2018年07月04日

LANケーブル 壁内配線

スポンサードリンク

先日、インターネット回線をNURO光に変更しました。
これまで、LANケーブル関係は、新築時に敷設してもらったままで使用していましたが、ちょっと変更したくなりました。
ウチは賃貸店舗併用二世帯住宅なので、親世帯にもLANケーブルを出そうとか、店舗にWiFiを設置しようか等・・・

竣工時に積水ハウスから納品された図面の中にCD管の配管図もあります。
これを見ると、必要な部分にはCD管は、ほぼ通っています。
あとは、そこにケーブルを入れるだけ。

その他にVLAN設定する為のHUB等も必要になりますが、まずは、配線に必要な道具と材料をそろえました。

注文したのはこれらです。

CD管にケーブル通す時は、これが必要です。
ナイロンの紐を入れて、反対側から掃除機で吸うって方法もあるようですが、ウチの場合、CD管の口に掃除機の口を合わせるのが難しいので、やはり必要かと。


これが無いと話にならないLANケーブル。
箱買いしようと思いましたが、箱だと、どれも100mばかり。
そんなに必要ないので、50mのLANケーブルにしました。
これをカットして使います。


そして、情報コンセントに付けるモジュラージャック。
情報コンセントって規格品なんで、メーカーはどこのでも付くそうです。
施工し易いと評判のぐっとすにしました。


そして、圧着工具のセット。
いろんなセットがありましたが、コネクタが50個もついてるのは、他に見つからなかったので、コスパ優先でこれにしました。
他のセットは、大抵、工具入れ付ですが、これは工具入れは無し。


そして、全品届きました。
P1060565


P1060566


P1060567


P1060568


P1060569


これは、ちょっとお粗末な作りですね・・・
P1060570

グリップが開いたままで閉じない。パッケージからも、はみ出してるし・・・
まあ、使えれば、それで良いんですが・・・

今のところ、膝の負傷で、まともに動けないので、座ってケーブル作るだけなら出来ますが、その他は、膝が治ってからという事で^^;


コメント(0)生活雑記│ 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 


スポンサードリンク
記事検索
ブログランキング

blogram投票ボタン くる天 人気ブログランキング

ブログ王
最新コメント