NICU編です。出産までの記事一覧は こちら からご覧下さい。
直前の記事・・・【 術後、初めての移動。NICU編 】 

★この記事は過激な表現が出て来ます。
体調が優れない人、調子が悪い人、人の気持ちに同調しやすい人は
閲覧をご遠慮下さい。

過去の出来事として、正直な気持ちを書いておりますが
現在は乗り越え、幸せに楽しく暮らしております。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


NICUでは、まず解錠のためにインターホンを押し
中の看護師さんに面会を伝えます。

一つ目のドアを開けてもらい
保護者面会カードを首から下げ(面会は両親のみでした)
貴金属(結婚指輪など)を外し、
指先から肘までの洗浄、アルコール消毒後
その場でマスクを付けます。


再対面1


荷物も基本は持ち込み禁止だったので(カメラはOKでした)
鍵付きのロッカーに持ち物をしまい、
内扉を開けて病室に入る…といった感じでした。


扉が開いた瞬間、たくさんのアラーム音に驚きました。
聞いた事の無いアラーム音は、それだけで不安を煽りましたし
赤ちゃんのために薄暗く設定された室内は気味が悪くて
過呼吸を起こしそうになり、慌てて息を長く吐き出しました。


それとは裏腹に、旦那はとっても嬉しそうでした。
いそいそと赤ちゃんのコットまで案内し、心から嬉しそうな声で



「ほら、みて!すっごく可愛いんだ〜!」



再対面2




そう言いました。





再対面3



私は、言葉に詰まり、でも


旦那に嫌われたくない一心で
親失格だと思われたくなくて



「・・・わぁ、ほんとだ」

と、声を絞り出しました。








再対面4



ヘットギアを付け
たくさんの点滴を四肢につけ
パンパンにむくんだ顔・・・・


本当にこの子が私の子なのか
どうしても信じられないでいると
コットに「◯◯(私の名前)ベビー」と書いてあり
いよいよ絶望しました。
 




旦那は相変わらず、とても幸せそうにニコニコしていました。
私はまったく笑えず、幸せとはほど遠く




大きくなったら、 一緒にカフェに行きたいな、とか
年を取ったら娘に洋服を選んでもらいたいな、とか
パパに内緒で彼氏の悩みを聞くのかな、とか




再対面5





 女の子と診断されてからずっと見ていた夢が
音を立てて崩れていくのを感じました。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 


インスタやってます♪
フォロー大歓迎★→ まぁたんママ



★ランキングに登録しています★



バナークリックで
応援して頂けると嬉しいです♪(^^)

↓ポチッと


↓こちらもポチッと
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ