November 26, 2014

ニセ・ことわざ25

「腹が減ってはいいクソができぬ」(元ネタ「腹が減っては戦ができぬ」)

原料が入って来なければ、良い製品はできないというほどの意。


maboro at 16:44|PermalinkComments(0)曲解 国語辞典 

November 25, 2014

ミトコンドリア

ミートとコーンのドリア

maboro at 11:13|PermalinkComments(0)まゆつばグルメ紀行 

November 23, 2014

帝国の衰退

「チンギス・ハーン」の末裔
「ヨジョー・ハーン」

かなり領土が狭まったのである。

maboro at 22:02|PermalinkComments(2)ニセもの歴史人物大図鑑 

November 20, 2014

うまみのある歌人

味の素の人麻呂

なお、この「味の素」というのはかの有名な一流企業の「味の素」とは関係はなく。
かといって他に「味の素」はないのであるが。
このような弱小かつ開店休業中のブログを相手取って、裁判沙汰にするような企業では
ないと信じているのであり。我が家でも「味の素」は愛用しており。今晩の夕食でも
使用するの予定なので、なんとか穏便に済ませていただきたい次第なのである。
相変わらずフォローが行き届いているマボロ氏なのである。

maboro at 15:53|PermalinkComments(6)うそつき文学全集 

November 03, 2014

絵文字

絵文字開脚(元ネタ「M字開脚」)

なんとなく、エロい形態の絵文字。

これが、ちょっとだけしか復帰しないマボロ氏のネタかと思うと。
その希少価値に涙がにじむのである。

maboro at 19:25|PermalinkComments(2)

ちょっとだけ復帰

甥の健婚式で、数日、実家に戻っているのちょっとだけ復活。

なお、留守中にも関わらず、コメントを書き込んでいただいた皆様。
ありがたい、かぎりなのである。

まさか、本年も残すとこる二ヶ月という段階で、今年のお年賀のご挨拶に
お答えするというのもなんであるから。

ここで一遍にお礼を申し上げて、
早い話、楽をしようという腹なのである。

マボロ氏拝

maboro at 19:22|PermalinkComments(2)

December 09, 2013

エンドレス「ぞうさん」

ぞうさん、ぞうさん、
おはなが、ぞうさん、
そうよ、かあさんも、ぞうさん、ぞうさん
おはなが、ぞうさん、
そうよ、かあさんも、ぞうさん、ぞうさん、
おはなが、ぞうさん、
そうよ、かあさんも、ぞうさん、ぞうさん、

正論ではあるが、くどいの上に父親をないがしろにし過ぎである。

maboro at 15:15|PermalinkComments(3)くせもの音楽史 

December 04, 2013

「もろびと、こぞりて」

クリスマスにはもう更新できないかも知れないので、早くもクリスマスネタなのである。

「も〜ろびと〜、毛、そ〜り〜て〜」

何も諸人こぞって、毛を剃らなくてもよろしかろう。
剃りたくても、剃る毛が残り少ない人の気持ちを考えていただきたい。

ところで、ものは相談であるが、剃った毛はマボロ氏にいただけないものであろうか。


maboro at 20:22|PermalinkComments(3)くせもの音楽史 

December 02, 2013

目玉のおじや

おじやに目玉焼きをのせた食品。

ゲゲゲの鬼太郎殿とは血縁関係はないと思われるが、マボロ氏は「目玉のおじや」を食したこともないし、ゲゲゲの鬼太郎殿とも交流はないので定かなことは言えないのである。

maboro at 09:45|PermalinkComments(2)まゆつばグルメ紀行 

November 28, 2013

奇跡

炭酸飲料の中に「炭酸」ではなく「サンタさん」が入っているような様。

maboro at 17:46|PermalinkComments(2)一撃ネタ 

October 05, 2013

Google Chrome

マボロ氏はグーグルのブラウザ「Chrome(クローム)」を「チョロメ」と読んでいたのである。

博学多識なマボロ氏がそう読んでおったくらいであるから、日本人のおよそ97%は同じ間違いをおかしているに相違ない。
Google Chromeはグーグルチョロメではないので注意が肝要である。

maboro at 20:44|PermalinkComments(0)一撃ネタ 

August 02, 2013

四字熟語72

「表裏痛〜い」(元ネタ「表裏一体」)
尿道結石と痔を同時に患うような様。

maboro at 15:10|PermalinkComments(1)曲解 国語辞典 

July 17, 2013

ニセ・ことわざ24

「転ばぬ崎野ツエ」(元ネタ「転ばぬ先の杖」)
80代というお年の割りに足腰がむちゃくちゃ丈夫で、転倒事故の心配など
一切ないおばあちゃん「崎野ツエさん」のこと。

maboro at 17:06|PermalinkComments(2)曲解 国語辞典 

July 09, 2013

違うものをくわえちゃった

「歯ブラシ紋次郎」

maboro at 22:51|PermalinkComments(1)マボロ氏テレビ 

July 03, 2013

K田伝説6

中学の初めの頃であったと思う。
マボロ氏とそのライバルK田を含む友人五、六人で近所の河原にて遊んでいた時のことである。

誰が言い出したか忘れたが、
「クラスの女子の中で好きの子の名前を一人ずつ言おう」ということになった。
人間というものは、そういう秘密の共有で信頼を深めるものである。
友人の証しということである。

結局、その案は採用され、輪になってしゃがみ込んで、
一人ずつ女子の名前を言っていったのである。

事件を起こしたのは、またしてもK田であった。
K田はかなり照れた様子で
「A部さん(ほとんどの方が「阿部さん」の伏せ字だと思われるだろうがご名答である)」
と言ういなや、
突如、ガバっと立ち上がり、
「ワーッ」と大声を上げながら河原を疾走しはじめたのであった。

ここまでは良い。
「思春期」と「発情期」は紙一重である。
K田の心の微妙な部分のスイッチが入ったのである。
まあ、そういう種類の「青春ドラマ」なのだという程度の心持ちでマボロ氏はK田を見守っていた。

ところが、走りはじめたK田は十メートルも進まぬうちに立ち止まって
「ゲホッ。ウゲッ。ウガッ」などと咳き込み始めたのである。
たかが十メートルを走破できない「思春期」やら「発情期」があって良いものか!

と憤懣やる方ない思いで近付いてみると、
なんとK田は口にトンボをくわえていたのである。
大きな口を開けて走ったものだから、河原に群れをなして飛行しておったトンボの一匹が口に飛び込んでしまったに相違ない。

トンボを食ってしまうK田もK田であるが、
K田ごときに捕獲されるトンボもトンボである。

マボロ氏たちの「青春の一ページ」やら「友人の証し」やら「思秋期と発情期の微妙な関係」やらをどうしてくれるんだ!

マボロ氏は中学時代の恋愛経験を思い出そうとすると、真っ先にトンボをくわえたK田を思い出してしまうのである。とても根の深いトラウマであると言えよう。

またしても長文、ご無礼いたしたのである。




maboro at 16:55|PermalinkComments(0)K田伝説 

June 29, 2013

正体バレバレ時代劇

「大きな家紋入りのスカジャン着てしまった水戸黄門」
「筋肉見せたがりで、いつも上半身裸の遠山の金さん」
「堂々と小銭に両替する銭形平次」
「シースルーの覆面を新調してしまった鞍馬天狗」
「近藤正臣が唯一の物まねのレパートリーで『近藤です』と言ってしまう近藤勇」
「日本気象協会に『明日は木枯らし吹きますか』と問い合わせる木枯らし紋次郎」
ラスト
「桃太郎・ザ・村井」(ところで、桃太郎侍の本名って「村井さん」だったであろうか?)

maboro at 09:37|PermalinkComments(2)マボロ氏テレビ 

June 25, 2013

椅子格闘技選手権

「異種格闘技選手権」を言い間違えたもの。

「椅子格闘技選手権」だと、マッチョな方々が浮かれた音楽に合わせて「椅子取りゲーム」をすることになってしまうのである。
椅子の取り合いからの乱闘に注目する声が一部にはあるが。

maboro at 19:38|PermalinkComments(0)

June 24, 2013

ニッケル

「煮付ける」金属の一種。
ただし「ニッケル」を「煮付ける」からといって歯触りが柔らかくなるということは
滅多にない。
柔らかさだけから言えば「水銀」のほうがずっと口触りは良いが、有害である。

どうしても金属を食したいという方の気持ちがマボロ氏は理解できないのであるが。

maboro at 18:38|PermalinkComments(0)

June 15, 2013

ABB40

こう書くとなんだか新しいアイドルユニットのようにも思えるが、
単なる『アリババと40人の盗賊』の略なのである。
センターは総選挙を待つまでもなくアリババであるが。

maboro at 17:18|PermalinkComments(2)

May 28, 2013

おおみえを切る

巨体の美恵さんを切る様。
何が不満だったのかは知らないが、切るのはまずいのである。
もう少し穏便な方法があるように思うのだが。

maboro at 19:29|PermalinkComments(0)一撃ネタ 

May 18, 2013

ケトル

「やかん」のことを「ケトル」と呼ぶ方がおられるが、「毛取る」に聞こえてもの悲しくなるのである。マボロ氏の前では「やかん」と日本語で言っていただけると幸いである。
まあ、「やかん」ももの悲しい形状に違いはないが。

maboro at 20:12|PermalinkComments(0)一撃ネタ 

May 07, 2013

ニセ・ことわざ23

「名はタイを表す」(元ネタ;「名は体を表す」)

氏名がナンプラー・トムヤムクンであるような様。

maboro at 06:50|PermalinkComments(0)曲解 国語辞典 

May 06, 2013

新・十二支

「ね、うし、とら、う、シャム、ペルシャ、アビシニアン、エジプシャンマウ、
ロシアンブルー、スコティッシュフォールド、アメリカンショートヘア、猫ひろし」

よほど、十二支に猫年がないのを悔しく思っている方が制定されたものに相違ない。

maboro at 09:34|PermalinkComments(2)

April 20, 2013

和洋折衷のミュージシャン

左衛門&ガーファンクル

maboro at 15:27|PermalinkComments(0)くせもの音楽史 

April 16, 2013

ことわざ26

「蛇の道は蛇(じゃのみちはへび)」

ちゃんと正式な国語辞典を調べていないので詳しい意味は不明であるが、似た表現に次のようなものがある。

「尾道はおっ!」
「もこみちはもこ!」

maboro at 19:17|PermalinkComments(2)曲解 国語辞典 

April 11, 2013

ニホンカモシカ

頭部に角が二本はえているカモシカの仲間。
三本だとサンボンカモシカ。四本だとヨンホンカモシカとなる。

まあ、何本でも頭部に何かがはえているだけましじゃないかと思うマボロ氏なのである。

maboro at 21:09|PermalinkComments(0)インチキ生物学 

April 06, 2013

ブラームス

ブラジャーを蒸すこと。

同じく下着を蒸したものとして「蒸しパン」が広く知られている。

maboro at 13:24|PermalinkComments(0)一撃ネタ 

April 02, 2013

ツールバー

ツルばあさんのこと

maboro at 19:31|PermalinkComments(4)一撃ネタ 

February 07, 2013

はげましあう

ハゲた部分が増した旧友と再会する様。

互いに互いの頭に目をやり「自分のほうが若干マシだ」などと思うが、
端から見るとどっこいどっこいのハゲ具合であるところが侘しいのである。

maboro at 17:13|PermalinkComments(2)一撃ネタ 

January 25, 2013

ベンザブロック

コンクリートブロック製の便座。

あまりお尻には優しくない仕様である。

ちなみにこのネタは某製薬会社様とはまったく無関係であり、マボロ氏に製薬会社を敵に回しての訴訟沙汰の準備はまったくないのであり、クレームがあり次第ただちに削除するネタなのであって、さらに「マボロ氏の笑店街」などという弱小ブログで薬剤の売上が下がるという可能性は皆無なのであり、できれば「かえって良い宣伝になったよ」くらいの大人の対応をしてくれると有り難い次第であり、その上、欲を言えば宣伝になったなら、いくばくかの宣伝費をいただけると一層ありがたいのであって。
ネタより言い訳のほうが数倍の分量なのである。

maboro at 21:13|PermalinkComments(0)一撃ネタ 

December 28, 2012

「別れても好きな人」

「ワカメとヒトデ、会〜った」

「別れても好きな人」の海底版である。

maboro at 18:10|PermalinkComments(7)くせもの音楽史 

December 12, 2012

毛布

マボロ氏は母テレサ(仮名)のために「薄手の毛布」を買おうと思い立ち、
買う品物のメモをしようとしたのであるが、
「薄手の毛布」と書こうとして「薄毛」と書いてしまい、ショックのあまり買い物に行くことを断念したのである。

maboro at 23:52|PermalinkComments(0)マボロ氏の日記 

October 21, 2012

ニセ「ヘンゼルとグレーテル」

「変ですよ、ずれーてる」

顔の造作がずれている兄妹が主人公の童話。
「お菓子の家」が登場するが、それも、おそらく「おかしな家」に相違ないという学説を一部の研究家は唱えている。その一部の研究家がマボロ氏であることは今更言うまでもあるまい。

maboro at 13:32|PermalinkComments(4)うそつき文学全集 

October 09, 2012

勝負下着

相撲のまわしの類い

最近、女性が積極的に身に着けると聞いて驚いているマボロ氏なのである。

maboro at 16:47|PermalinkComments(0)一撃ネタ 

September 09, 2012

フランクフルートソーセージ

フランクさんが、ソーセージに穴をあけてフルートのように演奏する芸。

maboro at 08:44|PermalinkComments(0)一撃ネタ 

September 05, 2012

K田伝説5

久しぶりに中高生時代の我がライバルK田の所行について書こうかと思う。

それは中学一年か二年の国語の時間であったと思う。
その日の授業内容は「漢字の部首」であった。

国語教師は「麻」は「まだれ」「雁」は「がんだれ」「病」は「やまいだれ」と小学校で習ったことをもっともらしく述べた上で
「では『尸』はなんという部首か?」と問うたのである。

正解は「しかばね」(「しかばねだれ」ということもあるが、一般的には「しかばね」である)
「屍」という字の部首であるから「しかばね」なのである。
しかし「まだれ」「がんだれ」「やまいだれ」とまるで焼き肉屋の大将のように「たれ」の話をされたら誰でも「尸」がつく漢字に「たれ」をつけようと思いを巡らせるであろう。
この国語教師にはこういう意地の悪いところがあった。

この策謀に真っ先に引っかかったのがK田であった。
一番に挙手したのである。分かりもせぬくせに、早ければ良いと考え、国語と徒競走とを混同しているのがK田のおばかなところである。

国語教師に指名されたK田は颯爽と言い放ったものだった。
「しりだれ」
確かに「尻」の部首は「尸」であるが、「しりだれ」とは何だ!そんな「お尻がかぶれる病気」のような名称を国語学者が部首として採用する訳があるまい。
教室が笑いの渦につつまれたことは言うまでもなかろう。

その時、さっとの手を挙げたのが何を隠そう私マボロ氏だったのである。
K田に先を越されたものの二着なら徒競走としても上出来のほうである。
国語教師に指名されたマボロ氏はきっぱりと答えた。
「へだれ!」
どうだ!「屁」の部首も「尸」であるのだ!
教室がK田の時に以上の大爆笑に包まれた言うまでもなく、マボロ氏は自らのナイスジョブにご満悦であった。

無論、マボロ氏の解答は惜しくも不正解であったが、K田を上回る知性の持ち主であることを世に知らしめたことだけは間違いなかろう。
長文、ご清聴ありがとうござました。

maboro at 09:41|PermalinkComments(0)K田伝説 

August 27, 2012

なりたくない容貌1

背筋が「ねこぜ」で顔が「おこぜ」

maboro at 12:21|PermalinkComments(2)一撃ネタ 

August 21, 2012

パワースポット

神奈川県西部から静岡県東部、つまり箱根を挟んだ一帯に巨大なパワースポットが存在するとマボロ氏はにらんでいる。

阿藤快(小田原市出身)
柳沢慎吾(小田原市出身)
勝俣州和(御殿場市育ち、生まれは仙台)

どう考えても、この一帯に非常にパワフルな気脈があるとしか思えないのである。
このパワースポットを訪ねて、上記三名のようなパワーを手に入れたいと思うかたは少なかろうが。

maboro at 08:29|PermalinkComments(2)マボロ氏テレビ 

August 17, 2012

「時代劇」復興計画2

最近、人気低迷の「時代劇」を復活させる策の第二弾である。

これからの「時代劇」は若い視聴者を取り込まなければならない。
若い世代に人気のある芸能人を主役に据えるのが何よりの策である。

ここは一つ「嵐」の「櫻井翔くん」に白馬に乗って颯爽と登場していただこう。

タイトルは『暴れん坊、翔くん』である。

maboro at 21:12|PermalinkComments(0)マボロ氏テレビ 

August 12, 2012

本能寺の変

「の」の字をつけ忘れると「本能、事変」
なんとなく「椎名林檎」風になってしまうのである。

maboro at 15:45|PermalinkComments(0)ニセもの歴史人物大図鑑 

August 11, 2012

男子体操「ゆか」

ロンドンオリンピックの男子体操種目別「ゆか」で日本の内村航平を破って金メダルを取ったのは、
中国の雛凱(すうがい)であった。

「すうがい」が「金メダル」
「すうがいきん」である。

maboro at 13:08|PermalinkComments(0)笑うスポーツマン 

August 10, 2012

女子サッカー

ロンドンオリンピックの女子サッカーにおいてアメリカチームがなでしこジャパンを下して金メダルを手にしたのである。
マボロ氏はアメリカチームに対して心からの祝福を贈りたい。

ただ一つだけ、アメリカチームの女性の監督の名前が「ピア・スンドハーゲさん」であることだけは腑に落ちない。
何が悲しくて、名前にハーゲをつけるのであろうか。

maboro at 12:14|PermalinkComments(2)笑うスポーツマン 

August 08, 2012

滞る(とどこおる)

トドが凍る様。

maboro at 07:30|PermalinkComments(2)一撃ネタ 

August 04, 2012

すごく鬼ばかり

過度の卓造

maboro at 22:07|PermalinkComments(0)マボロ氏テレビ 

August 03, 2012

「ひ」と「へ」

以前、わが祖父エドワード(仮名)が「ひ」と「へ」の区別がつかない人物であったことを話した。

もし、祖父エドワード(仮名)が、ニュースを読むアナウンサーであったら、大変なことになると思うのである。
とりわけ、火事のニュースはよろしくない。
以下のような具合である。

「本日未明、○○小学校で『へ』が出ました。『へ』が出たのは『こーもん』付近ですが、『こーもん』付近には『へ』の気はなく、放火の疑いもあり、消防では『こーもん』付近を中心に『へ』の出た原因を慎重に調査しております」

大変なニュースが、別の意味で大変なことになってしまうのである。

maboro at 09:19|PermalinkComments(0)マボロ氏の日記 

July 27, 2012

ランデブー

走る肥満体

maboro at 17:57|PermalinkComments(2)一撃ネタ 

July 26, 2012

トーク番組

杏さんと二宮和也さんと井ノ原快彦さんがトークしたら
「アンとニノ、イノッチ」

maboro at 20:59|PermalinkComments(0)マボロ氏テレビ 

July 24, 2012

頭かくして尻かくさず

自分のパンツを脱いで頭に被るような行為。

変態の一種と思われるが、他人への被害が少ない分、いくらかましな部類と思われるのである。
ただし、そのまま、外出すると被害は多方面に波及するが。

maboro at 17:26|PermalinkComments(2)一撃ネタ 

July 03, 2012

IKKOさん

IKKOさんといえば「どんだけ〜!」で著名であるが、最近は「まぼろし〜!」というフレーズも良く使用される。
マボロ氏はIKKOさんが「まぼろし〜!」と叫ぶたびに、自分がご指名されているような気分になって冷や汗が吹き出てくるのである。

maboro at 07:32|PermalinkComments(0)

June 29, 2012

紅の豚

アニメのタイトルは正確に覚えるように心がけるべきである。
他のジブリ作品と混じると内容が違って来るからである。

「となりの豚」→単なる家畜である。
「ハウルの動く豚」→通常の生きた豚である。
「もののけ豚」→猪八戒である。

maboro at 21:03|PermalinkComments(0)マボロ氏は映画評論家