ABCBブログ

オーディオ系のブログです。更新率低め。

FitEar F111 レビュー

DSC00748


 2月8日のボタ研にてFitEarのF111を購入しましたので、そのレビューです。
 値段は確か34,800円だったと思います。通常の価格が42,800円なので、比較的安く入手できたのではないかと思います。


 あまりメジャーなイヤホンではないので、まずは簡単にF111の紹介から。
ドライバ構成はシングルBAです。 入力は3.5mmステレオミニプラグ、ケーブル交換可(標準のものはFitEar cable 003)。

主な特徴としましては、ステムに純チタン削り出しのパーツを採用している所でしょうか。 公式サイトには「シングルドライバー構成にあわせてステム/サウンドポート部を新設計。純チタン削り出しのテーパードポートステムにより、音源が持つ空気感とより繊細な高域再生を提供します。」とあります。

また、このイヤホンと非常によく似た「AK100-111iS」というイヤホンも存在します。こちらもFitEar製品で、AK100用にチューニングされたオリジナルイヤホンということです。ぱっと見ケーブルしか違いはありません。当然チューニングも微妙に違うのだとは思いますが、F111とAK100の相性が良いと言われるのはこの辺りにも理由があるのかもしれません。


 次は音についてです。
全体的な傾向としてはフラットで、どの帯域も強調されずに自然に聴くことができます。 
シングルBAながら上も下も無理がなく伸びやかで、このタイプの筐体としては驚くべきほど広い音場も特徴です。

イヤーピースは2段のものをお勧めします。1段よりもややフィットしにくくなりますが音質は段違いに良いです。
2段のイヤーピースで合わない場合は、ワイヤーの調節を少しきつめにしてやると良いかもしれません。自分は耳の上できつめに曲げ、更に耳の裏で少し内側に曲げてやったところかなり安定しました。

前述したようにこのイヤホンはステムにチタン製のパーツを使っていますが、その恩恵は、FitEarお得意の音が真っ直ぐに向かってくるような表現や、ほんの少し金属的で心地の良い余韻などに感じることができます。広い音場も、チタン製パーツに依るものが大きいのかもしれません。 
いま音が真っ直ぐに向かってくるような表現と書きましたが、FitEarの他のイヤホンほどではなく、あくまで心地良い域を出ません。FitEarのラインナップの中ではこういうところが価格なりと言えるのかもしれませんが、個人的にはむしろドンピシャでした。今まで長々と書いてきましたが、一言で言うと「めちゃくちゃいいイヤホン」です。
唯一つ難点を上げるとすれば、それは「入手性が悪い」ところでしょうか。現状取り扱いしているのはフジヤエービックのみですし、生産台数も少ないらしく3/11現在入荷待ちの状態です。

個人的には本当に間違いのないイヤホンだと思いますので、機会があれば、是非視聴してみて下さいね。 

2014/2/8 ポータブルオーディオ研究会 in 中野


 2月8日に中野サンプラザで行われた、ポータブルオーディオ研究会(通称ポタ研)に行ってまいりましたので、その簡易レポです。
あくまで簡易的なものとなりますので、全てのブースを網羅しているというわけでは無いです。ご了承下さい。

DSC00647

 2月8日は生憎の天気となりましたが、それでも来場者数は中々のものでした。
普段と比べると空いている方なのでしょうか…?ポタ研は初参加なのでわかりません。

 まず初めに、SoundPotionブースにて「Phonoka」という真空管の自作アンプを視聴しました。 
DSC00619

真空管を使っていてこのサイズというのは珍しいですね。
こちらは自作アンプなので、色々な方の作成されたものを見ることができました。
僕が視聴したのは写真のもの一つだけですが、真空管のスッキリとしたサウンドをしっかり楽しむことができました。

こちらのブースでは、Twitterで「SoundPotion」というワードを含んだツイートをした人に「名刺アンプ」という"アンプ基板にもなる名刺"を配布する、ユニークなサービスも行っていました。
DSC00633
音は悪くなかったです。ツイートするだけでこのアンプ(の基板)が手に入るのですから、非常にお得ですね。

 次に、FOSTEXブースに行きました。
DSC00623

こちらでは新製品の「TE-05」「HP-V1」の他に、TE-05の上位機種である「TE-07」の試作品も聴くことができました。
DSC00625

TE-07はシングルBAのイヤホンです。まだ試作段階とのことで、少し音が鉄っぽいかなーという印象でしたが、ボーカルはきれいに出ていました。ブースの方によると低音ももう少し増やす予定だそうです。

 次は、マス工房のブースです。
マス工房はマイナーですが、プロ用の音響機材を製作・販売している実力派のメーカーです。
今回は、「model395」というポータブルアンプを聴かせてもらいました。
DSC00629

ノイズ感が全くと言っていいほど無く、音の粒子の一つ一つが弾けるような感覚でした。現行機種の中でも非常に優れたアンプと言えます。

DSC00634

 次は、KEFのブース。
上の写真にあるヘッドホン「M500」を聴いてきました。
ささやくようなボーカルが好印象。イヤーパッドの質感も素晴らしく、これなら眼鏡と併用しても耳が痛くなることは無さそうです。 

DSC00639
DSC00637

Westoneブースでは、従来のWestoneシリーズを一新した「Wシリーズ」が並んでいました。
こちらでは、いま予約受付中の新製品「UMpro50」を聴くことができました。

音の傾向は全体的に柔らかい印象で、どの帯域もあまり主張してきませんが、ココが聴こえない!ということもなく程よいバランスです。低音はWestoneらしく、しっかりと出ています。
ボーカルが鼻の裏で鳴っているような感じで、少しうーんと思いましたが、これは僕の経験上では鳴らしていくにつれてかなり改善されるはずです。
音場はそんなに広くなく、しっかりと密度で聴かせるような感じです。

 DSC00644

 最後に、eme Audioのブースに行きました。
 ここでは、新製品の「H-200」を標準のものも含む5種類のケーブルで比較試聴するという面白い試みをしていました。
僕も5種類全てで聴き比べをしましたが、H-200の特徴を活かすのなら、標準のものが一番優れているように感じました。しかし標準のケーブルは取り回しが非常に悪いので、そこがネックと言えます。
ケーブルによる変化はわりと大きい方で、それぞれ特徴がありなかなか楽しめました。

標準ケーブルでの音の印象ですが、中低音の迫ってくるような感じがとても印象的でした。
かなり曲を選ぶイヤホンだとは思いますが、中低音メインの楽曲を聴くなら現状で最高のイヤホンかもしれません。

写真はありませんが、eme AudioのブースではiOS/Androidに対応したポータブルDACも聴くことができました。
非常に小さいボディですが、音はとても良かったです。 

最後に
DSC00653
つらら。 

MARYAD Z142-AMP プリメインアンプ購入しました

DSCF0445
 プリメインアンプを購入しました。MARYADのZ142-AMPというものです。(画像真ん中左)
 
 試聴をした際に、Mentor Menuetとの組み合わせだと他の値段が倍以上もするアンプよりも遥かに相性が良かったので、衝動買いです^^;
 音はふくよかめで、少し芯をぼかしたような鳴らし方をしますが定位はしっかりしていて、音場も広めです。
Mentor Menuetとの相性が本当に良いです。DENONやMarantz、LAXMAN等の色々な価格帯のアンプと比較しましたが、その中で一番しっくり来たのがこのアンプです。
ボリュームのつまみがチープというか少し変わっていたり、ガワのアルミが薄くて心もとなかったりと、使用感には少し難点がありますが、音に関しては間違いないので、いい買い物ができました。

 これでプレイヤー、アンプ、スピーカーが揃ったので、次からはラックやケーブルなどのアクセサリー類を揃えていきたいなあと画策しております。
ではでは~ 
Twitter プロフィール
管理人のTwitterアカウント。 気軽にフォローしてください( ◠‿◠ )