひかれ、変わり果てた姿で病院に搬送されてくる。仲間たちは大きなショックを受けながらも必死で彼の治療にあたる。一方ERには、モーターボートの事故で大ケガを負った女性や原因不明の痛みに悩まされる青年がやって来る。デレクは、次期外科部長にならないかと理事長から打診され…。
第2話「あなたがくれたもの」。ジョージの死のショックを引きずる面々。マークはカリーの真向かいの部屋に引っ越し、シアトル・グレースを辞めたカリーは、マーシー・ウェスト病院のアテンディングとして初出勤する。そして、理事会対策に気を取られながら車を運転していたため事故を起こしたリチャードは、くしくもマーシー・ウェストでカリーの診察を受けることになる。一方、片脚を失った患者クララはリハビリを拒み、アリゾナを頼る患者アンディの痛みの原因は依然として不明のままで…。
第3話「とめどない妄想」。シアトル・グレースとマーシー・ウェストの合併、それにともなう人員削減が発表され、レジデントやインターンは、リストラを免れようと必死でアピール合戦を開始する。そんな中、ベイリーとアレックスは、運転中に意識不明となって事故を起こした女性を担当することに。その患者には妄想型統合失調症の息子がいて…。一方、クビを避けようと必死のクリスティーナは、小児科のアテンディングであるアリゾナに取り入ることに…。
第4話「切れない絆」。病院の合併が間近に迫り、レジデントたちはリストラの不安に悩まされていた。特に、なかなかオペに立ち合わせてもらえないクリスティーナは焦りを募らせる一方。そんな中、メレディスの父ザッチャーが、意識が朦朧とした状態で病院に連れられてきて、突然吐血して倒れてしまう。一方、マークは82歳の男性の陰茎インプラント手術を担当。イジーはオーウェンの下で肉腫が再発した男性のオペに参加するが、臓器の癒着がひどいためにオペは中止に。イジーは再手術すべきだと主張するが…。
第5話「侵略のはじまり」。ついにシアトル・グレース病院が、マーシー・ウェストと合併。シアトル・グレース組は、それぞれマーシー・ウェスト組と組んで仕事にあたることに。アレックスは、マーシー・ウェスト組のリードと患者を取り合う。終始いがみ合う2人の様子を見ていた患者の娘は「あなたたちの仕事は張り合うことじゃなくて、患者を助けること」と一喝する。イジーはマーシー・ウェストから来たチャールズと組み、末期の腎疾患で移植を予定している患者を担当。2人はうまく打ち解けたかに見えたが、チャールズが仲間たちに自分の悪口を言っている場面に遭遇し、感情的になって大きなミスを犯してしまう。
第6話「ある夜の悲劇」。深夜、会議室前に集められた医師たち。その夜ERに搬入された女性患者がなぜ亡くなったのか突き止めるべく、リチャードは理事長のジェニングス、弁護士の同席のもと、一人一人から事情を聞く。その日、ERにはホテル火災による負傷者が次々と運び込まれていた。ふくらはぎと胸に火傷を負った女性と、その幼い息子。消防用の斧が胸に刺さった男性に、ハシゴから転落した消防士。重度の熱傷を負った青年。医師たちはお互いの患者の診察や処置を手伝いながら、それぞれ治療を進めていたのだが…。
第7話「希望のかけらを集めて」。メレディスが自宅で休養を取る中、病院では、リチャードがオペのスケジュールをコンピューターで管理すると発表。そんな矢先、病院スタッフで脊髄腫瘍を患うアイザックから腫瘍の摘出を懇願されたデレクは、リチャードの反対を無視して密かにオペを強行することに。一方、免疫療法の予約を入れているイジーが病院に姿を現すか気になって仕方がないアレックスは…。
第8話「涙のバースデー」。アリゾナと、彼女が2年前から担当している短腸症候群の少年ウォレスの誕生日が金曜日に迫る。ウォレスは9歳までしか生きられないと言われていたが、アリゾナの尽力もあり今度の誕生日で11歳。ウォレスの両親は大いに喜び、「治療法の研究に」と2,500万ドルの寄付を申し出る。ところが、誕生日目前に、ウォレスは腸閉塞を起こしてしまい…。一方、クリスティーナはジャクソンと一緒にカリーとオーウェンの下につき、50カ所以上も骨折した少女の手術を担当。アレックスは、事故に遭った母親のお腹の中で脳卒中を起こした赤ちゃんを診る。
第9話「つきまとう過去」。メレディスが仕事に復帰した当日、姿を消していたイジーが高校時代の恩師をデレクに診せるため、突然病院にやって来る。アレックスは音信不通だったイジーが予告もなく現れたことにショックを受けつつも、思い切って彼女に話しかけるが…。一方、オーウェンはクリスティーナのために、旧友で心臓外科医のテディ・アルトマンを病院に連れてくる。そんな中、「リチャードが1週間も帰宅していない」とアデルが病院に乗り込んできて…。
第10話「サプライズ・ギフト」。ジョーの店で酒を飲んでいるところをメレディスに目撃されたリチャードは、そもそも自分はアルコール依存症ではなかったと言い訳し、今は禁酒していると告げる。そんな中、かつてテディと相思相愛だったと知って動揺するオーウェン。クリスティーナも、2人のただならぬ様子に気付き…。一方、ベイリーの元には、彼女が離婚するという噂を聞きつけた父ビルが訪ねてくる。また、マークのところにはスローン・ライリーという名前の18歳の女性が現れ…。
第11話「目覚める愛」。マークの娘スローンのお腹の子に異常が! 放っておけば胎児が脚を失う可能性があるため、マークはロスにいるアディソンを呼びよせて手術を依頼する。一方のレクシーは、「出産後も一緒に暮らそう」とマークがスローンに話すのを聞いてショックを受ける。そんな中、クリスティーナはテディから弁置換術の執刀を指示されて大喜びするが、オペの途中でトラブルが発生してパニックに。テディはクリスティーナのことを助けようとせず、クリスティーナは窮地の中、自力で解決策を講じ、見事大動脈の損傷を修復。オペを成功裏に終わらせ「学んだ」という手応えを実感して興奮する。
第12話「告白」。デレクはリチャードのアルコール依存症について理事会に報告すべきだと主張するが、メレディスはそれに反対する。そんな折、シアトルに戻ってきたイジー。アレックスに、彼のせいでクビになったと言ったことを謝罪するが…。一方、アレックスが診察したオペラ歌手に胸膜中皮腫が見つかり、テディが執刀を担当することに。仕事と恋愛の間で悩むクリスティーナは、アレックスとともにテディの助手を務めるが…。
第13話「スタート地点」。リチャードが外科部長を退き、代わりにデレクが臨時の外科部長に就任。そんな中、ベイリーが担当する患者レスリーが、腫瘍摘出のオペ中に覚醒してしまうという事件が発生。ベイリーは麻酔科医ベンがミスをしたと決めつけ、彼を責める。一方、アレックスはアリゾナの下で、腹痛を訴える少年ブラッドを担当。ブラッドの痛みの原因が不明のため、アレックスは試験開腹を提案するが…。
第14話「永遠の片思い」。バレンタインデーの夜、レストランで屋根の崩落事故が起き、負傷者が続々と病院に運び込まれる。アレックスが担当することになったのは、レストランの給仕長エミール。彼は、メレディスが担当するバンクス夫人に好意を寄せているらしく…。一方、麻酔科医のベンは、ベイリーをデートに誘う。ベイリーは素っ気ない態度を取るが、彼女もベンに気があると見たアリゾナは、2人の恋のキューピッドになろうとし…。
第15話「時を超えた誓い」。アルコール依存症を治すためリハビリ中のリチャードは、部長職への復帰を希望する。しかし今のデレクに用意できるのは、一般外科のアテンディングのポストのみ。リチャードはその話を断るが、デレクから病院を去るなら最後に講演をと言われ、ベイリー、カリーとともにこの日の勉強会で講演を行う。レジデント時代にメレディスの母エリスと一緒に担当したAIDS患者の症例について話す。講演の最後。リチャードは医師になった理由を心に刻み、道を誤らないよう、医師の誓いを常に思い出せと参加者たちに話す。そして、ジュネーブ宣言を唱え講演を締めくくる。参加者たちは、そんなリチャードにスタンディングオベーションで応えるのだった。
第16話「小さな奇跡」。ジャクソンが初老の急病人を病院に連れてくる。実はその急病人こそ、有名な外科医ハーパー・エイヴリーで、ジャクソンは彼の孫だった。ハーパーは復帰したばかりのリチャードを執刀医に指名し、意識下でオペを受けたいと主張するが…。一方、娘のスローンが家から出て行き傷心のマークは、勤務中、手当たり次第にセックスをして気を紛らわせる。その上、アレックスに対しては敵意をむき出しにして…。
第17話「大人のアプローチ」。相手が女性なら誰かれ構わず寝ることを同僚たちに諭されたマークは、反省して大人の女性と真剣にデートをしようと模索する。カリーはそんなマークに、「テディなら理想的な相手」とアドバイスするが…。一方、オーウェンは巨大な腫瘍を抱えたオードリーという患者を担当。難易度の高い手術になりそうだと聞いたリチャードもこの症例に興味を示し、互いにプランを出し合って今後の方針を競い合うが…。
第18話「重なる記憶」。テディが担当している末期癌の患者キムが、安楽死を希望。安楽死を行うには医師2名の署名が必要となるためオーウェンにサインを頼む。けれどもオーウェンは、イラクの米軍駐留地で上官を看取った悲しい過去から安楽死に反対し…。一方、カリーは危険な冒険旅行の途中でケガをしたニックとフィルを担当。彼らはもう1人の友人トミーと3人で、毎年冒険を楽しんでいたらしいが…。
第19話「人生の適齢期」。リチャード、レクシー、エイプリルは、癌が再発した患者アリソンの腫瘍摘出オペを無事成功させる。レクシーは、喜ぶ夫ゲーリーをさっそくアリソンと対面させようとするが、アリソンは術後に脳卒中を起こし昏睡状態となってしまう。アリソンは3年前に延命治療を拒否する書類にサインしていたが、ゲーリーは頑として納得せず人工呼吸器を外さないでくれと懇願。デレクは外科部長として、亡きアリソンの事前指示書にもとづき、人工呼吸器を外すしか道はないとあらためてゲーリーに説明。その後、レクシーはやむなくアリソンの人工呼吸器を外す。そんな中、アレックスの弟アーロンがシアトルを訪れ、兄と7年ぶりの再会を果たす。アレックスは弟の突然の来訪に戸惑うものの、彼が臍ヘルニアだと知ると、無償オペをベイリーに頼み込み…。
第20話「正しい選択」。マークの娘スローンが男の子を出産。マークとの関係が切れて行く当てがなくなることを恐れたスローンは、赤ちゃんを養子に出すのをやめてマークと一緒に子育てをしようかと迷い始める。そんな中、デレクはテディの代わりに、有名な心臓外科医のトム・エヴァンスを病院に迎い入れることを検討。テディが解雇されるかもしれないと知ったマークはショックを受け…。
第21話「感じるままに」。体重300キロを超える巨体の腹痛患者ボビーが病院に運ばれてくる。レジデントたちは患者への配慮について事前に研修を受け、総出でボビーを担当するが、注意事項を守らなかった者は次々と担当を外されていく。やがて、ボビーにはオペの必要があると判明。ただし、リスクが非常に高いことがわかり…。一方、デレクは妻を失って悲嘆にくれるゲーリーによる訴訟で、供述録取を受けることに。立ち会ったゲーリーは感情的になり、デレクを激しく罵倒する。
第22話「忘れえぬ人」。クリスティーナは、オーウェンから同居しようと言われてOKするが、「オーウェンとテディの間には何かある」とメレディスに警告されて不安になる。そんな中、転倒してケガをした老人ヘンリーが病院に運ばれてくる。同時に、彼とかつて恋仲だった女性ベティも入院していて…。一方、アレックスは、自らの目をえぐり出そうとした少女ヘイリーの治療を担当する。ヘイリーは統合失調症と診断されていたが、本人は正気だと訴え続けていて…。
第23話「サンクチュアリ」。妊娠が判明し、デレクに報告するタイミングを見計らうメレディス。一方、クリスティーナはオーウェンと別れることになって落ち込んでいたが、メレディスのオメデタ報告を聞き、素直に喜びを分かち合う。そんな中、妻を失い訴訟を起こしたゲーリーが来院、リードにデレクの居場所を尋ねるが忙しいと突き放される。すると突然ゲーリーが発砲。リードは頭を撃たれて即死する。その場に来たアレックスも脇腹を撃たれ…。閉ざされた空間の中で起こった予期せぬ惨劇に、医師も患者もパニック状態となる。
第24話「汚された聖域」。撃たれたアレックスを手当てするマークとレクシー。アレックスはイジーの名を呼び、レクシーはイジーのふりをしてアレックスを励ます。ベイリーは、患者のメアリーと一緒にチャールズを救おうと奮闘するが、チャールズはベイリーの腕の中で息を引き取る。術後の患者を連れて無事に外へ出たオーウェンとテディ。危機的状況に置かれたことでオーウェンはクリスティーナを選ぶと決め、テディを残して病院へ戻る。撃たれたデレクを助けるため、クリスティーナとジャクソンはデレクのオペをする。そこへクリスティーナを捜しにオーウェンがやってくるが、オペ室にはゲーリーが侵入しており、クリスティーナに銃を突きつけてオペをやめるよう脅していた。メレディスはオペ室に入り、自分を撃つようゲーリーに迫るが…。

続きを読む

Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン5

Drハウス05
HOUSE M.D. / HOUSE
2008〜2009年:アメリカ
出演:ヒュー・ローリー、リサ・エデルシュタイン、ロバート・ショーン・レナード、ジェシー・スペンサー、ジェニファー・モリソン、オマー・エップス、オリビア・ワイルド、ピーター・ジェイコブソン、カル・ペン、アン・デュデック、マイケル・ウェストン

第1話「すべてを変える死」。恋人アンバーの死が原因で2カ月休職していたウィルソンが復職するが、ハウスは会おうとしない。そんな中、フォアマンら4人の診断チームを率いて、会議中に幻覚を見て錯乱したウイメンズ・マジョリティの会長の助手ルーの診断を行うハウス。過労が原因だと判断するが、下血した彼女が妊娠していたことが発覚するも胎児の存在が確認できず、状態は悪化していく。一方、ウィルソンが病院を去ることを知ったハウスは仕事が手につかなくなる。
第2話「医師と探偵」。同じドナーから臓器提供された人々が次々に命を落とし、角膜移植したアップルと瀕死の老人フランクだけが生き残っている。ウィルソンから絶交されたハウスは診断に集中できず「ガンだ」と繰り返すばかり。アップルに幻覚が出たため脳に異常があると考えたハウスは、私立探偵ルーカスに関係者たちの調査を依頼する。だが、時間がなくなってきたことから仕方なくガンの治療を始めるチーム。その頃、ハウスはルーカスにウィルソンの調査を命じていた。
第3話「モルモット」。視覚性失認を発症し、描く絵が歪んでしまう画家ブランドン。脳腫瘍を疑うが検査ではシロ。次にドラッグの検査を嫌がるブランドンを見て、ハウスは彼が嘘をついていると推測する。案の定、ブランドンは恋人に自分が売れない画家であることを隠すため、臨床試験の試験薬を3種類も飲み生計を立てていたことが判明。チームは試薬を抜くために透析を行うが、別の症状が出る。その頃、ルーカスにチームのメンバーを調査させていたハウスはタウブの秘密をかぎつける。
第4話「子供は親を選べない」。亡くなった父親の葬儀に出かけようとしないハウス。中国まで行って見つけた実の両親から「娘ではない」と拒絶された直後、吐血して倒れたニコルを診断する。中国人医師から処方された甘草により、チームはSARSだと判断するが診断は二転三転して治療は進まない。一方、カディに睡眠薬を盛られたハウスは、ウィルソンが運転する車で葬儀に向かうことに。妨害工作を試みるハウスは「父親は実の父親ではない」という憶測をウィルソンに告げる。
第5話「幸運の13番」。サーティーンと行きずりの関係を楽しんだ女性スペンサーが、発作を起こしERに運ばれてくる。ハウスはハンチントン病が進行しているサーティーンが、自暴自棄になったと意地悪く喜ぶ。自制心を失い、ハウスからクビを言い渡されたサーティーン。スペンサーの病気が余命10年のLAMだと診断されて、自分と似た境遇の彼女に心を寄せるが…。一方、不審な行動をハウスに問い詰められたウィルソンは、娼婦と付き合っていると告白する。
第6話「夢遊病」。出産前のベッカの子を養子にもらうことが決まったカディに対し、ハウスは母親失格だとしつこくケチをつける。やがてベッカの胎児が肺低形成になっていることが判明。同時に母親も胎盤剥離を起こし、カディの心は揺れる。一方、時間が飛ぶ意識喪失を起こし、夢遊病だと診断された、娘と2人暮らしのハーモンを監視するタウブとサーティーン。患者が眠ったままコカインをやっていたことを突き止めるが、ハウスは娘も夢遊病であることを見抜き遺伝子疾患を疑う。
第7話「診察拒否」。7年前、強盗に恋人を殺され、広場恐怖症となったノージックが発作を起こす。患者と話したことがあるキャメロンは、ハウスのチームとともに彼の家で検査を行うことに。チームは発作を誘発して原因を探ろうとするが、腹痛を発症。患者を騙して眠らせ、強引に病院でオペを行おうとするが、カディにバレて事態はこじれる。養子の話が流れて落ち込むカディと衝動的にキスをしたハウス。なぜかカディとまともに話をしようとせず、ウィルソンは気をもむ。
第8話「16歳の嘘」。両親を亡くし工場で働く16歳のソフィアが、肺に水が溜まり倒れる。自分と似た境遇にカトナーが親身になるが、検査の最中に、彼女が父親に強姦されたために両親を死んだことにしたと嘘をついていたことが発覚。やがて急性前骨髄球性白血病であるとわかり骨髄移植が必要になるが、両親からの移植を頑なに拒むソフィアには、まだ他に秘密があった。臨床試験への参加を希望するが、ハウスに断られたフォアマン。カディに協力を仰ぎ、能力を証明するために4歳のジョナを診断することに。
第9話「命懸けの診断」。16人の医師に診てもらったが病気の原因がわからないジェイソン。診断目的でカディのオフィスに患者7人と看護師、サーティーン、ハウスを人質に取って立てこもる。ハウスは麻酔薬を打つ作戦を取るが失敗し、電話を介してチームとともに本格的な診断を開始。だが、診断はことごとく外れ、ハンチントン病を抱えるサーティーンが立て続けに検査薬の試し打ちをされて致命的な状況に陥っていく。一方、病院に到着したSWATは狙撃手を配備していた。
第10話「ダイエットの罠」。フィットネス・トレーナーのエミーが、CM撮影中に意識を失い倒れる。健康を売りにするエミーが胃のバイパス手術を受けて痩せたことが判明し、反感を持つ診断チーム。次々と違う症状を発症するエミーの診断は困難を極める中、ハウスは彼女が太っていたことに着目する。ハンチントン病の治験をめぐり、激しく対立するフォアマンとサーティーンは急接近。再び病気と真剣に向き合おうと決意するサーティーンは、子ども時代のつらい体験を告白する。
第11話「クリスマスの贈り物」。クリスマスの学校行事で合唱するティーンエイジャーのナタリーが、幻覚を起こし吐いて倒れる。いじめられっ子で同級生にマッシュルームを盛られたことが判明するが、自らも鎮痛剤を持っており、自殺が疑われる。その後、肺水腫に加えて脳の異常も発症して診断は難航するが、ハウスはナタリーに重大な秘密があることに気づく。同時にクリスマスのプレゼントでチームを混乱させるハウス。治験を進めるサーティーンとフォアマンは、強く惹かれ合っていく。
第12話「消えない痛み」。慢性疼痛を苦に車で自殺を図るが、妻と息子に発見され未遂に終わったジェフ。キャメロンに貸しを作られたハウスは、ジェフを診断する羽目になる。タウブは心身症が原因だと主張するが、同じ痛みを抱えるハウスは疾患を疑い検査を開始。だが、ジェフが再び自殺を図ったことから診断は振り出しに戻ってしまう。患者だったナタリーが産んだ赤ちゃん、レイチェルの里親になることを決意したカディは仕事と育児の板挟みに悩み、母親になる自信を失う。
第13話「危険な賭け」。育児のために、キャメロンに自分の仕事を任せるカディ。そこへ特別支援学級の教師サラが吐血して倒れ運ばれてくる。ハウスはキャメロンがどこまで許可するか試そうと、サラの血液異常の検査のために危険な放射線全身照射を要求。あっさり許可されて困ったハウスは検査を偽装するが、サラは心停止を起こしてしまう。レイチェルと母子の絆を感じず、苦悩するカディ。サーティーンと真剣に交際を始めたフォアマンは、愛ゆえに医師として危険な賭けに出る。
第14話「負けるが勝ち」。ガン研究者の第一人者だったが、8カ月前子宮筋腫を患った際、研究が自分の本当にやりたいことではないと悟り、辞職したダナ。料理教室で助手をしていたところ、突然の自然気胸で倒れる。同じガン専門医のウィルソンはダナになぜ辞めたのか問い質すが、ダナは今のほうが幸せだと言う。ハウスがキャメロンをやり込めたせいで、カディはやむなく仕事に復帰。一方、サーティーンが頭痛を訴え、原因はフォアマンがすり替えた本物の治験薬のせいだとわかるが…。
第15話「神を信じない神父」。キリストの幻覚を見たという神父ブレッソンの診断を引き受けるハウス。病院で壊死を発症した神父が、かつて少年をレイプした疑惑により教会を転々とし、無神論者となった経緯を知り関心を持つ。一方、ハウスから、どちらか1人が辞めるか別れるかの選択を迫られたフォアマンとサーティーン。破局を演じてハウスの目を欺こうとする。カディはハウスが問題を起こすことを恐れて、知人が勢ぞろいするレイチェルの命名式に出席して欲しくないと言う。
第16話「社交辞令」。男女両方の性を持つ遺伝子モザイクで生まれ、両親の選択により男子として育ったジャクソンがバスケの試合後に倒れる。MRIを経て、内視鏡検査の際に心膜液貯留を発症するジャクソン。その頃、サーティーンが彼の部屋で自殺願望を思わせる詩を発見し、両親は苦悩の末に遺伝子モザイクの件を告白すると、ジャクソンは激しく取り乱し吐血する。その頃、珍しく機嫌がいいハウスが睡眠中に呼吸停止を起こす。ウィルソンはヘロインをやっているのではないかと疑う。
第17話「嘘をつけない男」。脱抑制で自分を押さえられず、思いついたことをすべて口にしてしまう編集者ニック。鼻血を出して倒れ病院に運ばれてくると、診断チームに罵声を浴びせ、女性陣には性的な妄想をしゃべり倒す。脳幹に近い場所に異常が見つかったため、チームは神経サルコイドーシスの線で治療を開始する。ウィルソンが自分に嘘をついて、ある医者と会っていることを突き止めたハウス。ウィルソンは大学時代に家出した弟ダニーが、最近見つかったのだと告白する。
第18話「死を告げるネコ」。養護老人ホームの看護師長モーガンが発作を起こし、緑色の尿を漏らす。検査の結果、症状を偽っていたことが判明するが、彼女は「猫が死を予言した」と主張しハウスは面白がる。直後に本当の気管支けいれんを起こしたモーガンは茶色の尿を出し、背中にクモ状静脈も発症する。株に失敗して、多額の損失を出したタウブ。高校時代の知り合いで医療機器会社のCEOニールと出会い、新しいレーザーメスに投資することを決意。ハウスに辞職を申し出る。
第19話「閉じ込められた心」。自転車で事故を起こし、ミドルタウンの病院で脳死判定されたリー。その場に居合わせたハウスは、リーがまばたきで意思表示できることから閉じ込め症候群だと診断し、プリンストン病院に転院させる。知人に騙され辞職を撤回するタウブに、良いアイディアを出せば復職させると言うハウス。チームは各々案を出すが、どれも間違いで診断は行き詰まる。一方、ハウスはミドルタウンにいた理由を追及するウィルソンに深刻な事態を告げるのだった。
第20話「突然の別れ」。心不全で瀕死のエディは、妻シャーロットが呼吸不全を起こすと途端に状態が持ち直す。チームはシャーロットの診断を始めるが、カトナーの姿が見えない。フォアマンとサーティーンが家をたずねると、そこには銃身自殺を遂げたカトナーの遺体があった。衝撃を受けるチームのメンバーたち。ハウスは自殺に納得が行かず、殺人の線まで疑い始める。一方、シャーロットは夫のために仮病を使っていたこともわかったが本当に重症となり、ある願いを口にする。
第21話「救世主」。環境保護活動家のダグは、抗議活動後に突然立ち上がれなくなる。並行感覚障害のほかしゃっくりが止まらず、斜頸が出たり、ケガもないのに大腿骨を骨折する症状が出て、ハウスは確証がないがガンだと診断する。一方、キャメロンが、なぜチェイスとの休暇旅行を取らないかにこだわるハウス。チェイスは理由がわからず業を煮やして別れを切り出す。その頃、心停止したダグはガンでないことが判明。ハウスはウィルソンの行動から診断のヒントを得る。
第22話「2人のハウス」。レスリングの試合中に爆発音を聞いて倒れた聴覚障害者のセス。ハウスは許可なく脳生検の際に人工内耳を付けてしまうが、セスは人工内耳を頑なに拒んでいたため診断の主導権はフォアマンに譲ることになる。2週間後に結婚式を控えたキャメロンとチェイス。ハウスはチェイスのバチェラー・パーティを自ら企画すると宣言する。一方、カトナーが自殺して以来不眠症に悩み、アンバーの幻覚に悩まされるハウスの症状は次第に深刻なものとなっていく。
第23話「消えないアンバー」 。始終つきまとう幻覚のアンバーが、ハウスの診断にも意見するようになってくる。休暇を取り自宅に引きこもっていたが、フォアマンが現れ、稽古中に呼吸困難を起こしたバレエダンサーのペネロープを診断することに。ハウスはアンバーの出した肺炎の線で診断を進めるが、自信が持てない。やがて幻覚の原因がバイコディンにあると認めたハウスは、カディに見張りを頼んで薬を断とうとする。一方、キャメロンが死んだ夫の精子を冷凍保存していると知ったチェイスは…。
第24話「脳からのメッセージ」。バイコディンを断つことに成功し、カディと一夜を過ごしたハウスは上機嫌で病院へ。だが、当のカディに冷たく突き放されてしまい、彼女をわざと怒らせ真意を探ることに。そんな中、他人の手症候群を発症し血の涙を流したスコットが病院に運ばれてくる。検査の結果、ハウスはすい臓ガンを疑うが、不整脈が見つかり心疾患の線を探る。キャメロンの本当の気持ちに気づき、よりを戻すチェイス。一方、ついにカディを怒らせたハウスは衝撃の事実を知る…。
続きを読む

ライ・トゥ・ミー 嘘の瞬間 シーズン2

ライ・トゥ・ミー S2
Lie to Me
2009〜2010年:アメリカ
出演:ティム・ロス、ケリー・ウィリアムズ、ブレンダン・ハインズ、モニカ・レイマンド、ヘイリー・マクファーランド、ジェニファー・ビールス、メキ・ファイファー

第1話「素顔の告白」。カルは自分の著書のサイン会である女性に出会う。彼女は殺人事件を目撃したと彼に告げる。しかし、彼女は多重人格障害を持つことがわかり、彼女が目撃者なのか犯人なのかを見極めることが事件の鍵を握ることとなる。一方、FBIは、最高裁判所の判事の候補者を詳細に調査するためにライトマン・グループを雇い、カルは若いトーレスを担当に任命する。そんな中、カルの前妻ゾーイが娘のエミリーを連れてシカゴに行くと告げるが、カルはそれを阻止するため、ある行動に出る。
第2話「運命の歯車」。ゾーイは、承諾年齢未満の少女をレイプした疑いで起訴されている大学のフットボールのスター選手の調査をライトマン・グループに依頼する。容疑者の選手は無実を主張するが、実は思いも寄らぬ結末が待っていた。一方、ジリアンとローカーは、脱税の容疑をかけられている宗教団体のリーダーを調査し始めるが、女性達が虐げられているなど、脱税以上に深刻な問題が待ち受けていた。
第3話「命の値段」。メキシコで娘のエミリーと夏休みを楽しむはずのカルだったが、自分の娘を置いて、失踪したアメリカ人女性の事件に関わることになる。またライトマン・グループのオフィスでは、ジリアンがワシントンDCの病院で犠牲者も出した汚染血液について、カルのライバルであるジャック・レイダーとともに調査をすることになった。
第4話「侵入者」。妻殺しの容疑をかけられているエリック・マセソンが、ライトマン・グループの事務所を乗っ取り、真の殺人犯が見つかるまで皆を人質に取る。カルは、エリックの要求に答えようと警察を関与させないようにするが、それは自らの命を犠牲にする危険もはらんでいた。必死に皆を守ろうとするカルだったが……。
第5話「過去の亡霊」。カルのもとに昔の友人が訪ねてくる。カルに貸しがある友人は、自分には借金があり、返済のためにポーカーゲームに参加してほしいと彼に頼む。しぶしぶ承諾するが、カルはやがて危険な共謀犯罪に巻き込まれることになる。それは友人への友情と忠誠を試す試練でもあった。一方で、ライトマン・グループはある脅迫を受ける私立高校を調査するが、その裏で教師や生徒の複雑な関係が見え隠れしていた。
第6話「重要証人」。レイノルズがかつて潜入捜査で逮捕し、検察側の証人となっていたマークが何者かに殺害された。代わりに証言台に立つことになったレイノルズの身を案じて、ライトマンはこの事件を裏で手を引いていると思われるウォール街の黒幕、グリーンに直接話を聞くことにする。だが彼がスコッティという名前を出したと聞いたとたん、レイノルズは証言を拒否。やがて彼が潜入時代に犯した殺人が、当時の上司シーラによって握りつぶされていたことが判明する。
第7話「ブラック・フライデー」。ライトマンの元に16歳の少年マックスが突然訪ねてきて、自分は赤ん坊の頃に誘拐されたと語る。しかし誘拐された子は実の母親の過失ですでに亡くなっていたことが判明。ライトマンはマックスの依頼で彼の本当の親を探すことに。調査の結果、ロミオという男が赤ん坊を盗み出し違法に売りさばいたことがわかる。一方イーライは、死亡事故で客に訴えられているデパートの依頼で、彼らの潔白を証明することに。彼は暴動を扇動した人物を探し出すが……。
第8話「戦場のクリスマス」。クリスマスが近づく中、ライトマンたちはアフガニスタンで行方不明になった米兵の捜索に協力することに。ライトマンは現地で拘留された自称米国人フランコを尋問するためにアフガニスタンへ飛ぶ。フランコを尋問したライトマンは彼の正体がCIAか国防に関わる人間だと考える。その矢先、研究所に国防総省のエージェント、コミスキーがやってくる。フランコの表情からまだ秘密があると気付くライトマン。やがて驚くべき真実が浮かび上がってくる。
第9話「ゲームの達人」。ポーカーの世界選手権決勝の直前に、参加者の一人ジェイクが失踪し、カジノのオーナー、エリスに依頼されたライトマンたちが調査に乗り出す。やがてカジノに身代金要求の電話がかかってくる。話し方の特徴からライトマンは参加者の一人、アマデオを泳がすが、結局ライトマンの旧い知人で選手権の参加者でもあるメイソンが、彼を陥れるために誘拐騒ぎを仕組んだことがわかる。ジェイク捜索が振り出しに戻ったその矢先、ライトマンの元に謎のメモが届けられる。
第10話「爆弾犯」。農夫のハロルドが爆弾テロを仕組んでいると通報が入る。彼は財務省の前に爆弾を積んだトラクターを停めたまま大統領との直接対話を要求。ライトマンたちは事の真相を探り出すことに。ハロルドと交渉を続けたライトマンは、彼が何かを隠していると見抜く。一方、通報テープを分析したフォスターは、その声音から通報者が共犯であると判断。実はハロルドは妻子を人質に取られていた。FBIは電話の主ジャクソンの家に捜査官を急行させる。
第11話「悪魔の微笑」。ライトマンは大学院の講義で表情を読んだ学生、マーティンが精神病質者で殺人犯と考える。大学では1か月前に女子学生が失踪していた。だが評判を気にする大学側は彼の警告にとりあわず、ライトマンは自らマーティンの素性を調べ始める。それを知っても彼は自信満々な態度を崩さない。ライトマンは次々に罠を仕掛けて彼を挑発する。その頃、イーライとトーレスはUFOを見たことで職を追われそうになっている教師の調査を担当していた。
第12話「告白」。ライトマンの国防総省時代の同僚ヘンリーが内密に話があると連絡してきた。彼はジミー・ドイルという人物について話したがっていた。その矢先、研究所の前で爆発事件が発生し、時を同じくしてライトマン宛に1枚のディスクが届けられる。爆破の犠牲者はヘンリーだった。7年前、ライトマンは潜入捜査でIRAの闘士だったドイルの妻子殺害事件に関わっていた。当初は事件を隠蔽されたドイルの復讐と考えた彼だったが、やがて黒幕は別にいることが判明する。
第13話「毒婦の仮面」。富豪のムッソが殺害された。状況証拠だけで彼の妻クララを逮捕した検察はライトマンに証言を依頼。だが彼女の弁護をするのは元妻ゾーイだった。クララは事件のショックで殺害時直前の40分間の記憶がないと言う。何かを隠していると見たライトマンは、彼女と直接話をすることで無罪を確信。真犯人を探すためゾーイに協力する。クララと義理の息子ダミアンの証言が食い違い、ダミアンに不審な点があることから、彼を調べることにするが……。
第14話「英雄の正体」。半年前にイラクから戻ってきたジェフが、深夜に自宅で発砲騒ぎを起こす。彼を案じた軍からの依頼でライトマンはジェフと話をすることに。ジェフは何者かに命を狙われていると言う。戦場での出来事に真実が隠されていると考えたライトマンたちは、ジェフにトラウマとなった出来事を追体験させることにする。その直後、突然ジェフが姿を消してしまう。フォスターは軍で話を聞いた彼の上官、レンショー大尉が何かを隠していると考える。
第15話「歪んだ正義」。政府の公営住宅で警官が何者かに銃撃される。撃たれたハーディは一命はとりとめたものの、話もできないことから、ライトマンがその表情を読み取ることで手がかりを得ようとする。クララに表情学を教えることになった彼は、彼女を連れて病院に行く。容疑者の少年から話を聞いたライトマンは、彼が嘘を付いていると判断。手がかりを追い現場に聞き込みに行ったライトマンは、アパートに住む少女から事件当日に警官が別の死体を運び出していたと聞き出す。
第16話「姉妹」。トーレスの元に矯正施設に入っていた妹エバから助けを求める電話が来る。施設仲間マーリーが脱走し、エバはそのことで何かを隠している様子。その矢先、施設でマーリーの遺体が見つかる。ライトマンたちは捜査に乗り出すが、施設の精神科医バーンズは非協力的だった。エバの身を案じたライトマンは一時的にフォスターの家に彼女を避難させるが、その晩何者かに襲撃される。彼らはエバがマーリーから預かったある物を探していた……。
第17話「苦い勝利」。クララが支援する知事の暗殺未遂事件が発生し、選挙スタッフのミシェルが命を落としてしまう。FBIは現場にいた男コーリーを逮捕するが、事件発生時のビデオを見たライトマンは共犯がいると断定する。やがてライトマンは選挙事務所のスタッフからミシェルが選挙の数ヶ月前にひき逃げ事故を起こし、それを知事の側近アディソンが隠蔽したという話を聞く。ミシェルの供述ビデオを見たライトマンたちは、彼女が誰かをかばっていると考える。
第18話「ファイト・クラブ」。ライトマンの知人で違法の格闘賭博のファイター、ラウルが殺害された。彼が殺される直前まで一緒にいたライトマンは驚愕する。その事をFBIに隠したまま自ら捜査に乗り出した彼は、ラウルのライバル、オーランドから、ラウルがペルーの左翼組織から追われていたという事実を聞き出す。その頃、密かに精神科医のバーンズと付き合いだしていたフォスターは、偶然彼が身分を偽っていることを知ってしまい、彼の身元を調べ始めるが……。
第19話「ハーメルンの笛吹き」。17年前に死刑を宣告された誘拐殺人犯ウィルキーの死刑執行に立ち会ったライトマンは、最後に無実を訴える彼の言葉が真実だと見抜く。納得できない彼は独自に捜査を開始。その矢先、被害者のおじ夫婦の元に17年前の誘拐犯の脅迫電話と同様の電話がかかってきて、直後に彼らの息子オリバーが行方不明になってしまう。ライトマンは昔の取調べテープを調べ直し、ウィルキーの恋人だったベスに話を聞きに行く。彼女は精神科に入院していた。
第20話「暴露」。フォスターが精神科医のバーンズと付き合っていることを知ったライトマン。勝手に彼のことを調べ始めた矢先、バーンズが何者かに連れ去られる現場に遭遇してしまう。実は麻薬捜査局の捜査官だったバーンズは、施設と麻薬組織の関連を調べていた。リトルムーンという少年がバーンズを拉致したことを知ったライトマンは、リトルムーンが3か月前に父親を殺害した犯人を捜していることを突き止め、バーンズを救うために彼に協力することにする。
第21話「父と娘」。ライトマンはエミリーに頼まれ家出した少女モリーを探すことになる。彼女は家を出てからキャシディと名乗りポルノ女優になっていた。ライトマンは父親のドーキンスと話をするが、彼が何かを隠していると見抜く。ポルノ制作会社から手に入れた電話番号を元にレイノルズが住所を割り出し無事に彼女を発見するが、モリーは家に戻りたがらない。理由を聞かれた彼女は父親が母親を殺したと驚くべき告白をする。当時5歳だった彼女は1年前にその事実を思い出したと言うが……。
第22話「不都合な真実」。ライトマンの友人で記者のジュリーが何者かに殺害される。彼女は元警官の市会議員アンスリンガーの汚職に関する調査をしていた。ライトマンが彼女の情報源を探し始めた矢先、情報提供者のボーが自ら研究所にやってくる。彼はアンスリンガーから不動産王クックの殺害を命じられたが実行できず、今では自分が狙われていると言う。彼は証拠のコピーをライトマンに渡すと言うが、その受け渡し現場で殺害され、居合わせたレイノルズも撃たれて瀕死の重傷を負ってしまう。
続きを読む

クリミナル・マインド FBI vs. 異常犯罪 シーズン2

クリミナル・マインド2
2006年:アメリカ
出演:マンディ・パティンキン、トーマス・ギブソン、シェマー・ムーア、マシュー・グレイ・ガブラー、A・J・クック、カーステン・ヴァングスネス、ローラ・グラウディーニ

第1話「地獄からの挑戦状 -後編-」。犯人から届けられた奇妙な品々とメッセージの謎を解くことに集中するリード。その頃、エルが何者かに銃撃され、壁には“RULES”(ルール)という文字が…。やがてギデオン宛に男から電話が入り、チームがルールを破ったのでエルは死んだと言い残す。一方、暗号の解読を進めていたリードは、療養所にいる母親ダイアナが犯人と何らかの関係があると気づき、BAUに呼び寄せる。犯人から送られてきたビデオを見たダイアナは、その男の名前を口にする。リードは持ち前の天才的頭脳で、暗号を解くべき本が1963年出版の「コレクター」だということを突き止める。一方、生死の境をさまようエルは、幼い頃に殉職した警察官の父と語り合う。
第2話「闇のネットオークション」。元BAUプロファイラーで子ども対象犯罪捜査班所属のコール捜査官から、BAUに捜査協力の依頼が入る。1年前、小児性愛者サイトに公開されたが救出できなかった少年ピーターが、再びネット上のオークションで売りに出されているのを発見したのだ。犯人の特定を急ぐチームは、画像が提供されたチャットルームを運営するウェブ会社を捜索、ガルシアはある男の情報を割り出す。一方、復帰を控えたエルがオフィスに姿を現し、すぐにでも現場に戻りたいと申し出る。
第3話「パーフェクト・ストーム」。フロリダ州で2年間に5件の連続レイプ殺人事件が発生。5人目の犠牲者ローラの両親の元に、娘が拷問を受けている映像が収められたDVDが送られてきた。あまりにむごい映像に、父親のフランクは心不全を起こして死亡する。BAUは、犠牲者家族への精神的攻撃がみられることから、サディスト型殺人犯と推測。また、画像の様子から、2人組の犯行の可能性を指摘する。現場入りしたチームは、遺体がどれも屈辱的なポーズをとらされていることやDVDが母親に宛てて送付された点に注目する。地元警察とのミーティングの最中、あらたに若い女性が連れ去られたというニュースが飛び込んでくる。
第4話「サイコドラマ」。LAでこの2カ月に4件の銀行強盗が発生。単独犯でスキーマスクを着用、人質に服を脱ぐことを強要するのが特徴だった。2日前の犯行では、2組の男女にセックスの真似をさせ、他の人質らにそれを見るように命令していた。ギデオンは、犯人の狙いは金ではなく、恥と屈辱を与えることだと分析。そんな中、レストラン強盗が発生。客たちは裸にされ、14歳の少年が、母親を殴るよう指示され、それを拒否したため銃殺された。チームは、犯人が人質を役者に仕立て、妄想を演出しているのではないかと推測する。リードは、刑務所で採用されている心理療法“サイコドラマ”との関連性を指摘する。
第5話「消えない傷跡」。オハイオ州デイトンで、敬虔な信仰心を持つ若い女性ばかりを狙った連続レイプ事件が発生し、その捜査にあたるBAU。被害者たちの共通点を探るうちに、犯人が途中でターゲットの嗜好を変化させたことに気がつく。そこには、何人目かの被害者がレイプの結果の妊娠を苦に自殺していたことが関係しているようだった。犯人が被害者たちの詳細な個人情報に精通していることから、あるマーケティング会社が捜査線上に浮上する。復帰後、エルの様子がずっとおかしかったことに気づいていたリードは、ホテルの部屋を突然訪ねる。その後エルは、プロファイリングから割り出した次の標的と予想される女性の自宅に潜入し、おとり捜査にあたることになる…。
第6話「森の中の殺人鬼」。テキサス州の小さな町の深い森で、少年の遺体が発見される。2か月間で2件目の少年殺害事件だった。現場へ移動中のBAUに、新たな少女被害者の知らせが入る。メンバーは、子どもらに5時以降の外出禁止と、友達と一緒に行動する“バディシステム”を徹底させ安全を確保する一方、のろいの館(haunted house)と呼ばれる家に子どもを襲って食うと噂される男が住んでいることを知る。一方、オハイオ州で容疑者を射殺したエルは、FBIの内部監査で正当防衛を認められたものの、ホッチに精神鑑定を受けるように命じられる。それに憤慨したエルは、鑑定をすっぽかし翌朝無断欠勤する。それを知ったホッチは、事件をチームに任せエルを追う。
第7話「消えた女子高生」。見知らぬ女性がJJを訪ねてきた。彼女は、新聞でBAUが行方不明の少女を発見した記事を読み、この5日間行方がわからなくなっている娘のポリーの捜索を頼むために来たと言う。行方不明になっていたのは、ペンシルベニア州にある小さな町ノースマーモンの、高校女子サッカー部に所属する仲良し3人組。町中がフットボール・チームの決勝戦進出で熱狂的に盛り上がる中、BAUの到着でようやく捜索に重い腰を上げる地元警察。3家庭の親が事情聴取を受けるが、やがてお互いを非難し始める。そんな中、あるモーテルの裏のゴミ捨て場でユニフォームが発見される。一方、犯人に監禁されていたポリーたちは、究極の選択を迫られていた。それは3人の中で犠牲になる者を1人だけ選び出せという残酷な要求だった。
第8話「エンプティ・プラネット」。ある朝、全米の主たるニュース・ネットワークにバス爆破予告の電話が入る。そして「これは手始めだ。事態が収まるまで人が死ぬ」と脅迫。その日、シアトルのバスが爆破され、2名が死亡。爆弾の破片に矢の刺さったロボットのマークが描かれていることを知ったモーガンは、ガルシアに過去のシアトルで起きた反テクノロジーのテロ活動を洗い出すよう指示。約1年前に起きたネットカフェ爆破事件でも同一マーク付きのメッセージが残られていたことが明らかになる。そんな中、アレグロと名乗る男の電話を受けたギデオン。その名前を聞いたリードはSF小説「エンプティ・プラネット」との関連性を指摘する。高度に発達したロボットに支配された世の中を風刺したその小説で、最後に殺されるのは…。
第9話「2人のシリアル・キラー」。ミズーリ州セントルイスで2人の連続殺人犯が犯行を重ねていた。1人は白昼堂々女性を連れ去り殺害。“ミルクリーク・キラー”と呼ばれ、世間を騒がせていた。2人目は、売春婦ばかりを狙って銃殺。まったく話題に上がらないことから、自ら“ホロウマン”と名乗った文書を新聞記者に送りつけ存在をアピール。あたかも2人は競い合っているようだった。それを裏付けるように“ミルクリーク・キラー”の新たな犯行が新聞の一面で報じられた日、女性2人が銃殺され現場にはわざわざその紙面が残されていた。一方、ホッチを突然訪ねてきたエミリー・プレンティス捜査官が、今日からBAUに配属になったと申し出る。彼女はホッチが新人時代に警護した大使の令嬢で、その後FBIに入局し10年のキャリアを積んでいた。だがホッチには承諾した覚えがなく、彼女は行き場を失って…。
第10話「テロリストへの尋問」。DEA(麻薬取締局)は、不審な民家に強制捜査に踏み込むが、人影がまったくなく、開発中と見られる化学兵器の散布装置らしきものが放置されていた。そのアジトの主がグアンタナモ収容所に捕らえられている中東出身のテロリストであることを突き止める。その男が発信したと見られるアラビア語のメッセージを流暢に翻訳する新人プレンティス。彼女は、イスラム文化にも精通しており、その能力を買われ、グアンタアンモへ向かうギデオンとリードに同行することに。これまでのCIAの管理下での厳しい処遇を受けているその男は、常にコーランを唱える以外、口を固く閉ざしていた。ギデオンは男と真正面から対峠し、1対1の尋問を始める。彼が鍵を握っている予告されてテロ攻撃は次の新月の夜。残された時間はあとわずか…。
第11話「殺人衝動」。リードは朝の通勤ラッシュの駅で見知らぬ少年に話しかけられる。リードがジョージタウン大学で行ったミルクリーク・キラーの講座を聞いたという高校生の彼は、娼婦の連続殺人について興味を持っている様子で「ナイフで刺して髪を切ったとしたらどういう意味か」と尋ねる。何か引っかかるものを感じたリードはワシントンDCの警察に売春婦殺人事件を照会した結果、その特徴と一致する事件が2件起きていたことがわかる。連続殺人事件とみたBAUが捜査に乗り出そうとした矢先、ホッチは地元議員の訪問を受ける。彼女は、今回の事件を絶対に公表しないことをホッチに強要しに来たのだった。その真意とは? 一方、不審な少年の身元を突き止めたリードは、彼の自宅を訪ね…。
第12話「疑惑のプロファイラー」。母親の誕生日に毎年、シカゴの実家に帰省するモーガン。家族との再会を楽しんでいた夜、突然自宅を訪ねた刑事によって少年殺害の容疑で逮捕されてしまう。帰省のたびに訪れるユースセンターで少年たちとフットボールをした後、そのうちの1人を家に送ったのだが、その少年ダミアンが他殺死体となって発見されたのだ。手口は過去2件起きた殺人と酷使しており、担当刑事のゴーディンスキーは15年前に最初の事件で死体発見者だったモーガンを疑っていた。ホッチは部下の容疑を晴らすべく、BAUチームを同行しシカゴ入りする。チームは、モーガンの無実を証明するため、彼の過去の事情を知る必要があったのだが、モーガンは信頼する仕事仲間にプライバシーを侵されることに対しての激しい抵抗を示す。次第に明らかになるモーガンの知られざる生い立ちと、封印された過去の罪…。そしてチームが全力を挙げて情報収集に奔走する中、拘留中のモーガンが姿を消してしまう。
第13話「史上最上の敵」。ネバダ州ゴルコンダ。昼下がりのダイナーに入っていったギデオンは、1人の男客の向かい側に腰を下ろし、「ある男を捜している」と告げて詳しい特徴を語る。まさにそのプロファイル通りのその男はフランクと名乗り、ストロベリー・シェイクを飲み終えたらギデオンの望む情報を与えようと答える。フランクは史上最多の犠牲者を生んだと思われる連続殺人犯だった。ギデオンは、ゴルコンダの荒野で女性の腕と男性の胴体が発見された時から犯人発見までの経緯を彼に語り始める。
第14話「血塗られた黙示録」。ジョージア州で、犯行直前の犯人から電話が警察に入る。IT企業社長の豪邸からかけられた電話の声の主は自らをラファエルと名乗り、罪人を殺すと宣告。わずか数分後に駆けつけた警察が発見したのは、寝室で倒れた社長夫妻の惨殺遺体と血の付いたヨハネの黙示録の1項だった。電話からは2人の男の声が聞こえ、一方が他方に犯行を強制している様子から、BAUは主従関係のある2人組の犯行と推測。ガルシアは、この殺人の一部始終の映像がネット配信されていることを発見。犯行現場はカメラ内臓のパソコンが設置されていた。そんな中、2件目の事件が発生し、新しい映像が配信される。その映像から浮上したある男の家を訪ねたリードとJJは…。
第15話「多重人格」。JJは猛犬に襲われ、リードは男に囚われて納屋に運ばれる。トバイアスという名のその男は、臆病で優しい本人、荒々しく威圧的なもう1人の男など複数の人格を持っていた。リードは交互に現れる異なる人格によって、拷問と、痛みを和らげるためのドラッグを繰り返し注射され、その度に過去の辛い思い出がフラッシュバックする。一方、チームはトバイアスの自宅を捜査する中で、父親が半年前に死亡した状態で地下に保存されているのを発見。彼の2人目の人格は父親のものではないかと推測された。BAUはリードの居場所を懸命に探るが、手がかりが得られない中、コンピューター画面にリードの変わり果てた姿が映し出され…。
第16話「見えない恐怖」。マンハッタンのベッドタウン、白人富裕層が多く住むウェストチェスター郡グロートンで、黒人少女サンドラと白人少年ケンが殺される。ここ数週間で他に2人の黒人少女が殺害されており、反人種差別を訴える牧師がマスコミで大々的に人種憎悪犯罪を批判する中、ニューヨーク市長は一日も早い事態収拾を望み、BAUに捜査協力を依頼する。数週間前にサンドラに送りつけられていた脅迫状は女が書いたものと推測するリード。ニューヨークに到着したBAUは、地元警察の捜査で、ひとりの女子高生が事情聴取されていたことを知る。モーガンとプレンティスが再度彼女に問いただすと、脅迫状を書いたことを告白するが…。一方、メディアが人種憎悪犯罪として扱う中、BAUの中では、犯人は人種差別犯罪者ではなく、性犯罪者の可能性が高いことが推測されはじめる。そんな中、モーガンとともに容疑者を張っていた刑事が何者かの銃弾に倒れる。
第17話「救護信号」。テキサス州ヒューストン。治安の悪い第5区で、過去48時間の間に3人の男性が首の骨を折られて殺されるという事件が発生する。被害者の共通点も目撃者も皆無。現場はギャングによる犯罪が頻発する地域で、周囲は街の再開発で建築騒音が轟いていた。3件目の犯行現場を捜査するモーガンは、長い間使われていない倉庫があるのを発見。つい最近までそこで何者かが生活していた跡が見られたことから、チームは犯人がホームレスと想定して捜査を絞り込んでいく。そんな中、道路工事の作業員がマンホールで殺されるという4件目の事件が発生。一方、殺害現場付近の衛星写真を調べていたガルシアが、犯行があった廃墟ビルの屋上にSOSの文字が描かれていることを発見する。それはまるで戦場での救護信号さながらだった。
第18話「ニューオリオンズの切り裂きジャック」。ニューオリオンズを襲ったカトリーナ台風によってベテラン刑事が命を落とした。3人の男性がノドを切られ内臓を抜かれる連続殺人事件捜査に没頭し、避難が遅れての悲劇だった。その後18か月の沈黙を破り、再び同じ手口の殺人が発生し、刑事宛に犯行文が届く。死亡した刑事の息子のビルが担当を引き継いでおり、BAUに捜査協力を依頼する。最初の3件に関する資料はすべてカトリーナで失っていたが、ビルは父親が死ぬ間際に残したメッセージを見て欲しいとBAUを倒壊した自宅に案内する。壁に彫られた“JONES”の文字は何を示すのか? 一方言動が不安定になっていたリードは、ニューオーリンズ在住の古い友人と会っていて、ブレンティスからの電話を無視する。
第19話「悲しみの業火」。サンフランシスコ近郊で、一軒家に住む家族を狙った2つの放火事件が相次いで発生。家族が就寝中の火災で、防災服を着た男が苦しむ家族を眺めていたことが被害者の証言でわかっていた。地元の消防局放火班とともに事件解明に当たるBAU。被害者家族の分析を進める中、ガルシアは両家族の夫が勤める会社に共通点を見出す。いずれも、環境活動団体EDFによって地下タンク漏れ(LUST)有罪企業として名指しされていた。そんな中、親子3人が焼死する事件が新たに発生。ギデオンとホッチは、犯行現場にEDFのリーダー、アビーを呼び出して反応を見ることに。彼は容疑者扱いを受けたことに不快感を示すが、彼の秘密めいた態度が気にかかるホッチ。アビーの追跡をするホッチたちが探り当てた新事実とは…。
第20話「ロシアン・マフィア」。ある朝、プレンティスの母エリザベスが何の前触れもなくBAUを訪れる。同行してきたのは、ボルティモアに住むロシア人のチェルナス母子。ウクライナ大使館職員だった一家の主であるセルゲイが誘拐され、10万ドルの身代金を要求されたというのだ。ロシア語で書かれた脅迫状とともに、切断された指が届けられていた。司法当局を信用しない彼らが、元ウクライナ大使だったエリザベスに助けを求めたのだが、正式な手続きを踏まずに捜査を依頼するエリザベスの強引なやり方にホッチは戸惑いながらも押し切られる。地元支局のクレイマー捜査官と合流したギデオンとリードは、同様の事件が1年以上前から発生しており、すべての事件にロシアン・マフィアが関与していることを知る。ただし彼らは決して一般人は狙わないはず。だとすれば、チェルナス家とマフィアの関係は…。
第21話「殺人ハンター」。アイダホ州の広大な国有林で男性の遺体が発見される。特徴は、何かが内臓を貫通した跡が2つあることと、森林を歩く服装をしていなかったことだった。同様の被害者が2名発見されていたことから、BAUは連続殺人事件として捜査を開始。捜索願を洗い出したガルシアは、ワシントン州スボケイン郡で、過去5年間に行方不明者が10名、いずれも春に車ごと失踪していることを突き止める。遺体発見現場の状況から、容疑者がハンターである可能性が浮上。狩猟店を訪れたギデオンは、凶器が狩猟用の弓矢ではないかと推定。そんな中、新たな女性が行方不明になり…。
第22話「出口のない迷路」。カンザスシティ警察のマクギー刑事がJJの元を訪れ、担当しているホームレス地区で失踪事件が発生していると訴える。消えているのはホームレス、娼婦、麻薬依存症者などばかりで、その数は少なくとも63人に及ぶという。ところが、失踪届けが出ていないため、警察は事件として扱う気がない様子。失踪者数の多さに異常を感じ捜査の必要性を主張するJJ。モーガンも浄化殺人の可能性を指摘する。急遽、現場に飛んでマグギーの上司に捜査協力を申し出るホッチ。そんな中、ひとりの売春婦が何者かに連れ去られる。まるで迷路のような不気味な建物に閉じ込められ、日の出までに脱出できなければ、処刑すると宣告され逃げ惑う女。一方、チームは夜の街での聞き込み中、巡回する福祉員に出会うが…。
第23話「史上最強の敵―再び−」。大学時代の友人サラを自宅に招いて食事することになっていたギデオンは、帰りが遅れたおわびに花束を買うことに。そこへホッチから電話があり、臨時の査定が行われることになったが、自分のファイルだけ提出を求められておらず、リストラの対象に考えられているのではと不安をぶつけられる。その時、通りの向こうに、シリアル・キラー、フランクとともに姿を消したはずのジェーンを見かけ、ギデオンは驚愕する。花屋を出た直後、サラの携帯電話から着信が入る。ところが聞こえてきた声は、かつてネヴァダ州でとり逃した連続殺人犯フランクだった。無残にもフランクの犠牲になったサラ。血まみれでフランクを追跡する姿を目撃されたギデオンは警察にとってはサラ殺害の容疑者だった。ギデオン関与の事件にかかわることを厳しく禁じられてしまうBAU。そんな彼らの元にフランクから“ジェーンを渡せ。全員殺すぞ。”というメッセージが届く。フランクとジェーンの間に何が起こったのか?ジェーンはどこに?全員とは誰のことなのか?BAUと史上最強の敵、フランクとの壮絶な対決が再び始まる…。
続きを読む

お弁当

お弁当
市内の中学校は今年から完全給食になるのですが、
実施は5月下旬から。
それまでは毎日お弁当です。

2年生になった三女は、
一年間ほとんどかかさずにお弁当を作りました。
1年生になった長男のお弁当も
一緒に作ってくれると言っていますが、
弁当箱が大きいと中身を埋めるのが大変なので(^^;;
ちょっとかわいそうかな〜と思って
久しぶりに子ども達のお弁当を作りました。
もちろん、ついでなので高校生の次女の分も。

いつもは冷凍食品を詰め込んでいく娘達ですが、帰ってきた三女は
「今日は冷凍食品が一つもなかったから手作り弁当っぽくて嬉しかった」と可愛いことを(^^)
これからも、たまには弁当作りをしようっと。

備忘録

更新が滞っていますが、映画はそれなりに観ているので
書こうと思っているレビューは溜まる一方(^^;;
備忘のためにレビューを書く予定の作品を並べておきます。
-----

スーパーナチュラル シーズン2
プリズン211
ロスト・アイズ
スーパーナチュラル シーズン3
スーパーナチュラル シーズン4
スーパーナチュラル シーズン5
クラッシュ
プライベート・プラクティス シーズン3
フェイス/オフ
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女
ミレニアム2 火と戯れる女
ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士
完全なる報復
ザ・タウン
39 刑法第三十九条
コンテイジョン
ムカデ人間
ハンナ
ホステル3
ファイナル・デッドコースター
ファイナル・デッドブリッジ
モンスターズ 地球外生命体
ザ・ウォード 監禁病棟
127時間
アウトレイジ
ヴィタール
アジョシ
ゴーストライター
キラー・インサイド・ミー
ブラック・スワン
冷たい熱帯魚
デビル
アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ
英国王のスピーチ
アンダーワールド
アンダーワールド2
アンダーワールド ビギンズ
ギャラバサラ 戦国時代は圏外です
臨場
ザ・ウォーカー
アドレナリン
アドレナリン2
猿の惑星:創世記
エクスペンタブルズ
殺しのドレス
世界侵略ロサンゼルス決戦
サンクタム
八日目の蝉
メンタリスト シーズン2
ダークフェアリー
THE EVENT
バイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉
遺留操作
アンチクライスト
ドクター・ハウス シーズン6
さまよう刃
ブリッツ
フライトナイト 恐怖の夜
リアル・スティール
ゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春
スーパーナチュラル シーズン6
イット
シャドウズ・ゲート

ゴースト ファイナル・シーズン
インキーパーズ
ウェイク・ウッド蘇りの森
ボーター
トライアングル
連合艦隊司令長官 山本五十六
ダーク・チャイルド 血塗られた系譜
ライトゥミー ファイナルシーズン
クリミナルマインド シーズン3
SPEC
SPEC 翔
SPEC 天
人喰猪、公民館襲撃す!
悪の教典 序章
クレイズ・アナトミー シーズン7
メンタリスト シーズン3
NITRO ニトロ
デビル・インサイド
アンダーワールド 覚醒
セルビアン・フィルム
麒麟の翼
ミッション・インポッシブル:ゴースト・プロトコル
グッド・ドクター 禁断のカルテ
LOFT 完全なる嘘
ファイト・クラブ
私が、生きる肌
臨場 劇場版
TIME/タイム
バトルシップ
愛と喝采の日々
ドラマW 誘拐
ムカデ人間2
LIVIDE リヴィッド
少年は残酷な弓を射る
ディスコード
ブラック・ブレッド

確保中のDVD

I am Sam アイ・アム・サム(洋)
アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン(洋)
愛情物語(洋)
愛という名のもとに(邦ドラマ)
相棒 シーズン6(邦ドラマ)
相棒 シーズン7(邦ドラマ)
悪魔のいけにえ スペシャル・エディション(洋)
悪魔の沼(洋)
悪魔のようなあいつ(邦ドラマ)
赤穂浪士 天の巻/地の巻(邦ドラマ・片岡知恵蔵1956)
赤穂浪士(邦・片岡知恵蔵1961)
明日への遺言(邦)
アダム 神の使い悪魔の子(洋)
アダムス・ファミリー(洋)
アダムス・ファミリー2(洋)
穴(洋)
ある公爵夫人の生涯(洋)
アンフィニッシュ・ライフ(洋)
アンフォゲタブル(洋)
イーオン・フラックス(洋)
錨を上げて(洋)
硫黄島からの手紙(洋)
イルマーレ(洋)
イレイザーヘッド(洋)
イン・ザ・カット(洋)
インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア(洋)
イン・ハー・シューズ(洋)
インファナル・アフェア(洋)
インファナル・アフェア2 無間序曲(洋)
インファナル・アフェア3(洋)
インランド・エンパイア(洋)
ヴェルヴェットの森(洋)
ウォーターボーイズ(邦ドラマ)
ウォーターボーイズ(邦)
ウォーリー(洋アニメ)
ウォルター少年と夏の休日(洋)
宇宙戦艦ヤマト(邦アニメ)
海猿(邦ドラマ)
ウルトラ・ヴァイオレット(洋)
エクソシスト3(洋)
エスケープ・フロム・L.A.(洋)
SP(邦ドラマ)
エルム街の悪夢3 惨劇の館(洋)
エルム街の悪夢4 ザ・ドリームマスター最後の反撃(洋)
エルム街の悪夢5 ザ・ドリームチャイルド(洋)
エルム街の悪夢 ザ・ファイナル・ナイトメア(洋)
エルム街の悪夢 ザ・リアルナイトメア(洋)
ALWAYS 三丁目の夕日(邦)
オトシモノ(邦)
乙女の祈り(洋)
踊る大紐育(洋)

楽聖ショパン(洋)
カクタス・ジャック(洋)
崖の上のポニョ(邦アニメ)
合衆国壊滅 M10.5(洋ドラマ)
神に選ばれし無敵の男(洋)
カバーガール(洋)
華麗なる一族(邦ドラマ)
感染(邦)
完全犯罪クラブ(洋)
官能(洋)
カンパニー・マン(洋)
カンフーパンダ(洋アニメ)
気まぐれな狂気(洋)
ギャザリング(洋)
キャビン・フィーバー(洋)
虚栄のかがり火(洋)
嫌われ松子の一生(邦)
キル・ビル(洋)
キル・ビル Vol.2(洋)
キング・オブ・バイオレンス(洋)
グラン・トリノ(洋)
黒い太陽七三一3 石井細菌舞台の最期(洋)
刑事コロンボ(洋ドラマ)
検屍官(洋)
ゴースト・オブ・マーズ(洋)
ゴーストバスターズ2(洋)
ゴーストライト(洋)
コーラスライン(洋)
コーリング(洋)
ゴーン・ベイビー・ゴーン(洋)
ゴジラ ファイナル・ウォーズ(邦)
ゴッド・クローン(洋)
五線譜のラブレター(洋)
コレクター(洋)

ザ・インターネット(洋)
ザ・セル(洋)
ザ・チャイルド(洋・スティーブン・キング)
ザ・フォッグ(洋・1979)
THE 4400 シーズン1(洋ドラマ)
THE ROOM 閉ざされた森(洋)
13 thirteen アイスクリーム殺人事件/グッバイ・ベイビー(洋ドラマ)
13 thirteen 愛と欲望の毛皮/妻の死の価値(洋ドラマ)
13 thirteen ヴァレリーの誘惑/言葉なき隣人(洋ドラマ)
13 thirteen 男が女を殺すとき/黒猫/ドリーム・クルーズ(洋ドラマ)
13 thirteen ノイズ/災厄の街(洋ドラマ)
13 thirteen ワシントン・コード/Vの伝染(洋ドラマ)
13ウォーリアーズ(洋)
最後の恋のはじめ方(洋)
サイダーハウス・ルール(洋)
サイレントナイト(洋)
サイレント・ノイズ(洋)
サウンド・オブ・サイレンス(洋)
叫(邦)
ザナドゥ(洋)
サブライム 白衣に潜む狂気(洋)
さまよう魂たち(洋)
サランドラ2(洋)
ジーパーズ・クリーパーズ(洋)
ジェイソンX(洋)
JIGSAW ゲーム・オブ・デス(洋)
屍体(洋)
シャッター(洋)
シャドー(洋)
新・13日の金曜日 Part 5(洋)
13日の金曜日 Part 6 ジェイソンは生きていた(洋)
13日の金曜日 Part 7 新しい恐怖(洋)
13日の金曜日 Part 8 ジェイソンN.Y.へ(洋)
13日の金曜日 ジェイソンの命日(洋)
将軍の娘(洋)
処女の生き血(洋)
ジョンQ 最後の決断(洋)
白い家の少女(洋)
親切なクムジャさん(洋)
スウィング・ガールズ(邦)
SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ(邦)
スコア(洋)
スター・ウォーズ エピソード1(洋)
スター・ウォーズ エピソード2(洋)
スター・ウォーズ エビソード3(洋)
スター・ウォーズ クローン大戦1(洋アニメ)
スター・ウォーズ クローン大戦2(洋アニメ)
スタンド・バイ・ミー(洋)
ステイ(洋)
スパイキッズ2(洋)
スパイキッズ3(洋)
スパイダー(洋)
スパイラル(洋)
スリープ・ウォーカーズ(洋)
スリープレス(洋)
聖なる狂気(洋)
鮮血の魔術師(洋・ダリオ・アルジェント)
続・猿の惑星(洋)

ダーク・ウォーター(洋)
ダーク・エンジェル(洋ドラマ)
ダーク・エンジェル2(洋ドラマ)
ダークマン(洋)
大忠臣蔵(邦ドラマ・三船敏郎)
ダウンタウン物語(洋)
タクシー・ドライバー(洋)
ダニー・ザ・ドッグ(洋)
ダムド 呪いの墓場(洋)
男女7人秋物語(邦ドラマ)
男女7人夏物語(邦ドラマ)
ダンサー・イン・ザ・ダーク(洋)
ダンス・レボリューション(洋)
小さな目撃者(洋)
CHAIN チェーン(洋)
乳姉妹(邦ドラマ)
父親たちの星条旗(洋)
チャイルド・コレクター 溺死体(洋)
チャングムの誓い(洋ドラマ)
忠臣蔵(邦ドラマ・TBSビートたけし)
忠臣蔵 櫻花の巻/菊花の巻(邦・片岡知恵蔵1959)
忠臣蔵 決断の時(邦ドラマ・テレビ東京2003)
忠臣蔵 瑤泉院の陰謀(邦ドラマ・テレビ東京2007)
追憶(洋)
ツイン・ピークス シーズン1(洋ドラマ)
D.N.A. ドクター・モローの島(洋)
ディセント2(洋)
ティファニーで朝食を(洋)
デス・クローン(洋)
デス・サイト(洋)
デスノート(邦アニメ)
デス・プルーフ(洋)
デッド・ゾーン(洋)
デッド・ゾーン シーズン1(洋ドラマ)
デモンズ(洋)
地球へ...(邦アニメ・2007)
地球へ...劇場版(邦)
ドーン・オブ・ザ・デッド ディレクターズ・カット版(洋)
トゥーム・レイダー(洋)
トゥーム・レイダー2(洋)
トゥルー・コーリング(洋ドラマ)
閉ざされた森(洋)
ドッペルゲンガー(邦)
DOMIN8 ドミネイト(洋)
トラウマ 鮮血の叫び(洋)
ドラキュリア2 鮮血の狩人(洋)
ドラキュリア3 鮮血の十字架(洋)
ドラムライン(洋)
トランサー(洋)
トロメオとジュリエット(洋)
どろろ(邦)
ドン・サバティーニ(洋)

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 最終版(洋)
夏への扉(邦アニメ)
ニック・オブ・タイム(洋)
ネバーランド(洋)
呪われた森(洋)
ノンフィクション(洋)

ハード キャンディ(洋)
ハウルの動く城(邦アニメ)
博士の異常な愛情(洋)
BUG バグ(洋)
パッチ・アダムス(洋)
パンプキンヘッド 禁断の血婚(洋)
HERO(邦ドラマ)
ヒトラー ~最後の12日間(洋)
ひとりかくれんぼ(邦)
白虎隊(邦ドラマ・2007)
ビューティフル ボーイ(洋)
ヒューマン・キャッチャー(洋)
ブース booth(邦)
ファイナルデスゲーム(洋)
フェーム(洋)
ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ(洋)
フェノミナ(洋)
フォーン・ブース(洋)
ブギーマン 死霊の鏡(洋)
ブギーマン2 憑依(洋)
フューリー(洋)
ブラザーフッド(洋)
ブラック・サンデー(洋)
ブラック・スネーク・モーン(洋)
ブラック・ダイヤモンド(洋)
ブラックブック(洋)
ブラッド・ダイヤモンド(洋)
プラトーン(洋)
フリークス(洋)
振り返れば奴がいる(邦ドラマ)
プリズン・プレイク(洋ドラマ)
プリズン・ブレイク シーズン2(洋ドラマ)
プリズン・ブレイク シーズン3(洋ドラマ)
プリマダム(邦ドラマ)
不良少女とよばれて(邦ドラマ)
ブルーノート物語(洋)
ブルーベルベット(洋)
ブレアウィッチ・プロジェクト(洋)
プレアウィッチ2(洋)
フレディvsジェイソン(洋)
フロム・ダークサイド 3つの闇の物語(洋)
ヘアー(洋)
ヘアスプレー(洋)
HEA7EN ヘヴン(洋)
ヘルゲイト(洋)
ベルリン・フィルと子どもたち(洋)
ヘルレイザー リターン・オブ・ナイトメア(洋)
ヘルレイザー ワールド・オブ・ペイン(洋)
ヘルレイザー ヘルワールド(洋)
VOICE ボイス(洋)
亡国のイージス(邦)
北斗の拳(邦アニメ)
ボディコレクター(洋)
ホテルゾンビ(洋)
ホテル・ルワンダ(洋)
ホリデイ(洋)
堀部安兵衛(邦ドラマ)
ボーン・アイデンティティー(洋)
ボーン・スプレマシー(洋)
ボビー(洋)

マイ・ライフ・イズ・ア・ドッグ(洋)
マウス・オブ・マッドネス(洋)
マジック(洋)
マジェスティック(洋)
マスカレード 甘い罠(洋)
マタンゴ(邦)
マトリックス・リローデッド(洋)
マトリックス・レボリューション(洋)
マリー・アントワネットの首飾り(洋)
マルホランド・ドライブ(洋)
ミミック(洋)
耳に残るは君の歌声(洋)
ミュージック・オブ・ハート(洋)
mute(洋)
ムーラン・ルージュ(洋)
もう誰も愛さない(邦ドラマ)
燃えよドラゴン(洋)
模倣犯(邦)

やまとなでしこ(邦ドラマ)
ゆりかごを揺らす手(洋)
予言(邦)
よろずや平四郎活人剣(邦ドラマ)

ライセンス・トゥ・キル 殺しのライセンス(洋)
ライディング・ザ・ブレット(洋)
ラッキーナンバー7(洋)
ランゴリアーズ(洋)
リ・ジェネシス(洋ドラマ)
リ・ジェネシス2(洋ドラマ)
離婚弁護士(邦ドラマ)
離婚弁護士2(邦ドラマ)
リサイクル -死界-(洋)
リップスティック(洋)
リトル・ミス・サンシャイン(洋)
リバティーン(洋)
リプレイ(洋)
リ:プレイ(洋)
LIMIT OF LOVE 海猿(邦)
理由(洋)
臨死(洋)
LOOP ループ(洋)
Ray(洋)
-less(洋)
レディ・イン・ザ・ウォーター(洋)
レリック(洋)
ロー&オーダー vol.3~(洋ドラマ)
RONIN(洋)
六番目の幸福(洋)
LOST(洋ドラマ)

ワイルド・ワイルド・ウエスト(洋)
わたしは目撃者(洋)
私を野球につれてって(洋)
嗤う伊右衛門(邦)
わらの犬(洋)

洋画・ドラマ INDEX は〜ドラマ

【映画】
【は】
 バーティカル・リミット
 HEART(ハート)
 パーフェクト・クリーチャー
 パーフェクト・ストレンジャー
 バイオハザード
 バイオハザードII アポカリプス
 バイオハザードIII
 バイオハザードIV アフターライフ
 ハイ・クライムズ
 ハイスクール・ミュージカル
 ハイスクール・ミュージカル2
 ハイテンション
 HYDE ハイド
 ハイド・アンド・シーク
 パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち
 パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト
 パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド
 ハウス・オブ・ザ・デッド
 バスケットケース
 バタフライ・エフェクト
 バタリアン
 バックドラフト
 バッド・シード(ワイヤー・イン・ザ・ブラッド)
 バッド・テイスト
 バッドボーイズ
 バッドボーイズ 2バッド
 バットマン
 バットマン ビギンズ
 母なる証明
 ハプニング
 パフューム ある人殺しの物語
 パブリック・エネミーズ
 バベル
 ハムナプトラ 失われた砂漠の都
 ハムナプトラ2 黄金のピラミッド
 パラサイト
 パラノーマル・アクティビティ
 ハリー・ポッターと賢者の石
 ハリー・ポッターと秘密の部屋
 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
 ハリー・ポッターと謎のプリンス
 バレンタイン
 バレンタインデー
 ハロウィン(1978年)
 ハロウィン II(1981年)
 ハロウィン III
 ハロウィン4 ブギーマン復活
 ハロウィン5 ブギーマン逆襲
 ハロウィン6 最後の戦い
 ハロウィンH20
 ハロウィン レザレクション
 ハロウィン(2007年)
 ハロウィンII(2009年)
 バンガー・シスターズ
 パンズ・ラビリンス
 ハンティング(マスターズ・オブ・ホラー)
 ハンニバル
 ハンニバル・ライジング
 パンプキンヘッド 復讐の謝肉祭

【ひ】
 P.S. アイラヴユー
 Pieces ピース
 P2
 ヒート
 ビートルジュース
 ビッグ・ウェンズデー
 ビッグ・ビジネス
 羊たちの沈黙
 ヒッチャー
 評決のとき
 ヒルズ・ハブ・アイズ
 ヒルズ・ハブ・アイズ2

【ふ】
 ブーリン家の姉妹
 ファイナル・デスティネーション
 ファイナル・デッドコースター ファイナル・デスティネーション3
 ファニーゲーム(1997年)
 ファニーゲーム U.S.A.
 ファンタスティック・フォー
 ファンタスティック・フォー:銀河の危機
 フィースト
 フィフス・エレメント
 15ミニッツ
 フィラデルフィア
 封印殺人映画
 ブギーマン
 フットルース
 フライトナイト
 フライトプラン
 プライベート・ライアン
 ブラインドネス
 ブラザーズ・グリム
 ブラス!
 プラダを着た悪魔
 ブラック・ウォーター
 ブラックホーク・ダウン
 F.R.A.T. 戦慄の武装警察
 フラットライナーズ
 ブラッド
 PLANET OF THE APES 猿の惑星
 フランケンシュタイン
 フリーダムランド
 プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂
 フルメタル・ジャケット
 フル・モンティ
 ブレイブ ワン
 ブレインデッド
 ブレス・ザ・チャイルド
 フロストバイト
 プレッジ
 プロフェシー
 フロム・ヘル

【へ】
 ベスト・キッド(2010年)
 ベストセラー
 ヘッケルの死霊(マスターズ・オブ・ホラー)
 ペット・セメタリー
 ベビー・ルーム(スパニッシュ・ホラー・プロジェクト)
 ペリカン文書
 ヘルゾンビ(クライヴ・バーカー)
 ヘルボーイ
 ヘルレイザー
 ヘルレイザー2
 ヘルレイザー3
 ヘルレイザー4
 ヘルレイザー ゲート・オブ・インフェルノ
 ベンゴ
 ベンジャミン・バトン 数奇な人生
 変人村

【ほ】
 ホートン ふしぎな世界のダレダーレ
 ボーン・コレクター
 ホーンティング
 ホーンテッドマンション
 ボイス
 ポイント45
 ぼくのエリ 200歳の少女
 ホステージ
 ホステル
 ホステル2
 ポセイドン
 ポセイドン・アドベンチャー(1972年)
 ポセイドン・アドベンチャー(2005年)
 墨攻
 ボディガード
 炎のジプシーブラス 地図にない村から
 炎のメモリアル
 ポリスアカデミー
 ポリスアカデミー2 全員出動!
 ポリスアカデミー3 全員再訓練!
 ボルケーノ
 ポルターガイスト
 ホワイトナイツ

【ま】
 マーターズ
 迷子の警察音楽隊
 マイドク
 マイノリティ・リポート
 マイ・フェア・レディ
 マイ・ボディガード
 MAGMA マグマ
 MOTHER マザー
 マシニスト
 魔女の棲む館(マスターズ・オブ・ホラー)
 マスク・オブ・ゾロ
 マスターズ・オブ・ホラー/悪夢の狂宴
 マッハ!
 マトリックス
 マネートレーダー/銀行崩壊
 マネキン
 魔法使いの弟子
 魔法にかけられて
 マリー・アントワネット
 マンダレイ
 マンデラの名もなき看守
 マンマ・ミーア!

 『マスターズ・オブ・ホラー』
  愛しのジェニファー
  インプリント ~ぼっけえ、きょうてえ~
  世界の終り
  ゾンビの帰郷
  ダンス・オブ・ザ・デッド
  チョコレート
  ディア・ウーマン
  閉ざされた場所
  ハンティング
  ヘッケルの死霊
  魔女の棲む館
  ムーンフェイス
  虫おんな

【み】
 ミザリー
 Mr.& Mrs. スミス
 ミスティック・リバー
 ミスト
 M:I:3(ミッション・インポッシブル3)
 ミラーズ
 ミラーズ2
 ミリオンダラーベイビー
 ミルク

【む】
 ムーンウォーカー
 ムーンフェイス(マスターズ・オブ・ホラー)
 虫おんな(マスターズ・オブ・ホラー)

【め】
 MAY -メイ-
 メジャーリーグ
 メメント

【も】
 モーテル
 黙秘
 モンスター

【や】
 屋敷女

【ゆ】
 ユージュアル・サスペクツ
 遊星からの物体X
 U・ボート

【よ】
 歓びの毒牙(きば)
 40歳の童貞男
 4分間のピアニスト

【ら】
 ラウンド・ミッドナイト
 ラスト・エクソシズム
 ラスト・サマー
 ラスト・サマー2
 ラスト3デイズ 〜すべて彼女のために
 ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト -鮮血の美学-
 ラッシュアワー
 ラブ・オブ・ザ・ゲーム
 ラブソングができるまで
 ラブリーボーン
 ランド・オブ・ザ・デッド
 ランボー 怒りの脱出
 ランボー3 怒りのアフガン

【り】
 リーピング
 リアル・フレンド(スパニッシュ・ホラー・プロジェクト)
 RESET リセット
 リトル・ダンサー

【る】

【れ】
 レイク・オブ・ザ・デッド
 霊視
 レギオン
 レザボア・ドッグス
 レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード
 REC/レック
 RED
 レッド・ドラゴン
 レナードの朝
 レベル・サーティーン
 レミーのおいしいレストラン
 恋愛小説家

【ろ】
 ロード・オブ・ザ・ダンス
 ロード・オブ・ザ・リング
 ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔
 ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還
 蝋人形の館
 ロスト・アイズ
 ロッキー・ザ・ファイナル
 ロックンロール・フランケン

【わ】
 ワールド・トレード・センター
 ワイヤー・イン・ザ・ブラッド(ワイヤー・イン・ザ・ブラッド)
 ワイルド・スピード
 ワイルド・スピード×2
 私の中のあなた
 ワルキューレ
 ワン・ミス・コール

【ドラマ】
 クリミナル・マインド FBI vs. 異常犯罪

 グレイズ・アナトミー
 プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン1

 ゴースト〜天国からのささやき

 スーパーナチュラル

 24 -twenty four-

 Dr. HOUSE

 HEROES/ヒーローズ

 THE MENTALIST/メンタリスト

 ワイヤー・イン・ザ・ブラッド
  1stシーズン
   ワイヤー・イン・ザ・ブラッド
   キリング・シャドー
   デス・ペナルティー
  2ndシーズン
   クライング・ドール
   ウィッチ・コード
   クロス・レクイエム
   エンジェル・オブ・デス
  3rdシーズン
   シークレット・ガーデン
   バッド・シード
   9 P.M.
   シンクロニシティ

 その他

  刑事コロンボ
   刑事コロンボ Vol.1

  ザ・グリッド

  ザ・プラクティス
   ザ・プラクティス シーズン1 Vol.1
   ザ・プラクティス シーズン1 Vol.2

  SEX and the CITY
   SEX and the CITY Season 1 Vol.1
   SEX and the CITY Season 2 Vol.2
   SEX and the CITY Season 3 Vol.3
   SEX and the CITY Season 6 Vol.4
   SEX and the CITY Season 6 Vol.7

  ナース・ジャッキー

  NIP/TUCK マイアミ整形外科医 シーズン1
  NIP/TUCK マイアミ整形外科医 シーズン2

  フィアー・イットセルフ FEAR ITSELF
   二人の男/Xデイ
   マンイーター/疑惑

  フラッシュフォワード

  フラッシュポイント -特殊機動隊SRU-  シーズン1 Vol.1
  フラッシュポイント -特殊機動隊SRU-  シーズン1 Vol.2

  ライ・トゥ・ミー 嘘の瞬間 シーズン1
  ライ・トゥ・ミー 嘘の瞬間 シーズン2

  ロー&オーダー
   ロー&オーダー Season1 Vol.1
   ロー&オーダー Season1 Vol.2








シャービック

シャービックってわかりますか。
粉末を牛乳で溶いて冷凍庫で固めるやつ。
うちの子ども達は大好きで、毎年必ず作ります。

買ったものの冷凍庫の中がいっぱいでそのまま放置していたシャービック。
昨夜、練習から帰宅するとだんなと息子達で作ったと冷凍庫で涼んでおりました。

早速食べる次女A。
「これ、砂糖入れたんじゃないの」
そんなまさか。と一口食べてみる。
あれ、ちゃんと溶かしてないじゃん。
粉末の固まりがところどころに見えている(爆

今度はmamaがちゃんと溶かして作ってあげよう(^^;;

積極性は大事よ

毎日毎日、楽しそうな子ども達。
Aは自己紹介で「生徒会長になりたい」と宣言し、
Mは学年親睦ドッジボール大会の主審に立候補し、
Kは集会委員会の委員長になり、
K2は相変わらず遊び回っている。
続きを読む

ゴースト〜天国からのささやき シーズン3

ゴースト シーズン3
GHOST WHISPERER Season3
2007年:アメリカ
原作:ジョン・グレイ
出演:ジェニファー・ラヴ・ヒューイット、デビッド・コンラッド、カムリン・マンハイム、ジェイ・モーア、クリストフ・サンダーズ

第1話「母の秘密」。霊的能力を持つ子どもたちのお陰で奇跡的に蘇ったメリンダの背後に現れる不気味な霊の影。父親と光の中で会ったメリンダは父に何が起きたのか調べようとする。そんな時、地下で事故死した男の霊が現れる。夢で現れた父がくれたヒントを頼りに男の死を調べたメリンダは、25年前に両親がグランドビューに住んでいたことがあり、その男の妻の死に母が関わっていることや町の下に邪悪な霊たちが潜んでいることを知る。
第2話「 血まみれメアリー」。都市伝説の血まみれメアリーを呼び出した女子学生たちが次々と硬直したまま意識不明に陥った。昔、グランドビューで両親に生きたまま埋められた娘メアリーの祟りだと学生たちは大騒ぎする。しかしメアリーではなく別の霊の仕業だと考えたメリンダは、調べていくうちにメアリーを呼び出す肝試しをした時に死んだ学生がいたことを知る。心臓に欠陥があり孤独な思いをしていたその女子学生がメアリーと同調して復讐していたのだ。
第3話「取りつかれた英雄」。ジムの同僚マットの帰還とともに現れ始めた兵士の霊たち。だが妙なことに彼らはメリンダの呼びかけに応じず、マットも彼らの出現に反応するのだ。部下たちが死んだ時の記憶を失い何かに脅え奇行を繰り返すマット。彼らがマットの部下たちだと知ったメリンダはある映像の存在を知る。そこには部下たちを振り切って車に向かうマットの姿と直後に爆死する兵士たちが映っていた。メリンダは彼らとマットのために、その時の真相を探る。
第4話「恐怖のストーカー」。弁護士のシェーンをストーキングする霊コリーンが現れる。しかしストーカーはシェーンの方で、彼に追いつめられて死んだコリーンが復讐していたのだ。そんな時、シェーンのストーキング対象がメリンダに向かい始め、デリアたちに被害を与えてメリンダを孤立させようとしたり、家にまで侵入するようになる。身の危険を感じたメリンダは彼の犯罪行為の証拠をつかんで裁きを与えるため、コリーンと結束して彼に立ち向かう。
第5話「地下に眠る秘密」。メリンダの家にガブリエルが現れて、互いの父親の私物だと言って写真などを残していく。その写真の1枚から現れた女性の霊。彼女は19世紀半ばに霊から受けた警告を町の人たちに伝えて魔女扱いされ、子どもと引き離された霊だった。様々な手がかりを追っていくいうちにグランドビューの町の下に別の町が存在していて、そこに霊たちがとらわれていることがわかる。地下に残る町に下りていったメリンダは、そこで意外な事実を知る。
第6話「写真からのメッセージ」。ペイン教授の同僚教授クローディアの教え子ケヴィンが事故死した直後から彼女の姿が写真から消えて別の女性の姿が写し出されるようになる。写真に現れた女性はケヴィンの恋人ソフィーで、彼がクローディアと浮気したことを知って、彼が事故死する直前に自殺する映像を携帯電話で彼に送っていたのだ。ソフィーを光の先に送るために話を聞こうと、彼女の姉妹の家を訪ねたメリンダ。だがその前に死んだはずのソフィーが現れる。
第7話「悲しき霊能者」。サイン会で町に来た霊能者に胡散臭さを感じていたメリンダは、彼がある家族から娘の失踪事件の相談を受けていると知り、いたずらに生存の希望を持たせる彼のやり方に反発を感じて娘の母親に忠告に向かう。そんな時、娘の霊を見たメリンダは死んでることを家族に告げるが逆に立場を悪くしてしまう。家族にとって辛くても真実を伝えるべきだと考えたメリンダは生存を主張する霊能者を説得して2人で死の真相を突き止めていく。
第8話「究極の選択」。グランドビュー郊外にある家にスティーヴと娘のマーロが引っ越してくる。だが引っ越した直後から霊が現れて2人に取りつき、わだかまりを表面化させて命に関わる事態を起こす。昔、その家で継子との不倫の末に夫を殺して死んだ妻と継子の霊が、転落死した母親リズの死に対するマーロたちの罪悪感を利用してゲームのように楽しんでいたのだ。メリンダは現世に残っていたリズの霊の言葉を伝え、父と娘のわだかまりをとかしていく。
第9話「霊を見る少女」。メリンダの前に現れた霊を見る少女ベッカ。彼女は両親に理解してもらえず、現れる霊にどう対処していいかわからずにいた。メリンダが光の先に送る方法を教えるが、ベッカはつきまとう少年の霊が見せる幻視に恐怖を感じて逃れようとする。そんな時、少年の霊が同じ事故で死んだ両親の霊を捜していることがわかり、その霊たちがガブリエルによって地下のトンネルに連れて行かれていることがわかる。
第10話「サンタクロースの償い」。サンタクロースだと主張する霊が現れて、ライリーという少年にそっけない態度をとる父親ウィリアムに“お仕置き”を与え始める。ウィリアムに関係する霊だと考えたメリンダは、そのサンタに霊であることをわからせようとするが、霊はサンタだと信じきっていて、その証拠としてライリーにもらったというサンタあての手紙をメリンダに見せる。だが実は手紙はウィリアムが子どもの頃に書いた手紙で、その霊はウィリアムの実父だった。
第11話「顔のない悪意」。ネッドの高校で起きた奇妙な出来事。その場に居合わせたメリンダは霊の仕業だと気づく。その霊は高校生たちの間で流行っている“スラムブック”という酷評サイトから妹のルーシーを守ろうとして不運にも事故死してしまった高校生のトマスで、事故死の原因となったブラッドとクリスタに仕返ししていたのだ。そして真相を追っていくうちに、トマスが必死に隠そうとした妹ルーシーの秘密が明らかになる。
第12話「委ねられた命」。火災現場で助け出せなかった犠牲者の死に心を痛めるジム。その直後に病院に現れた男性の霊を見たメリンダは死んだ犠牲者がジムを恨んでるのだと思い、内緒で霊を説得しようとする。しかしその霊は死んだ犠牲者ではなく、看護師に殺された患者の霊だった。そんな時、主治医に殺されたことを幻視で訴える老人の霊が現れて、看護師とその医師が同一人物だとわかる。迷走する中で、たどり着いた真実には悲しい事情が隠されていた。
第13話「姿なき母」。ネッドにガールフレンドができて複雑な心境のデリア。一方、ネッドはガールフレンドのリサと会うたびに不思議な現象が起きるため、彼女の死んだ父親の霊が邪魔してるのではないかとメリンダに相談してくる。霊に脅威を感じたメリンダがリサの家族に話を聞こうとするが、姉弟たちの丁重すぎる態度や姿を現さない母親に対して不審を抱き始める。そして母親の失踪事件が起きた後、事態は思いもよらない展開を迎える。
第14話「ジャスティンの秘密」。メリンダの店の窓に描かれた落書き。犯人はメリンダの秘密を知るブロガーのジャスティンだった。しかし彼が動脈瘤でいつ死ぬかわからない身であることや、デート中のヨット転覆で恋人を亡くし、そのことに罪悪感を抱いていたことがわかる。そしてジャスティンが死を迎えた時、彼の前に恋人の霊が現れ、霊たちが閉じ込められている地下の町へと彼を誘い込む。それを知ったメリンダは彼を光の先に送るため地下の町へと再び降りて行く。
第15話「恐怖の裏にある真実」。ホラー映画の製作中に事故死したトビーの霊がカイリーに取りついていることを知ったメリンダ。ホラーを通して各自が抱える恐怖の背景と向き合わせようとしていたトビーが、一緒に映画製作をしていたカイリーにも彼女が抱える恐怖と向き合って“終わらせる”ことを要求しているのだ。そしてカイリーは遂に恐怖と向き合い、死んだ父親の期待に応えるためにホラー映画製作者になる夢を封印していたことを明らかにする。
第16話「父親の務め」。ペインの前に子連れで現れた元恋人のニーナ。状況的に自分の息子だと思いこみ、喜ぶペイン。そんなペインを見て、この世に残っていた亡妻のケイトが怒りを示す。まだ人生は長いと信じて、無理してまでも子どもを望もうとしなかったペインと、突然命を絶たれて子どもをもてなかった辛さを引きずるケイトの姿を見て、子どもをもつことを躊躇していたメリンダの心が動く。そんな時、父の消息を捜していた探偵の報告を受けたメリンダは…。
第17話「父との再会」。昔、父親が扱った殺人事件にたどりついたメリンダ。被害者少年の家を訪ねると、少年の霊が母親と暮らしていた。事件のことを決して語ろうとしない少年を見て何かあると感じながら、なす術もない状態でいると、その少年を殺した罪で刑務所に送られたポール・イーストマンが脱獄したまま行方を消していることがわかる。そして父親トムが復讐されて殺されたのではないかと考えていた矢先、トムが生きた姿でメリンダの前に現れる。
第18話「明かされた秘密」。イーストマンに憑依されて自殺を図り、一命をとりとめたトム・ゴードン。その後、メリンダは両親が住んでいた昔の家の地下室にイーストマンの死体が埋められていることを知る。その理由を母親のベスに問い詰めるが、頑なに口を閉ざすベス。そんな時、メリンダに真実を明かすべきだとイーストマンの霊に忠告されたベスは遂に重い口を開き、イーストマンとの関係やメリンダの出生の秘密を語り始める。
続きを読む

入学式

今日は入学式。
中学と高校が重なったので、高校はだんなに行ってもらいました。
続きを読む

練習しろよっ

地震の影響でずっと練習ができないままだった所属バンドですが、
4月に入り、やっと練習を再開することができました。
ホッとしました(^^)

その夜、ふと気づいてしまった。
5月の頭に本番がある他のバンドにトラとして参加することになっているのだが、
来週はその練習に行く約束をしている。
うわぁ。譜読みがまだ終わってない。
続きを読む

ランドセル

ランドセルメーカーが、不要になったランドセルを修理して被災地に送っているから
処分するならぜひ、とママ友から連絡が来た。
他校の友達にもメールで伝えると、市内でもそのような運動があるとの情報が。

情報をたどると、すぐ近くの小学校の先生が窓口になって集めてくださっていることがわかり、
早速学校に問い合わせてみました。
ぜひお持ちくださいと言ってくださり、Mもぜひ提供しようと言うので、
早速その小学校に持って行きました。
Mのランドセルは6年間使ったにしてはすごくきれいで、
受け付けた先生も「とても大事に使ったのね」と褒めてくださったとか。

同じ学年のママたちにもメールで連絡。賛同者がたくさんいました(^^)
役目を終えたランドセル。どこかでまた活躍してくれるといいな。


最後のスプリング・コンサート

地震のため一週間延期した中学校吹奏楽部のスプリング・コンサート。
昨日、無事に開催されました。
続きを読む

卒業式(小学校)

3月25日(金)。
謝恩会は残念ながら中止になりました。
続きを読む

忠臣蔵−その男、大石内蔵助(2010テレビ朝日)

忠臣蔵(田村正和)
2010年:テレビ朝日
日本人が古くから理想として掲げていた大石内蔵助という男の内面にスポットを当て、彼を中心とした武士と体制のドラマ、男と女のドラマを展開していく。



大石内蔵助  田村正和
大石りく   岩下志麻
浅野内匠頭  玉山鉄二
阿久里    檀れい
堀部安兵衛  小澤征悦
浮橋太夫   石田ゆり子
戸田局    梶芽衣子
柳沢吉保   伊武雅刀
土屋主税   松平健
立花左近   北大路欣也
吉良上野介  西田敏行
続きを読む

卒業式(中学校)

3月18日(金)。
まだまだ余震が続き不安定な毎日ですが、無事にAの中学校の卒業式が行われました。
続きを読む
Google












人と人をつなぐインフォカート

Amazon 検索




twitter
コメントありがとう
TBありがとう
毎週木曜日はPSYCHEDELIC DarkFullOn!! (最新TRANCE 新宿ClubAxxcis)
備忘録
ガバリン (ホラー映画勝手にランキングブログ|ホラキング)
ガバリン
ミニチュアダックスフントの病気、中耳炎について (ミニチュアダックスフント ??ミニチュアダックスフント アイドル犬への道??)
中耳炎
みよし藤久保食堂 (富士見市・三芳町地域情報)
今日のメニュー
カテゴリー
リンク集
月別
訪問者数
  • ライブドアブログ