2018年07月03日

膝靭帯損傷・・・その2

スポンサードリンク

膝靭帯損傷・・・ から続く

7/2 診察はなし。装具の選定のみ。
選定されたのは、これ。
P1060563

左右に曲がり角度を制限する部品がついていますが、角度調整はできません。

これを着けると、膝が本来動く角度以外には動きにくくなります。
靭帯というのは、関節があらぬ方向に動かないよう、制限するものですから、この装具が、靭帯の働きを助けてくれるわけです。
着けてみとる、確かに安心感があります。

価格は 21,012円
あとで、申請すれば、通常、保険で3割負担の人の場合なら、7割が健保組合から戻りますので、実質約6,000円

アマゾン等で購入できる、下のような製品と、機能的は、かなり似てますね。


松葉杖は、7/2に返却。
1本杖で、十分歩けます。

7/3 リハビリ 15分程、膝の曲げ伸ばし&マッサージ
リハビリ帰りに、少し遠回りして帰宅してみたが、まだまだ、相当歩き辛いです。
街中を歩いてみて、驚いた事があります。
私は普段、足にギブスを着けているとか、杖をついている人とすれ違う時、私の方が、道を譲ります。
動線が交差する時、相当な余裕をもって前を横切れる場合以外は、前を横切る事はありません。
しかし、そんな歩き方をしてくれる人は少ないんですね・・・
ついた杖の数センチ前を横切られたり・・・
杖に体重がかかってるんで、蹴られたら転びます。
右端をゆっくり歩いているのに、向こうから同じ側(その人から見れば、左側)を歩いてきて譲らない人とか・・・
特別な表示が無い限り、原則、人は右側通行です。
みんなが守っていれば、道を塞ぎ合うような事もないんですけどね。
いつものように自由に動けなくなった途端、街は怖いと思うようになりました^^;





コメント(0)その他│ 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 


スポンサードリンク
記事検索
ブログランキング

blogram投票ボタン くる天 人気ブログランキング

ブログ王
最新コメント