手帳の中身2


文房具担当をしていたころ、手帳の仕入れもやっておりました。
マンスリー、ウィークリー、1日1ページ、見開き2週間、バーチカル、
サイズは、ポケットサイズ、B6、A5、B5・・・
その組み合わせはもう多岐に渡ります。

それに加えて今はスマホがありますからね。

気がつけば、あれ?
なんか使いこなせず、白紙のままだぞ?
みたいな現象も起こりがちです。

それは、書き込みにくいから?
重いから?
分厚いから?
いや、そんなに予定がないから?(笑)と
理由は人それぞれでしょう。


■手帳の選び方の基本

・仕事で使うのか(時間管理が厳密、アポが多い、同時に複数のプロジェクトを管理する等)
・スマホやPCと併用なのか
・日記として使うのか
・スクラップブックとして使うのか
・主婦の場合、家族全員の予定を把握する必要があるか
・とりあえずざっくりした予定がわかればいいのか
・重くても大丈夫か
・大きくても(嵩張っても)大丈夫か

などなど。
自分のクセみたいなものを、過去数年の手帳の使い方から再考してみる
けっこう見えてくるかもしれません。



■わたしが2015年の手帳に選んだのはこちら

現在のわたしは、分刻みのスケジュールをこなすわけでもないので、
2015年は、 ナカバヤシの【ロジカルダイアリー(ノートタイプ)A5】
なんと350円!を使ってみることにしました。



マンスリーのみ!
書きにくくない?
大丈夫、A5サイズなら書き込めます。

わたしの予定は青字で。
子供の予定は緑字で。
ToDoは黒字で。
急ぎの事柄が発生したら赤字で。
ルーティンワークはシールで色分け。


なにがロジカルなのか・・・
そこらへんはロザンに訊いて!(笑)

ていうのは冗談で。

文字の先頭が揃う。高さも揃えやすい。
つまり書き込みやすい。
読みやすい。
(わたしの文字が下手くそなのはご了承ください)




マンスリーの他には、イヤープラン、フリープラン、フリーページがついてます。
巻末のいろいろ諸々が不要な人にはぴったりです。



■カスタマイズしてみます



あくまでノートなので、補強のため透明のブックカバーを。
クツワの【クリアカバーA5】270円。




そこに、

ミドリの【ベルトシール(スナップ)】380円
をつけて、ペンホルダーにします。




ペンはおなじみの パイロット【フリクションボール4】800円。

フリクションは、署名や伝票書き等には使えないので、
発売当初は「消せるボールペンはボールペンちゃうやろ?」と思いましたが、
そんなのはるか昔の話。
手帳やカレンダーに使うのにうってつけですよね~。

そして、最後に、ロウ引き紐(手芸用品)でペンとノートをつないで完成。
(ほんとによくペンを紛失するので・・・)
ペン側は結んで、ノート側は布ガムテープで貼るか、
グルーガンまたはボンドで固定すればOK。

以上、メーカーをまたがりまくりの手帳カスタマイズ。


薄い。軽い。持ち運びやすい。
書き込みやすい。見やすい。
フリーページが足らなくなったら、A5のノートだけ買い足せばいい。
さほどコストもかからない。

こういうのもアリかなーと思います。



■追記
ナカバヤシのロジカルダイアリー(ノートタイプ)は日曜始まりです。
わたしは約1ヶ月使ってみて慣れました。
(最初はちょっと気持ち悪かったですが)
できれば、月曜始まりも作ってほしいですよね~!


ありがとうございます。
おしていただけると励みになります!
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村