2018年05月19日

スポンサードリンク

本日、エネファームの発電機を完全停止しました。
完全停止にあたっては、水抜きの必要があるとの事で、この作業費用が8,748円(税込)でした。

作業終了時に、東京ガスの契約プラン変更の用紙も渡され、エネファーム使用を前提とした割安プランも、これで終了です。
今後は、ガス床暖とガス浴室暖房を使用しているので、この2つの割引だけが適用されます。

結局、8年10ヵ月で寿命が尽きました・・・

まだ、エネファームの寿命が尽きたという話題は、世間に少ないと思いますが、
ここ1-2年で、初期型は軒並み停止するんでしょうね。
だって、70万円もする部品が、いつ壊れるか分からないと言われたら、怖くて使えません・・・

色々、調べてみると、エコウィルは20年近くも動いているという話が、結構ありますね。

最近のエネファームは、どうなったのか分かりませんが、検討されている方は、よくよくご注意された方が良いと思います。

使用終了した者の感想としては・・・

「エネファームは二度と入れない」

そして、「友人に勧めるか?」 と聞かれたら、迷わず「否」です。
損得勘定は一切抜きで、環境保全に貢献したいといった特別な意思が無い限り、エネファームを入れて得することは無いと思います。
本体価格が、70-80万円程度なら、入れても良い気がしますが、現状の価格では、ほぼ間違いなく10年経っても回収できないと思います。

このあたりの、金銭的な損得勘定は、これからの光熱費の比較でレポートしようと思います。



コメント(0)エネファーム│ 

2018年05月12日


2009年7月に導入したエネファーム、とうとう発電を停止し、ただの給湯器にする事になりました。
結局、10年使えませんでしたね・・・
これまでの経緯はこちら
エネファーム また壊れた エラーコード C2F0

データ調査の結果、ポンプ周りだけの交換で良い事が分かりました。
費用は約115,000円。
これでも十分高いです。

そして、歯切れの悪いことに・・・

今、分かっている不具合部分は、この費用で直りますが、発電再開した際に、また不具合が出ると、その部分の費用がかかります。

とのこと・・・
更に、その可能性は低くないと。

結局、修理は諦めました。
導入時は10年保証ばかり強調されましたが、実際には、8年少々で、発電時間4万時間に達してしまい、フルサポート終了。
別に、特殊な使い方はしてませんので、10年4万時間というのは、メーカーさんの見積もりが甘いような気がします。
現に、最近のパナソニックのHPを見ると発電時間7万時間で10年相当と書かれています。
最初のエネファームで色々データを取得した結果、そのように変わったのかもしれません。

また、この機会に、色々、調べてみましたが、エネファームって、10年経過後は、かなりお金がかかります。
点検費用は約10万円/回となってますし、広く普及している物ではないので、部品代も割高です。
そして、よく見ると、点検整備をしても20年以上は使用できないと書かれています。

ウチは、これで発電を停止する事にしましたが、その為の処置が必要で、それにも1万円程度の費用がかかるそうです。

初物は色々問題がある物だと思います。
実質70万円位で購入できたので、まあ仕方ないかと・・・
あれから9年経過し、現行機は良くなっているのかもしれません。

過去5年の電気代+ガス代の平均を計算してみたところ、
18,183円/月でした。

これから、発電無しで使用するわけですが、また計算してみます。

エネファームが150万円として、普通の給湯器が40万円とすると、10年で110万円節約できないとペイしません。
月に直すと9,166円です。
これからの1年の平均光熱費が27,000円を超えるなら、エネファームを導入する価値がありますが、どうなる事か・・・



コメント(0)住宅情報│ 

2018年05月10日


ウチは、賃貸併用なんですが、賃貸の階段室に、こんなボックスがあります。
DSC_0054

テレビのアンテナ線を分配したり、電話やネットの引き込み線が、ここに集まってます。
今回、自宅のADSLを光回線に変更しましたが、外からの線も一旦、ここに引き込みます。
上の段にはTV共聴システムというのが入ってますが、下は空。
光回線に関する機器類は、下に入れる事になります。
ところが、このボックス、鍵がついてません。

竣工時、積水ハウスの担当に確認しましたが、ウチに設置したボックスは鍵が無いタイプとの事。
一応、鍵穴はあるので、確認しましたが、それはダミーだと・・・

それでは仕方ないと9年間過ごしてきたわけですが、やはり鍵を付けたい。
そこで、積水のカスタマ担当に連絡しましたが、なしのつぶて・・・

仕方ないので、この部分を施工した東映コミュニケーションズに連絡してみました。
単に、鍵付きのレバーに変えたいので、それが買えるかどうか確認したかっただけですが・・・

連絡したのは、4/28土曜日、誰も出ないかと思ったら、すぐに応答がありました。
事情を話すと、住所と建物名を聞かれ、ものの1分もかからずに答えが出ました。
ウチに納めたボックスは元から鍵付きだった。
鍵が渡っていないなら、すぐに、積水ハウスに確認するので待ってくれと。

そして30分程で、また連絡があり、GW明けたらすぐに積水ハウスから、鍵を送るとの事でした。

今まで、積水ハウスさんには、特に不満は感じてなかったんですが、この対応は、頂けないな・・・

逆に、東映コミュニケーションズさんは凄い。
電話の向こうでカチカチキーボードを打つ音がしてましたので、きちんとユーザーのDBが出来てるんでしょうね。
対応も迅速で信頼感抜群でした。

約束通り、鍵も5/8には届きました。


コメント(0)住宅情報│ 


スポンサードリンク
記事検索
ブログランキング

blogram投票ボタン くる天 人気ブログランキング

ブログ王
最新コメント