まあるい心 ちゃれんじどの応援団の活動日記

私たちは、障害児・者の親が中心になり障害のある子どもたちが「親の亡き後も輝いて生活できる仕組みを」と、平成16年3月に結成した特定非営利活動法人です。

あなたへの特別な特典を送ります!!

”もの言うお菓子屋”菓子工房レネーにいただいている素敵なコメントの

ご紹介第2弾!!



<67歳・女性>

 先日、大丸の地下本館でレネーのスタッフの方(障がい児)の方(女性)がシフォンケーキの試食を通りすがりの方々に声を大にして「いかがですか」と進めている姿を見ました。そのときにお手紙をいただいてたグループと分かりました。


 シフォンもよかったんですが、その時ガラスケース中に入ってた文旦のケーキが目に入りました。@980円だったと思います。実に丁寧に作ってあるのが眼に止まりました。たくさん買ってあげたらよかったんですが、1個だけ買わしていただきました。


  帰ってきて紅茶と一緒にいただきました。一瞬ですが心が和やかになり、幸せを感じたように思いました。それも、スタッフの方々が一生懸命やっていたのを見たからだと思います。

 
  1個のケーキでこんな幸せを感じたのは久しぶりでした。本当にありがとうございました。欲を出してシフォンケーキを注文した自分を恥ずかしく思いました。すみません。次回大丸で開催するときはお手紙ください。

ごちそうさまでした。頑張れ!!



    私たちの活動は、当初親亡き後のわが手の行く末を憂えてスタートしました。

その後、チャレンジドが一般就労することがいかに意義深いかを学びました。

 まず、一般就労することでチャレンジドが幸せを感じることができます。

自分が役に立ち必要とされていることを、身をもっ身をもって感じることができるからです。

また、チャレンジドが福祉施設にとどまっていると、長い人生を考えたら費用も大きくなります。一般就労することで公費の節減もできます。

子どもたちの行く末が輝く仕組みとは、少しでも多くのチャレンジドが一般就労できるように導き、また就労後も

継続して働くことができるよう支えることであると考え、日々研鑽を重ねています。


ぜひ情報交換しませんか?

http://www.maaruicocoro.or.jp/お問い合わせ/



にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ 
クリックしてね 

 

 
クリックしてね 


  今すぐできるボランティア活動 みんなの夢を膨らまそう!

「潜在意識はすべての経験を無駄にしない。必要必然!見事に全てをつなげてくれるんです」


 

78e73ad5b15053848f0f-1024


     2005(平成17)年から小規模作業所ストーデンス・レネーがスタートしました。市内の小学校や中学校・高校への出前授業で結構お声掛けを頂くようになりました。

   ダウン症の女性が超人気者です。朝倉第2小学校の特別支援学級での出前授業が高知新聞に掲載されたこともあり色々広がっていきました。この出前授業はしばらく本業が忙しくなったためお断りしていたのですが、最近またお声掛けがあり、お受けするようにしています。

 

http://www.maaruicocoro.or.jp/media/(私たちの活動を映したCMもあります。ちょっと重いですが・・・)

 

 

こういうつながりが水面下でいろんなコラボレーションを起こしていきました。


   2009(平成21)年から高知市の学校給食にうちが作った新高梨ジャムを使ってもらうようになりました。おかげさまで毎年各学校の子どもたちに喜んでもらっています。このジャムの製造方法はRKC調理師学校や春野高校、高知市学事課などの皆さんにご協力していただいて出来上がった、1年間の苦労の成果でした。


bf8a32382ac7ec76e180-1024



この新高梨ジャムには誕生の秘話があります。



   高知市の新高梨の産地、針木の校区は朝倉第2小学校です。特別支援学級がバザーで販売のため新高梨のジャムを作り始め、それに協力したのが針木梨組合の皆さんです。このジャムがバザーで大好評で毎年完売だったようです。地元の食材を学校給食に使う食育が言われている時期でもあり、このジャムを学校給食で使おうという機運が広がっていきました。

さて、どこに作ってもらおうかとなったとき、朝倉第2小の特別支援学級との交流があった私たちのところにお話が舞い込んできました。

 

 

23d81a00524a7bd6591f-1024


人と人をつなげていくのは潜在意識の得意技のようです。



あなたにも同じような体験があると思います。ぜひ情報交換しませんか?

http://www.maaruicocoro.or.jp/お問い合わせ/


にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ 
クリックしてね 

 

 
クリックしてね 


  今すぐできるボランティア活動 みんなの夢を膨らまそう!

「潜在意識は失敗もたくさん経験させるよう仕組んでいるのでしょうか?」


Challenged News


 

81212b52eb7c43d20874-1024



潜在意識は良い悪いの判断はしないと言われます。

潜在意識には他意はないのでしょうが、平成21年に実施した事業は自分の思いが大きく外れてしまい失意のどん底に落ち込んでしまいました

 

障がいのある子どもにとっての課題として、親にすればせめて「読み・書き・そろばん」は身につけてもらいたい。けど、家で自らが教えるのには限界がある、というのがありました。

 

 けれど障がいのある子をみてくれる塾はなかなかありません。

 

 唯一高知市朝倉にある公文教室の先生が見てくれてて結構高知市内、市外からも子どもを連れて親御さんが通っていました。私の子どもも通っていました。公文教室がすべて受け入れてくれるわけではなく、朝倉教室の先生の心意気があったからこそだと思います。

 

平成21年から法人本体の福祉サービスに精神障害の人を受け入れるようになり、児童デイをするだけの物理的余裕がなくなり休止状況になっていたので、漢字を覚えるソフトを見つけいろいろ調べてみると、非障害の子どもたちがネットを使って自宅学習ができるようにしている教育委員会があることを知りました。

 

私はそのころにはポーテージプログラム、もともとダウン症の児童のための療育プログラムです、さらに学習療法、公文の学習法を取り入れた認知症予防のためのプログラムです、などを学んでいたので、これらを総合的に活用したら学習につまずく子どもたちの学びになるんじゃないかと思い、法人独自で「まなび屋」を立ち上げました。

http://blog.canpan.info/maaruikokoro/monthly/200904/1 まなび屋

 

最初は法人で働く人たちの学習としてやってみてうまくできそうだと手応えを感じました。しかし、この事業はなかなか浸透しませんでした。自分的にはなかなか先見性のある事業だと自画自賛してたんだけどねえ・・・。

 

その後「まなび屋」も事業収入がないとやっていけないので、一般の方を巻き込もうとおもい、ゆかたの着付け教室や新聞バッグの作り方教室、などなどいろんな講座をやって収益を少しでも上げました。

大失敗と反省しきりの「まなび屋」ですが、この失敗はのちの事業に生かされることになりました。(次回に続く)

お気づきの点や、あなたのアイデアなどなどご感想をお待ちしています

http://www.maaruicocoro.or.jp/お問い合わせ/

 

にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ 
クリックしてね 

 

 
クリックしてね 


  今すぐできるボランティア活動 みんなの夢を膨らまそう!

「潜在意識に刻み込まれた思いは自分の無意識化で活発に動き始めるのです」


    現在も障がい児にとっての課題が長期休暇中の過ごし方だと言われています。学校卒業後の障がい者にとっては余暇の過ごし方だと言われています。10年前、私の子どもが学校に通っているころも全く同じで今も変わらないのですね。

 私の場合は、周りの親御さんからの要望もあり、児童デイサービスで自分の子どもも含めて事業としてお世話しました。...
2006(平成18)年には夏休みふれあい教室と銘打って夏休み対策に取り組みました。

http://blog.livedoor.jp/maaruiko…/archives/cat_50011130.html

 
   お 世話は大変でしたが、果敢にトライしてNPOとして名前も知ってもらえるようになっていきました。ここでも様々な学びがありました。このころ参加してきた子どもたちも、もう学校を卒業して就職している子もいます。やはり一度関わった子どもたちの行く末は気になるものです。うちの工房で働いている人もいます。

 翌年2007(平成19)年になると、企画内容もかなり大きくなりました。障がいのある人たちの支援は、それぞれのライフステージで一貫したつながりのなかで支援していくことが絶対的に効果的です。児童デイサービス→就労サービス・生活支援というふうにワンストップで一貫してサービスを提供しようとわたしたちのNPOは考えていました。



障害者自立生活サポートスクール


http://blog.livedoor.jp/maaruiko…/archives/cat_50014045.html


〜中心市街地活性化〜空き店舗を利用した障害者就労チャレンジ事業


http://blog.livedoor.jp/maaruiko…/archives/cat_50014044.html



夏休みサマースクール


http://blog.livedoor.jp/maaruiko…/archives/cat_50018435.html

 


    基本は成人した障がいのある人たちが、子どもたちをお世話する。そのフォローを社会福祉士や我々ボランティアがする。親御さんたちは自分の子どもの将来像をお世話する障がいのある人たちの動きを見ることで創造したり目標を定めることができる。

 さらに、成人した障がいのある人たちには、地元企業の研修担当者や商店街で店舗を構えている人たちに先生になってもらって現実の社会というものを感じてもらい、スキルアップしてもらえるようにさまざまな講座を準備しました。



 私自身は本職を持つボランティアでしたので、企画をしたものの動いてもらうのは多くボランティアを含め各企業の方、商店街の方です。



 今思うとよくやれたなあという感じですが、潜在意識の力はすごい!ということに尽きます。潜在意識が私の無意識化で活発に働き”現在の私”に向かって突き進んで行ったのです。

 さらに、潜在意識は私を突き動かして行くのです。(次回に続く)



皆さんの経験談やご意見などお待ちしています。ヒューマンコミュニケーションしましょう。
皆さんからのご意見お待ちしていますね。

http://www.maaruicocoro.or.jp/お問い合わせ/



にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ 
クリックしてね 

 

 
クリックしてね 


  今すぐできるボランティア活動 みんなの夢を膨らまそう!

ご挨拶
「まなび屋」
 障害や学習に課題のある人たちが自分のペースで学び、 また親御さんが交流するためのスペースです。
 さまざまなところから応援していただけて、嬉しく思っています。
まあるい心「まなび屋」のご挨拶

菓子工房レネー
 活動の一環として、手作りお菓子の店舗を開いています。
 お店の情報はこちら!
 →菓子工房レネーのご紹介

おいしいお菓子の紹介はこちらをぜひご覧ください!
菓子工房レネーのお菓子のご紹介
菓子工房レネーのお菓子のご紹介no.2


就労支援・福祉サービス
Renee福祉サービスのご利用について
企業での就労実習先を探しています。

連絡先
高知市本町3-6-15
電話/088-824-8296
日曜・月曜はお休みです
まあるい心の歴史
みんなの意見
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ