2012年06月25日

太陽光発電

スポンサードリンク

太陽光発電入れました!

と、言っても、屋根にびっしりパネルを積んだ売電できるようなのではなく、パーツ買ってきて、門柱の常夜灯専用にシステム組んだだけなんですが・・・(^^ゞ

ウチの門柱はこれ。
LED1赤丸のところにオプションでLEDが入るんですが、高かったのです。
それに、貧乏性なので、常夜灯として点っぱなしにするのがどうも気に入らなくて・・
結局、建築時には入れませんでした。
でも、点くように設計されているものが、点かないのが気になってました。

そして、直接のきっかけになったのは、車のバッテリー交換。
バッテリーが弱っているのかと思って、交換したら、どうもバッテリーではなくて、セルモーターに問題があったようで(古い車なので・・)、まだまだ使えるバッテリーが余ってしまいました。


更に、ネットでこんな物を発見
野外に手軽に設置できる12V使用のソーラーパネル



そして、チャージコントローラー


これが優れモノで、ソーラーパネルを光センサースイッチの替わりに使えるんです。
パネルが発電している時は、機器に電流を流さない。
発電しなくなると(つまり、暗くなると)、機器に通電する。
更に、通電開始からの通電時間も30分〜10時間まで指定できる。
これがあれば、光センサースイッチがいらないんです。

なので、この2つを買えば・・・
屋根にパネルを設置(うちは陸屋根なので、簡単)して、チャージコントローラー繋いで、自動車のバッテリを接続、そして、12V仕様のLEDを繋げばOKです。

で、LEDに関しては、私、車も好きで、自分の車のLEDテールを自作しました。
その時にお世話になった「しまりす堂」さんから、これを購入。

フレキシブルLEDバー(24cm)
led0これもまた優れモノで、24個もLED付いて完全防水、12Vを流すだけで点灯。
抵抗計算等、面倒な事は一切不要なんです。
そもそも、こちらのお店で扱っている製品は、どれも秀逸。
私は、LEDテールだけじゃなく車の灯火類、すべてLED化しましたが、パーツは殆ど、しまりす堂さんから買ってます。


部品を揃えて、さっそく設置。

spソーラーパネル







cntチャージコントローラー







sbatガレージの奥に置いたバッテリー







LED暗くなると、こんな風に点きます。




確か、純正オプションは当時、5万円近くしたと思うのですが、今回は部品代1万円位で済んでしまいました。
やっと、点くべきものが付いた・・・って感じです!
ちなみに、作業時間は半日程度でした。



コメント(0)トラックバック(0)住宅関係│ 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 




スポンサードリンク
記事検索

livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加
Googleに追加
ブログランキング

家電
blogram投票ボタン くる天 人気ブログランキング

ブログ王
最新コメント
  • SEOブログパーツ

  • 無料SEO診断