まぁたんとゆっくりまいにち

2015年生まれの女の子。 胎児ジストレス、新生児重度仮死(アプガースコア1分3点/10分4点)、低酸素性虚血性脳症。発達遅延、下肢麻痺あり。 現在はPT、OTリハビリ奮闘中★

カテゴリ: ■妊娠から出産まで

救急車とは別に、自家用車で病院に着いた旦那。誰もいない、産婦人科の待合室で待っていたそうです。私の乗っている救急車が到着し、3階から見下ろす旦那…。気付いて、あわてて1階へ。先生に呼ばれて、帝王切開の同意書にサインをしました。旦那も私も、あまり病院と縁が無 ...

帝王切開中、麻酔が効いているとはいえ腹部の違和感が気分を盛り下げ気持ち悪さに拍車がかかり、「こわい、こわい…!!」そう叫びながら、両腕がガクガクと震えました。看護師さんになだめられましたが全然効果無し。あまりにも私がうるさいもんだから先生が途中で怒りまし ...

産院から私に付き添ってくれた看護師さんは、ずっと私の手を握って側にいてくれました。 本当にやさしくて、すごくありがたかったです。 その看護師さんが帰られて、総合病院の看護婦さんが、点滴のルートや手術の準備をしてくれていたのですが その人が、ニヤニヤしなが ...

「市内の病院が受け入れてくれる事になったわ!よかった~!今、救急車が来るからね」受け入れ先を探し続けてくれた看護師さんが言いました。荷物を取りにいってくれた旦那も、産院に到着。時刻は23時過ぎ。私は産院の病衣に着替え、救急車に乗せられました。生まれて初めて ...

産院に着くと、夜間入り口から案内されました。いつもと違う雰囲気にドキドキ。 あー、私も陣痛が来たらここにまた来るんだな。怖いけど、楽しみだな。今日は予行練習みたいなもんだな…と病院に着いたから、もう大丈夫…そう思っていました。優しい看護師さんと、助産師さ ...

↑このページのトップヘ